高知県中西部地域密着ポータルサイト【満天土佐】
志和・磯・釣果

志和の最新釣果情報

ベテラン磯釣りファンの多い高知県四万十町志和の磯



高知県四万十町志和の磯は、釣りファンに人気の上物・グレや底物の石鯛・石垣鯛など狙える名磯の多い釣りポイントです。また釣りを愛しハエを知り尽くした常連客の割合が高いのも特徴です。
※当釣果情報は、志和のくろはえ丸渡船さんよりいただいた情報に加筆・一部修正したものです。



2020年9月21日(月)晴れ

20日夜のミノコシの結果は、中型と言うかのアカイセギ3尾。全てに「こないねぇ〜」が、的確な答えでしょうか。それに、ここ三日間は同じ渡礁ポイントで。送った張本人ではあるが、不満ありです。かと、無理矢理に”こっち”とも言えず。
21日、若干波気でも静かな磯。16度の気温に、つい「ひやっ!」ともれる。水温の方も、27度を切りそうに。いいぞ、好いぞ、ゆっくりな。8時過ぎだったか、北東の風が波をたてだして来た。 クロハエは、”モンズマ”3尾を釣っていた。大きいのは泳ぎが早く、たまらずバレを起こしていた。それに、ダツがハリスに傷を付けたりもバレの原因の一つ。思いより大き目のハリスがいいでしょう。今日のマゴは、ダツに為てやられたって感じ大です。 トクスケもダツ!。キツにも竿をギリギリと言わされ、お目当てはクーラーに入らず。 (因みにこのダツ、磯で下処理して適当サイズに切ったのを袋詰めに帰る。佃煮風な濃い目の味付けにし、温かいご飯に好いとか。と、工夫次第で、好みの魚を増やしてる方がいます。) ミノコシの底物釣りは、40cm方のイシガキにガキをプラス。ガキが当たり出すと、合間を伸ばして時間稼ぎ。コグロの方は、思いの獲物は来なかった。 エボシのつもりがワレバエに渡礁。狭いポイントに大きく泳ぐから、てんやわんやでバレが続くモンズマ。掛けた瞬間、足元に猛進してくるアカイセギ。「もう獲れない」と、相当に悔しそうでした。30cm型のグレもクーラーに入り、結構賑やかです(写真1)。度々の魚との引き合いに、好い疲労感満杯でした。 台風12号発生、しかしこの時期に未だ12号とか。来ないに越した事なしですがね。両手合わせてお願い中です。
<中潮>干潮(2:09/14:25)、満潮(8:32/20:20)

志和・磯・釣果
写真1


2020年9月20日(日)曇り
19日の夜釣り。明るい時間に沖に打てば、連発する大中のコロダイが待ち構えてる。のでぇ、渋々足元に。暗くなると、ハリメの居座りに合い、またまた足元に仕掛け入れ。大きくないイサキに2尾アカイセギ(写真1・左)を追加のトクスケカブリは、明るい内に小さくないイシダイ(写真1・右)をゲット。本番の夜にはバレとイサキ1尾、そして、2ハエ共に出航時に「降るかもねぇ」と、3時からの雨の洗礼を受けた。
20日。この日は魚の良い動きを、程々に感じた。クロハエ東端とマゴは、良型のモンヨコ(写真2)を釣る、気を良くした頃にポイントはダツ占領される。 トクスケ、底物釣りは芯残りも無い餌盗り。コロダイだらけを言わなかった上物師も、薄い結果に終わって終った。 ミノコシの底物釣りは、頻度良いガキ当たりは来るものの、針になかなか乗らず半分の逃してしまう。ガキを3尾、最後に来た石鯛は其処に来たところで、ポロリ。反面シンバエは、掛かる・掛かるに40cm+迄のイシガキ6尾(写真3)に。快調〜!。 コウデの底物は餌盗らず。頻度は少ないが、ガキは居たカブリ。最後の餌を入れ、見廻り船での帰り支度。良く有る事と、横目に舞い込む竿を確認した。45cm型の石垣鯛(写真4)はお見事。 フルに良い条件では無かったが、27度台の水温はいい環境を示している。緩めの下り潮、良く澄んだ潮色はサワラの回遊を感じそうです。陽射が射すと、暑さの来襲も健在でした。今朝は18度の涼しい気温、夜の部には寒さに替わって行きそうです。
<大潮>干潮(11:52/--:--)、満潮(5:25/18:17)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

志和・磯・釣果
写真4

2020年9月16日(水)〜17日(木)曇り雨
*16日は弱い南波、そして一日弱く振り続けた。クロハエミノコシは底物釣り。トクスケには三人の上物師の振り分け。 クロハエ餌盗りが無いと、朝一に魚を刺してアカイセギ1尾にも弁当船で竿終い。ミノコシも、芯が残る餌盗りの悪さとか。最後までねばるも釣果無し。 上物釣り、弁当船で二名はクロハエに替わる。→25cmからのスマガツヲを二桁に、メジカを1尾まじる釣果。トクスケは、”獲れない”連続のバレ。再三再度の仕掛け作りに、釣り針一袋を消失。イサキを1尾の釣果には”つり合わない”。強めのキツウヲも当たったが、バレたの違う魚種だったと。
*17日、雨も降らない裏切りの凪海。一天のドン曇り、南西波の舳先洗い、 渡礁は諦めた今朝。ピリ付きながら、高潮のトクスケを7時に見廻り。やってます!。 水温27.4度、下り潮に見えた動きは、以後元気な上り潮を通していた。 着信に気付く。クロハエからで、2尾釣ったので預かってと。型もグットとかぁ〜。 船に乗ってきた石鯛は65cm(写真1)、後に釣れた石鯛は50cm型でぇ。若干肥えが足りなかったが、ここ数年来の1尾に記録に収まった大きさです。朝からガキが当たり、数尾の釣果に内にピタリと。間を空けて来たのが此奴と。その後に、1尾追加と成ったそうです。弁当船後は、次第に弱まっていったと。
トクスケの上物は、朝方は荒かったを言い、コロダイを横目にコロダイの連発。キツウオ・サンノジに早々に来たグレと、竿曲がりは数知れずとか。今日のトクスケは、賑やかさを言って居ました。でも、朝は「荒かった」。 12時頃に「ピュ〜」と一吹き。白波迄は無くも、蒸しっとした湿気を飛ばしてくれました。一時の陽射降り後、曇りだした時間から”蒸し”復活でしたね。”すっかりと”迄の波治まりでは無いが、緊張感半減の迎え船でした。南下する前線予想、お日様と波弱りを期待します。
<大潮>干潮(11:52/--:--)、満潮(5:25/18:17)

志和・磯・釣果
写真1

2020年9月15日(火)曇り
14日からの夜釣り、心配の肌寒さはなかった。ミノコシ、夕方にウニ餌を入れると、ガンガン並の反応に30個のウニを使い切り。アカイセギは釣れず、暗くなって来たのはタマミ(写真1)だけと、悲しさを言っていた。隠れてるが、大き目のイトヒキアジが素晴らしい。そして何故か、1本一寸の釣りタナにガシラが好く来たそうで、襲われる心配無しな環境だったのか。 トクスケは、餌のオキアミと盗らなかったと。でも、魚が居なかった訳ではと。がぁ、休みが長かった分、寄りが好くないのでしょう、丸肥良型のアカイセ3尾(写真2)に終わってしまった。しかも、船着き場だけのポイント釣果。釣ってはいても、面白み足らずと言うのでしょうか。
15日、朝方に波気て来たのでしょう。高潮位もあってか、オキノカブリ(写真3)はザブリと洗っていた。 カブリで底物です。その前にと、魚餌を入れアカイセギ1尾の引きを耐え獲物した。再度の当たりは、力強く手で底岩を掴み、這うように仕掛けを切ろうと、止められぬ引きに耐えれず、無念。さて、底物は餌盗り様が悪い。ガキは当たって来ても、何尾も居ない。13時からの日和代わりの雨に、敢えなく水入り。一寸波気だって来た。次回もチャレンジです。 陽射しはまだまだ暑い。釣れるって感じではないが、この秋初めが面白い。
<中潮>干潮(10:29/22:57)、満潮(3:48/17:13)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2020年9月14日(月)晴れ曇り
13日 日曜日 28度を切った朝の水温は、”暑い”感が無く魚が泳いでいそう。とかでぇ、クロハエ近くにぃ〜秋始まりの一声。しかし、思いの方かの南西の波。でも、この後からの西風に弱って行くぅ、弱って行くぅ。(写真1は波ありの13日) クロハエの底物は、ガキの反応も有りに、手持ちのウニ餌50個を13時迄のは綺麗に消費していた。 コウデの底物、クロハエよりも多くガキは居た様です。餌消費にそこそこ貢献もして来て、大き目の釣り針には希にも掛かって来ず。 コグロは上物釣りで、カブセ次第し徐々に小魚も見えて来だし、小型ながらポツリとグレも来たり。掛けた瞬間からドラック音けたたましく、バレはしたものの体内に駆け巡るもの感じたりでした。 2週間余りの磯休みにしては、まるで駄目な事は無く、「居るね」・「居たね」と感じ的に良かったぞッ。結果が着いて来りゃ、まだ良かったのにね。
気温19度の14日の朝。今だ濁りはあるが海は気分良く凪いだ。そして、水温28度を切った下り潮です。一時の陽射浴びに”暑さ”が復活したものの、陰るとそれを忘れていた。そして、弁当船後から内磯にマキ潮が通りだした。(写真2は波なしの14日) 今日も底物釣りだけの情報。ミノコシ、ガキの突っ着きは激しく迄は無いが、50個のウニ餌を消費尽くし、3尾のガキが針掛かりして来た。コグロの方は、もっと遅めの餌盗りの中にコロダイが掛かって来、数回のガキ当りが有ったそうです。 釣果は無かったが、得るものはあったみたいです。午後からの”マキ潮”は、グッと力強い流に。ミノコシに船を着けた時には、隣のマルバエに寄って行くのを実感しました。そして、夜の部二カ所にチャレンジャーを送っています。結果は明日に。
<中潮>干潮(9:42/22:20)、満潮(2:47/16:40)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年8月30日(日)晴れ
かわって無いのが、上物釣りの情報薄と言う事です。30度の水温から見ても、厳しい状況です。これに強烈な陽射浴びもするんで、手を揚げる上物師も希に無いでしょうに。29度台の下り潮は、ここ三日は昼に止まり、上りに転じる事を繰り返しています。26日は、南からの深目のオオラ波があったんですが、以外は凪いだ海で、夏らしかぬ海の状況です。8号台風にしても、ウネリ波の気配も無く。北上している9号台風は、九州に接近するだけ意地を見せてくれるでしょう。しかし、昼間の時間が短く成って来ましたねぇ。 数日前の、良いところが無かった夜釣り。カブリの吹き飛ばすかの29日の夜釣は、40〜45cm型のアカイセギ(写真1・2)を3〜4尾に二三の獲物を追加していた。でもねッ、宵と朝方の傾いた釣果に一寸不満もあったんですがぁ。三者三様、良い引きにも合って、○に終わりました。ただぁ、夜も夜成りに暑さが有った様です。 底物の方は、石鯛の釣果は無かった。昨日はガキの居る様子が、今日は餌も足らない”居ない”な様子替わり。小さいガキを釣って居ただけでしたねぇ。台風ででも、磯を動かしてもらいましょうか。 澄切りの潮色、倒れんばかりの暑さ、波無しに”動き”をみせない磯も、秋を迎うに変化するでしょう。
<中潮>干潮(10:23/22:49)、満潮(3:22/17:17)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年8月23日(日)晴れ雷雨
21日の夜釣り、小物を釣っては居ても、まるで駄目な釣り内容に掛ける言葉も無い。「こんな事も・・・」と。わざとな決まり文句に、妙に納得しあったり。
22日はクロハエに底物一人。「根掛かりの仕掛け、100%切らずに回収ねッ」が、グサッと刺したのか慎重に投入と、慎重に回収。そこそこに餌盗りの中にガキの当たりも有ったり、40cm型のイシガキを釣って居た。帰り際、「御免ね、脅かしたわけでは・・」と、回収上手は”釣り上手”を伝えただけです。
23日のクロハエ、前日の様に餌盗りはマズマズ。底から浅いタナ間に反応が続いたと、45cm型の石鯛(写真1)を2尾に釣果し、この二日前迄の音沙汰無しから好い結果に替わった来たみたい。 しかし、トクスケは静かに終わり。シンバエは、ガキ軍団の派手な動き有り。コウデは、前回から右肩下がり進行形で餌も盗らず終い。次回は違うのハエで。カブリ、40cm足らずガキを4尾と、無言に「オッ!、いいジャン」と見合いあう。 天気予報では、”荒い”カモお様相でした。もう一寸あってもナ弱い波、一段落した暑さに気も良くし、一寸は期待気に思ったが、高い海水温にまだまだ押され気味に成ってました。この夏に波無しの凪続き、もういっそぅ台風の余波でも来てちょうだい。がぁ〜、コース替えちゃー駄目ですよ。北進ね。
<中潮>干潮(2:34/14:51)、満潮(8:39/21:03)

志和・磯・釣果
写真1

2020年8月21日(金)晴れ
猛暑をよんだ高気圧は、ジワジワと低気圧が勢力を押し込んで来ています。20日の朝から、少しウネリ波の膨らみを感じだし磯。21日朝、高潮位残るカブリ渡礁者に「気を付けてね〜」と、一声掛けた。水温29.5度、結構早目な下り潮の流れ、ウネリで”動”のある磯に若干に期待か。
さて、20日からのトクスケの夜釣りです。夕方に大きくない真鯛を引かし、「これは!」なんて前兆期待は中々後には続かず、朝方ににポンポンと。5時間くらい反応無しに、「よく寝た」とクーラーの蓋を開けると、鮮明な色のアカイセギ [フエフキダイ] (写真1)が目に飛び込んで来た。しかしね、今一つのノリの悪さに”にがつぶし”を、これでもかぁです。
21日、コグロカブリの底物釣り、結果から言うとコグロのガキだけの釣果。カブリは、ウニ餌を反応無く盗られてて、希に声が出る程の反応はいったよりも早く返ってくる。「居ないねぇ〜」って、悲しい結果を言う。 コグロは、小突いてくれてる。かと、無反応だったにも餌を大方に盗られている。何度かの竿当たりなのに、小型だけに掛かってくれない。ガキを3尾、オカズ用にゲットとした。 最中の暑さに、10時と、12時に別れて帰港した。 朝よもウネリはズッと治まっていた17時、夜の部2組を送る。風でも吹いてくれれば、翌朝に疲れを引きずらずに済むのに。明日から雨に遭遇する確率は上がって来そうです。
<中潮>干潮(1:10/13:34)、満潮(7:04/19:58)

志和・磯・釣果
写真1

2020年8月17日(月)晴れ
16日の点呼時、気温26度からの始まる。連日の暑さは想定内、磯は強い熱射を受けても、南風のおかげで体感温度を下げれています。 連日の下り潮、必ず4〜5度の潮目寄りがあって、30度の水温が来たりしています。17日は、一段早目の流が逆流かと思わせる寄せがあった。底ハエ丸見え状態の澄み潮は、頂けないですね。 16日は全員底物釣り。コウデは朝からガキがガン付く餌盗りでしたが、2時間も続いたところで弱りだし、掛からず終い。朝方に、27cm型の小ネイリがルアーにヒットするも、リリースの繰り返し。他の三カ所の底物釣り、明るさ無く終わった見たい。特にクロハエは、”居る”気配無し。

17日の早目の下り潮、前日よりも潮目寄りの流も強いか。ガラリ・ガラリの模様代わりに、???。マル一日空きのカブリ。少し期待を思ったが、竿の舞い込みも無く、変化も無く終わって終った。クロハエは9時迄は餌盗りの竿反応の中から、40cm+迄のイシガキを3尾(写真1)。前日が良くなかっただけに、(^_^)ノ””””ヨシヨシ。コグロは、53cmと45cmの肥えた石鯛(写真2)。「エッ!」って、失礼だが釣れてる様子には・・。釣ってました。大きい奴は下敷きに成ってます。これに、小型のワカナ子数尾をルアーで釣っていました。熱だれ無いまま、全員が13時帰り。涼し目の待合所で、少し熱の入った弁が心地よし。
<中潮>干潮(10:51/23:15)、満潮(3:59/17:43)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年8月14日(金)晴れ
強烈な暑さですねぇ。生死にも関わる程です。とうと30度の水温が確認です。 でも、帰ってきた方らは「そんなに暑くないでぇ」と、?。早めの時間から吹き出した風が、暑さ凌ぎに成っていたようです。がぁ、車に着くや「アツイ!」の噴き出し連呼です。水温28.8度、ゆるりと上り潮。若干のウネリが、感じ良く釣り場に”動”をみせていた。南風は強く無く、12時からの渡礁者を和やかした。 今回も底物釣り情報です。カブリは40cm型のイシガキ2尾(写真1)、後からの餌盗りに来たそうです。何度かの竿当たりがあったが、掛かり切らずに竿を揺するだけでした。 ミノコシ、渡礁後の経過にやっと来だしたガキの当たり。しかし、ガキだけの小型で、掛かってはくれそうに無かったです。クロハエも時間を置いての餌盗りでしたが、”これ”って当たりも無く終わったみたい。12時竿終いの入れ替わりの方が、16時頃に来たのが45cm型の石垣鯛(写真2)。若干小さくても、40cm型の石垣を追加した。午後からのクロハエ底物ポイントは、陰の時間帯に南風の吹きに暑さを感じないままだったそうです。
夜の部のカブリは、キビナゴ餌をぶっこみ釣り。宵に来た40cm型のアカイセギ、2度のウツボ退治にアカハタ。朝方の時間帯に、45cm型のアカイセギ1尾を追加(写真3)。この時間に来た強烈な当たり、結果ブチブチとバレの連続に成ったしまった。たぶんに、大型のアカイセギだろう?。惜しさ倍増、次回はごっついハリスを使うと。 暑さ対策に、釣り時間の調整をしています。余る程の水分、一時休みの傘も有効です。
<長潮>干潮(8:10/20:31)、満潮(0:37/15:29)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2020年8月6日(木)晴れ
最近は上り潮が通って、水温の安定が続いています。それでも、日中は28度台まで上昇をみせてます。濁り潮も、最近やっとキレイに成りだした。感じいい、変化を感じています。しかし、海もアツイ!。
月曜日のコグロは、マズマズで無い餌盗りに丸肥ガキを3尾。一寸、釣り始めが遅かったなぁ〜。
火曜日はカブリ、40cm越のイシガキに3尾のガキをプラス(写真1)。早い餌盗りでな無く、かと言って盗らないでもないのです。
木曜日は夜の部。ミノコシのサバ餌の半夜釣りは、音沙汰無しのボウズ帰港。カブリの夜釣りは、40cmオーバーのアカイセギ1尾。長い夜の時間だったが、念願の獲物に
6日の夕釣り。クロハエの底物のはたまに来る反応は、おそ目の餌盗りでしたね。かと、明確に当たって来たのは、丸身な45cmの石垣鯛(写真2)。間をあけ、40cmの石鯛を追加した。 片やサバの一本刺しの底物は、17時回ったかな時間、突然軋みを揚げる竿。離れ気味に高まる気を”不安”で消し去り、頃合い見計らい竿を握った。ポカリと水面に上がった、引き相応の魚体。真ん丸い魚体は10kgで、体長80cmのヤイトハタ(写真3)でした。 連日、静かな磯が続いたんですが。昨日の南風は、”暑さ凌ぎ”を過ぎ風は、白波立ってくる程の荒さに変えいったのです。でも、これ位吹いてこそ凌がれて、メラメラ燃える陽射にペットボトルを3本も飲み込むのです。
※8日土曜日は休みます。
<大潮>干潮(1:18/13:38)、満潮(7:01/20:10)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2020年8月2日(日)晴れ
まずは1日(土)の釣果。ミノコシの底物は、40cmと惜しくも無かった石垣鯛を計4尾+α(写真1) 。数尾のガキの喰い荒れに、ウニ芯も貝餌も団子刺しで釣果を得た。が、9時過ぎには手持ち餌消費尽くした。小っちゃいはリリースしたと、「イヤイヤ、小さいのも美味しく食べましょう」と、実際よりも少い釣果報告でした。 クロハエ裏ポイントでは、50cm有る無しの石鯛を5尾!。でしたが、画像紛失に涙をのみ御免なさい。喰い出した時間が若干遅めで、間を空け乍らも連続釣果だったと。同ハエ船着き場でも、50cm型の石鯛を1尾に撫で下ろし。餌盗りの反応もそこそこと、シラケていた船着きに兆しか?。 久しくカブリで夜釣りです。イサキは来なかったが、夕闇までの底物釣りに石垣鯛を釣っていました。アカイイセギ狙いは、キビナゴ餌を刺して底定着しない様に、50cm型を3尾を釣り揚げた(写真2)。一度の限界超えの引き、「こんなん無理無理」と小さいのを願ったそうです。
2日(日)。潮の流れは無いとしても、潮目寄りが”マゼ”並に寄せてきていました。それでか?、26.5度と低めの水温スタート。雨の影響での濁りは少し弱まって、浅めのところでは底ハエが確認出来る様に成った。連日の静かな磯状況、大潮でもマゴに渡礁可能な状況です。 全員揃っての底物は、七カ所にチリチリに別れる。クロハエ船着き場は、50cm型の石鯛でした。私的に期待、餌盗りも昨日程で良好としてました。が、昨日同様あとに続く反応が無いのが残念でした。カブリはガキと、餌盗りもよろしい。それ以上の盗りをみせたコウデは”ガキだらけ”って、早い餌消費に参ってました。ミノコシもガキ、トクスケは餌盗り悪くに終わった。 この日は、弱めな風吹きに陽射しが勝ってました。十分過ぎる程の水分補給、一時の休みに雨傘が良いのかも。 大陸寄りに”台風”が北上しています。直接の強い影響は無いと思いますが、若干の波気は出ると思います。 カメラが行方不明、画像が無いのに御免なさ〜い。「これっ位い」って思って下さい。
<中潮>干潮(11:16/23:34)、満潮(4:17/18:09)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年7月31日(金)晴れ
前日の濁り潮はそのまま。朝の水温27度は、昼の潮寄せに(上り潮) 28度台に上昇してしまう。イコール、一時の濁り増しも来た。「んん〜」、近々の濁り弱りは無いと思います。写真1はオキノカブリ。 今日も、底物釣りだけの情報です。弁当船帰港のミノコシは、ガキの竿揺すりがあったそうで。ガキ1尾が針に掛かって来たと。餌落ちは、”良い”までも無かったんですがね。 コグロは、間をあけコツコツと当たるも、”盗る”程でも無い。朝後に50cm有る無しの石鯛(写真2)を2尾と、イシガキを弁当船までに釣り揚げていた。居るんですねぇ、と言うよりも、この濁り潮でも喰ってくるんですね。濁りは表面だけでしょう。 カブリはガキを掛けるが、餌盗りは良く無く、水曜日の釣果とはまるで違う様子です。 午後に向けての照射は、梅雨になれた体には容赦無しだ。何とかでも、”オッ”と餌に反応してくれるもんだから、何とか気が保ってます。 午前中の混ぜる様な潮の流、次第に上りに替わって行った。がぁ、濁りはそのままです。残念ながら今日の夜の部の問い合わせには、余りに濁り状況が良くないので、「辞めちょこよ」と諦めて貰いました。また、良い日がキッとありますよ。
<若潮>干潮(9:37/22:01)、満潮(2:25/16:45)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年7月29日(水)晴れ
26日は、四ヶ所で底物。共に餌盗りは全くと進まず、ウニに穴開けに止まった。慰めに来たのがテス、餌盗りに竿を揺らしてくれた。がぁ、三度くらい揺らしたかと。ドロンと姿を消した。全く、全くと言って、釣れる魚無し。この日、南西からの波に磯は荒れ目。
28日のカブリの底物。マズマズの餌盗りは、釣果の平行したのです。50cm+の石鯛に、ガキ4尾を追加したのです。未だ居るはず、
二日続きの26度台の朝の水温、シロ濁りの下り潮は徐々にスピードを落としていった。 カブリでの底物釣りは、渡礁して7時頃にやっと竿反応が出て来だした。その後に、「ンンッ!」と当たりは、餌を盗っててワイヤーをクッと折っていた。これがサインでしたね。腹部の痩せ感は空腹での凹みだろう、身付きよろしい63cmの石鯛(写真1)でしたぁ。これに、”丸肥”のガキ2尾を追加にニンマリですぅ。相対に、餌盗りは良い方で、ウニの”芯”+”芯”+”芯”刺しで=当たって来たり〜。がぁ、潮が止まりに向くと、無反応が続いたそうです。 9時より吹き出した南西風は、12時の竿終い時には所処に白波が見えた。それにしても、直射の気温35度に、一休み二休み。晴れ続きの予報に、眩む。
<小潮>干潮(7:15/19:12)、満潮(0:05/14:03)

志和・磯・釣果
写真1

2020年7月22日(水)晴れ曇り
20日のコグロは底物、餌盗り悪くテスとイガミとガキを2尾。いかにも、前日昼より潮濁り増しが観てとれる。下り潮は、早くはなく一日通した。トクスケは上物釣りで、まあまあのチヌを2尾釣り揚げたがリリース。小物だけの釣果にガッカリでした。
21日、混ぜ込む様な潮流(下り潮)に、1.5度の水温差が出ていた。カブリの底物釣りでは、54cmの石鯛(縞)(写真1)と40cmのイシガキ、しかし、餌盗り様が悪いねぇ。と、未だ居る感じを付け加えた。 ミノコシは盗る盗る。小型の石鯛2尾をリリースでした。と、持っていくが掛かり切らない引き込み有り!。多聞、石鯛でしょうね。
22日、今日も底物だけの情報。カブリは、何に盗られるのか解らない餌消費に便当船で竿終い。ミノコシの底物は、弁当船時に丁度釣り込みを観た。石鯛だったので、そのまま通り過ぎ。後で聴くと、8割は弁当船時迄に釣って居たと、50cm足らずを入れ3尾の石鯛(写真2)。これにガキを2尾プラス。ほんと面白い程の順調な釣果でした。が、その間サメがスカリに大穴を開け、下の釣果に止まったそうです。左に石鯛の腹部の歯形に注目!迎え船、上り潮に替わり27.1度の水温を記録。夜の部の参戦、雨=雷を予想し辞めに、クロハエを惜しげに観ながら帰港しました。
<大潮>干潮(0:46/13:11)、満潮(6:24/19:53)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年7月19日(日)晴れ曇り
因みに、前日の半夜釣り。ボウズは免れても、見事に低・低釣果に終わってしまった。梅雨と波に一月は夜釣りの環境は無く、→情報も無しの夜の部は、流石に真っ新すぎました。 さて19日、梅雨前線の北上に波出の心配。確かにあったものの、釣り難にも成らず。でも、見廻り船頃には、南からウネッて来だした。下り潮は早目に当たって、朝から25度の水温に驚き。それと、前日同様の復活ぽい濁り潮です。 クロハエの上物釣り。小型の真鯛を釣り揚げるが、カブセが効だすとタカベに”ワカナの子”やらの占領状態。何度の青物かな?の強い当たり、耐える間も無くブチ切れです。コグロはサメです!。良い手応えの竿曲げの度に、ガブリ!。帰り際の上りの潮替わりに、良型イサキをゲット!。今日は、引き算ばかりの釣りでした。 カブリの底物は、54cmの石鯛(写真1)と40cm足らずかなイシガキ。餌盗りの反応が鈍く、「盗らん」と言ってましたね。私的に期待してたんですが、そうも簡単には成らんそうです。 コウデは一投目、50cmの石鯛(写真2)を釣り揚げていた。此処も餌盗りが悪いが、前週に平行するほどの釣りの悪さです。 綺麗に袋の入れられた石鯛、「御免ねぇ?」って、開けてくれました。 トクスケシンバエクロハエも餌盗り悪かく、全体的に残る・盗らないと過ぎていった。 トクスケでは、海面を騒がせてた青物?。クロハエ沖500mのところで、引き縄で2~3kgのネイリを釣って居ましたね。クロハエの”バレ”はこれか?。
<大潮>干潮(11:09/23:28)、満潮(4:15/18:01)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年7月17日(金)晴れ
思いの外な静かな朝の磯。何故か水温は22.9度、んん〜水潮まわりか?。弁当船時には、潮の動きも有り24度台に上昇していた。見廻り船時には上り潮が行くが、たぶん一時の事かと。照り照りと日中の強い陽射しですが、南からの風が体感温度を下げ、クールに釣り集中。 底物だけの情報です。コグロは遅い餌落ち、9時にポンと来た当たりに手応十分。54cmの石鯛(縞)(写真1)で、痩せは見せてない。それから・・と、1時間半が過ぎるか。一気に行かない当たり、二度の待ちの次に持ち込みを乗せにした。48cmの石鯛(縞)、意外な引きにニヤついたそうです。この前後に、40cm有る無しのイシガキを追加し、結果的には「いいジャン」。最後まで餌盗りは盗ら無い方と、50個のウニを使ったそうです。 シンバエは、”タマラン!”なガキの当たり。弁当船時に残りを数える餌消費に、きっぱりと竿終い。経過時間に、餌盗り遅れ変化が有れば期待も出来たのにねぇ。ガキを手元に、よい判断でしょう。 海面は最後まで静か、濁りは微かに残っているが、底ハエを確認出来るまでに成ってます。しかし、まだ沖から着いてくる潮が2・3度は有りまた。
-------------------------------------------
【おまけ】 16日はムツ釣りに出航。強目の西風が、10時まで吹き続き操船を難儀にした。1ポイント目は、鬼カサゴに始まりカサゴばかり。2ポイント目に移動するが、此処でも2流しに30分の操船を要した。3流し目”当たり”が獲れだし、カサゴのタナ揚げからマトウダイ・40cm型のクロムツを流す毎に得、シロムツ(?) を間に追加した。底部の下り潮が早まり、12時帰港に向きました。(写真2は足摺岬)
<中潮>干潮(9:45/21:59)、満潮(2:44/16:38)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年7月12日(日)曇り雨
2日以降、海は南西からの風波に有り得ない荒れに休業続き。今年の梅雨前線は、”伸びる”停滞前線では無く、南北に波ったいり、時にポッキリと”折れ”たり。低気圧の発生とかに、もう予測が立たないのです。連休乍らも静かな海の日には、沖にくり出し”アジ”ジギングを楽しみ程の日も。明日も好漁かと、大裏切りの荒れにあったりです。12日の今日も、「明日行けますかぁ」の問い合わせに、「ヴゥ〜」なんて返答に困る事ばかりです。 ポツポツな出航時、以後雨は無く西系の風に弁当船時には波治まり。涼しいくらいのスッキリな空気感、便当船前から安堵です。(写真1はクロハエの様子) さあ、この日も底物釣りだけの情報。トクスケミノコシコウデは、全くの餌盗りが無いまま。トクスケでは、クチジロ(写真2)が釣れたと、威勢はよかったんですが、40cm足らずのイシガキです。クロハエは見廻り船帰港。11:30まで餌盗りが有り、ウニ餌は完全消費した。その中にサンバソウを1尾が針に乗って来たと。リリースと成り、結果はボウズ。ヘダイだろうの弱い当たり、不明は小さい当たりはサンバソウか、暇無しを良しとしたのです。早目の下り潮、水温24.6度、まだまだ濃い濁り潮の状態。これに沖からヤマ潮が着いて来て”マキ潮”を通したのです。平行して、流藻やらの細い帯を確認したのです。 何かした前線、明日は又もや前線が北上するし、これに低気圧もくっついたりと、可能性低い返答を伝えています。てるてる坊主よろし、二日吊るし洗濯物。
※16日(木曜日)は、”船釣り”で磯釣りを休みます。
<小潮>干潮(4:36/16:27)、満潮(10:10/23:12)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年6月29日(月)曇り
弱い南西が残っている。朝の水温は略23.6度を指していて、下り潮の早さだけが違てますねぇ。弁当船前に南西の風が来たが、荒れまでは無く、凌ぎに成ったくらいでした。依然として、流藻の多さはあってます。 今回は二名だけの情報。コグロの上物釣り、多くない餌盗りの中から30cm+-のグレをポツリポツリと4尾。これに小型グレをプラスでしたね。大きくない青物でしょう、視野内の海面を騒がしていたそうです。 カブリは底物釣り。竿をセット一段落、小さいルアーを飛ばす。と、「オッ!」。大きくないですがイサキをゲットす。底物の方は、2時間くらいは結構早目の餌盗り。この間に、ガキと50cm+の石鯛2尾を釣り上げた。後もガキは当たって来てて、計5尾まで釣果(写真1)を伸ばしたのです。普段は、こうすんなりは事は無いんですねど。強は食い気が強かったんでしょう、”面白い”までの竿曲がりと、明確な当たりは気分もいい。
30日、荒れの予報は?と。5時の段階では”行ける”な磯、6時頃に突然来た南西の強風。その後は時化で、JRも止まった終うほどに。これが今年の梅雨パターンです。
1日。涼しい西風、磯にはまだ南西からの波が残っています。陽射は、湿った地面を干してくれそうです。
<小潮>干潮(6:42/18:36)、満潮(0:11/12:35)

志和・磯・釣果
写真1

2020年6月28日(日)晴れ
前日の波は微塵にも無い。平たく凪いだ海に、小雨が降るだけ。がぁ〜、徐々に南西からの波が磯に打ち込みだし、静寂を見頃に”荒れ”に転変してきたのです。お昼後から極ゆっくいと、逆算の様替わりをしていくのです。また、釣り模様も。朝は底物一色、午後からは上物と模様替わりでした。 もう一投目から”居る”、数投目には波が背後を攻め立て、厭ざるも高場に移動する。それに、餌盗りが尋常で無い勢い。特定できない餌盗り魚は三種は居る様で、腹が満たされたのか、徐々に竿反応が鈍化していったのです。朝の時間帯、50cm+の石鯛(写真1)を2尾釣り揚げたコウデでした。しかも、1尾は、上物みたいに”観ながら”釣れたそうですよぉ。 他のハエも、朝の餌盗りはガンガン並に餌切れのおそれ。ガキの当たりよりも、コウデ同様に三種の餌盗りかな〜って感じでした。お昼前に全員竿終い、南西の波乗りに帰ってきました。 午後からの上物釣りは”居残り”。波の影響を観、コウデミノコシマルバエと陣取る。餌盗りが多い訳では無い、サンノジ・ヘダイやらが竿曲げに貢献。その中から35cm迄のグレを、2〜3尾と言ったところ。でも、一寸少ないと違いますかぁ〜。 竿終い時には、南西からの波は弱りを見せていた。
<小潮>干潮(5:20/17:27)、満潮(11:01/--:--)

志和・磯・釣果
写真1

2020年6月24日(水)晴れ
潮の模様は、その内に沖から音を立てるように一寸だけ高温(25度) の水温が寄って来る。共に流藻やら芦や木などのゴミの帯ですね。流藻の方は大きな塊で来て、回避をしなければでした。
23日は、ウネリ波が足元まで来たりです。タテバエカブリに底物釣り。タテバエはカブセが効きすぎ?かぁで、ガキが多くなって餌消費に愚痴っていました。カブリは、無・無・無なんてサッパリな結果に、獲物無しの結果に終わってしまった。
24日。前日のウネリ波は弱くても、カブリは前に出れない状況からのスタート。弁当船時、コウデは釣れてるとサイン。底物釣りの方は、クロハエタテバエカブリと餌消費だけの報告。11時からの釣果のカブリ、イシガキを前後かに62cmの石鯛と55cmの石鯛を共にダブル釣果(写真1)。久々の大きさの石鯛が、大方の獲物を隠したのです。クロハエタテバエは黙り。 コウデは、35cm迄のまだまだ丸みのあるグレを二桁に乗せた。紅いアカイセギ(写真2)が、紅一点でしょッ。「面白かった」と、ニンマリでした。 カブリの上物釣りもチャーンと釣ってたんですが、ウネリ波で自由を半削ぎされた。小物魚が多く、その中から摘まんで、30cm型のグレ2尾と小型グレと言っていました。 暑さ有りますが、”堪らない”迄の暑さに成ってませんね。 26日、波有り磯出航は成りません。
<中潮>干潮(1:37/14:04)、満潮(7:10/20:52)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年6月22日(月)晴れ
賭けた訳では無いが、”行ける”迄の波治まりを見せた今朝です。がぁ、それも荒目で飛沫浴びのコグロ、高潮位に各ハエ波洗いの現状です。 23.6度の水温、日々微妙な数値変動を起こしているのは、潮の安定が無いと言う事です。確かに、この時期には沖から着いて来る潮で普通です。しかし、しつこさが見えるんです。その内・その内と、思ってるんですが・・。 クロハエの底物師は、ガキを釣ってると両手平でサイズを”小さい”と伝える。そして、反応も続いてる様です。 ミノコシの底物は、餌盗りだけと磯替わり。カブリの上物釣り、言った通り小型の魚ばかりの様です。が、イガミ狙いからイシダイ(写真1)を釣っていた。大きさも食卓を賑やかすに丁度で、グットです。確かに波治まりはあったが、沖の様子に違和感を感じた。此から来たウネリ波に、撤収劇になったんです。 クロハエの船着きは、3尾のガキに餌使い切り。同ハエ南面では、55cmサイズを切れてた石鯛をゲット!。後は無反応では無いが、2尾目がなかったと弁当船で竿終い。 しかし、見事なウネリ荒れに降参。夕方も、此では明日の見込み無しかなぁ〜、でも吹く風は涼しい。
※25日木曜日は 磯釣りはお休みします。
<大潮>干潮(0:19/12:42)、満潮(5:52/19:29)

志和・磯・釣果
写真1

2020年6月21日(日)曇り
若干の波気の磯。高潮位にマゴオキノカブリは、ザブリと飲み込まれてました。早目の下り潮、明らかに川から流れ出た物と、切れ藻等々の帯です。良いことに、一日曇って凌ぎやすさ有りでした。 底物だけの情報になりました。結構餌盗りは早目でも、相変わらずの釣れ無さのクロハエトクスケはガキ1尾。ミノコシもガキ1尾。よくよく聞くと、怪しげな当たりを待ち体勢、餌替えにも待ち。ヨイショと乗せ、別にはやっては無く高揚感をと、コロリとバレて終ったのです。コウデも居る様子有りだが、乗ってこない。カブリも餌盗りはいい。よしっ!、乗った感じもいい。体勢を崩した訳では無いが、ガンバリの引きをしていた。後は水切り〜と、フッと外れてしまった。得てして、掛かりの悪い時は暴れる感じが有りますね。魚を観てるだけに、残念が込み上げる。 ミノコシカブリは、似た様にバレました。オッ!美味しそうぉ〜、なんて喰って来る当たりじゃないんです。モゾリ・モゾモゾってな感じか。と各ハエ、朝の時間帯はガンガンなんての反応でしたねぇ。 夜釣りをカブリへ。1時間位してから、東からの風に??。じわりじわりと、嫌らしく吹いて来たんです。17時に白波が見えだし、1時間待って待って。駄目だッ、撤収です。乗船し「御免ね〜」と詫びるが、「えいえい、釣ったけ帰ろう」。変則的なパンチを貰った。16時から餌を盗りだし、南面で石鯛を釣り、荒く成ったんで北の船着き場に行っても石鯛(写真1)とガキを釣れたと。互いに笑い遭いました。これかぁ、釣れる時合いが・・。食いの悪さとか、色々有った反応の悪さはこれなのカモ。
※25日木曜日は 磯釣りはお休みします。
<大潮>干潮(12:04/--:--)、満潮(5:16/18:50)

志和・磯・釣果
写真1

2020年6月20日(土)晴れ曇り
オキノカブリ、多くないベイトを追うのは・・・。ターゲットにルアーを飛ばす。相手は捕食に必死、再投入にコンコンと手元に伝わってくるが、掛かるに至らない。「きたぁっ」、ベイト追いからこの手応えを予想する。取り込みに60秒も掛けなかったはず、根ズレの心配は無用と言えるリーダー先の獲物は80cm型のハマチ。同サイズ程のスズキ(写真1)の下に、このハマチは治まっている。もう尾数は論外、「以下のサイズはリリース」と、美酒に酔いもなく語ってくれた。 ミノコシ、7時過ぎまでガンガンの餌盗り。この内に40cm迄のイシガキを3尾ゲット。此をピークに、以後の竿反応は急減して行くのです。反してタテバエの底物は、その時間から竿に動き。来た弁当船に向け、手の平を「5」と示した。(下画像) スマート見しても、身厚で食い応えある丁度の魚体(写真2)でしたよ。 カブリの上物は小物ばかりか。近頃、ネイリ・ワカナの子が騒ぎ出し、”お持ち帰りのグレ”に中々喰いに回らなく、一寸ばかり邪魔な存在になって来ている。一人はクロハエに移動するも、見廻り船に釣れてないと手を振る。これからが本骨頂、キビナゴでスズキをプラス3尾。立て続けの釣果、何処に隠していたか45cmかなの石鯛(縞)を、これでもかと見せ付けた”ライト師”さんでした。 今日は、ガッツある釣りを見た様で、私的にも気分いい。 前日夕方は未だ”荒れ”。治まりを予想の今朝、騒がし気の磯に出発。今朝の早目な下り潮、23.1度と低めかなとおもう。その後、ヤマ潮に突き込んで来た潮に若干の上昇。迎え船を出したところで、一見の濁り潮に気付く。カブリには”今来たところ”な様子、前日の雨の濁りが回って来たのです。 波気の磯に、夜釣り希望には明確な出航を言わなかった。よかったぁ、この濁りを見せなくて。
<大潮>干潮(11:27/23:42)、満潮(4:42/18:12)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年6月17日(水)晴れ曇り
若干の波にもマゴに渡礁、下り潮は此方から見ても感じよし。果敢な攻め体勢の竿振りだが、底潮の動きは無いみたいで釣果ノリ宜しくない。弁当船後から、南西の風オオラも来、30cmチョイ迄のまん丸グレをチョイチョイにスズキ(写真1)を追加した。なんか、観てても悔しいの一言。 コウデ、40cm無かったグレに30cm型をプラス(写真2)。ここも数に型こそ足りないか、私的の強欲を言ってしまった。 カブリは小さいのが先行。釣りはしてもリリース、30cm?かなグレが居たかでしたねぇ。でも、底物の方は53cmの石鯛とガキ2尾の釣果。けっこう餌盗りが激しかったそうで、弁当船で餌残り10個そこそこ、此では楽しめないと竿終いとした。どうも石鯛の針ノリが悪そうか、安しと喰ってくれないみたいで、もう1尾が釣れずに終わったみたい。うんん〜、なかなか上手に運べません。クロハエ船着きと南面の底物は、ろくに餌盗りをしてくれず、唯一テスの引っ張りに驚いただけ。底潮の動かないが無く、”冷たい”てなと善くないみたいですねぇ。 潮の流れは有るんですが。元気さにも掛けてる流、切れ切れも流藻が其処ら中に。水温のまばらも宜しく無く、突然の南西の荒れが来るかもとビビッてます。 18日は、前線の北上に雨と荒れを予想し休みました。
<若潮>干潮(9:39/21:40)、満潮(2:59/16:07)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年6月16日(火)曇り後晴れ
山びこでも聞こえてきそう、全然ストレスの無い気持ちいい朝。弁当船まで曇りが継続、後に来た陽指しは明るく成っただけか、南西の風も吹き出し釣り好でしたね〜。がぁ、白けた潮色が肩すかし。早目な下りのヤマ潮は、朝後2度の水温上昇しても、ところに1度以上の差をみせています。 餌盗りだした最近の底物釣り。クロハエは確かに盗ってたが、昨日同様8時も来た頃には竿反応が鈍化して来た。それでも、弱く当たって来るのはフグかぁ? 三度当たって来たガキ、三度とも竿に乗せたそうで、予想からは寂しく終わったみたい。ところで、昨日はガキ2尾と南面で45cmの石鯛をゲット。違い点は、今日程に寂しさは無かったみたいでした。 ミノコシもガンガンな盗りを言わず、でも芯まで盗った事を言っていた。コウデは、体高有る55cmの石鯛(写真1)。順調な餌盗りでは無く、何かがさわるが頻度は低い反応。50cm型のコロダイを追加してたが、進展みえずガキ2尾釣果のカブリと入れ替わる。 コグロの上物釣り。心配のサバゴは居なく、早目の下りヤマ潮に悩まされ乍ら、30cm型のグレを2尾をやっとこさ。潮は竿終いの見廻り船まで続いたにみえた、未だ未だ納得の様子には成らないのか。少ない情報の上物釣りです。 突然に南西からの風波起こりがあり、夜の部はここ最近ご無沙汰してます。17日の夜には雨とかの予報、早々に駄目かと諦めが先行してます。
<長潮>干潮(8:57/20:47)、満潮(2:18/15:10)

志和・磯・釣果
写真1

2020年6月14日(日)曇り
23度+の気温、ムシッと感じないハズが無い朝。至って静かな磯に、下り潮は元気良さそうです。はぁ〜、昨日でぇ。今朝は南西からの波に荒れ気味から、段々と弱まるを見せたんですが。写真1はクロハエの波の様子。 早過ぎな下り潮は、押し寄せる潮目に25度台の水温。昼に成る前から南西からの風オオラは、撤収気味。でもねッ、皆が帰った15時頃には半減に成っていた。しかし、切れ藻だらけです。そして、早そうな下り潮は上面だけの流でした。 4カ所の底物は餌を盗る盗る、竿は揺れっぱなしかぁ。クロハエ南面だけ餌を盗らなく、釣果無しの終わった。クロハエは4尾のイシガキ(写真2)。でしたがぁ、同ハエの上物師に2尾を進呈。トクスケもガキを2尾(写真3)。しかししかし、ガキの居過ぎなんと餌切れしてしまったんです。ミノコシでもガキ、そして此処でも餌切れ。トクスケ共々、弁当船帰港と成った。 餌を盗らないが基本のカブリの底物釣り。ウニ70個全てを消費したそうで、此処でもガキ釣果。しかし、昼を境に荒れ始めの影響でか、当たりが減ってきた様です。出航際に”見廻り船帰港”希望はお後宜しくと、南西の波に乗って全員帰港と成った。 完全に25度台の水温、夏に成っちゃいました。ガキが多くなると、イコール餌消費が早くなりますね。
<小潮>干潮(6:57/18:34)、満潮(0:36/12:23)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2020年6月9日(火)曇り
凪海、ふと此で良いのかなぁ? 何て、逆に不安がよぎるんですよね。23.0度の水温、流は感じない潮ですが、後に下り潮が全磯に通って行くのです。勿論、切れ切れの流藻も一緒です。日中、直接の陽射しは無かくて、暑さの一歩手前な感じでした。午後中盤には、湿った空気が沿岸沿いのヤマにどっかりと陣でます。明日は、一寸荒れるでぇと前触れです。 コグロを離れ気味に様子伺い。”1”と、サインが飛んできた。私的に気に成るコウデからも、「ウン!」なんて返って来たぞっ。そして、カブリの底師からも「1」ってぇ。渡礁していたルアーマンらは、釣ったばかりの良型スズキを持って移動の構えです。 見廻り船、クロハエを残し帰港に向く。カブリの底物師は、丸みのある推定58cmの石鯛(写真1)と、後に釣れたとガキを2尾プラスしていた。朝後に餌盗らないと竿2本出し、本命は9時頃と、ガキは11時頃に来たそうで、この時間帯に餌消費が有ったそうで,恒に笑顔を見せてくれた。 カブリの上物はキツウオばかり。コウデは、確認出来なかったけど数尾にグレ釣果だったらしい。潮浸かりを解放され東端に出る、途端に釣れなく成ったと。そうです、よく有る事で、陸の方で釣れる時はそのまま其処で。後は、匍匐前進てなかんじです。最後まで残ったクロハエのルアーマン。1mサイズのブリを、サラリと釣り揚げていたねぇ。まだ獲物は見えていた様ですが、ヒット成らなかったと。此処も釣果確認出来なかったが、クーラーは笑顔に重し。
<中潮>干潮(1:57/14:22)、満潮(7:23/21:19)

志和・磯・釣果
写真1

2020年6月8日(月)晴れ
単調では無いクロハエの底物の餌盗り、ガキも当たって来てるが、中々針に乗らない。別の当たりも期待しつつ、驚いたのは型のいいテスの引き。6割の餌消費率、ガキを2尾釣果にした。コグロは、クロハエ程の餌盗りで無かった。 同ハエの上物釣りは小物が多く、遠投で凌げるが何も来ないとシモヒラバエへ。何度かの竿曲げはあったが、此という獲物には巡り遭わなかった。 高潮位のコウデ、ザブザブ状態に中程の岩場で竿を振る。潮の動きを感じると当たって来る。緩むと単発にも来る。40cm型は無かったが、以前の真ん丸いお腹のグレ揃い(写真1)。中には鋭過ぎる引き、絶えきれずバレて終ったと、型のいいグレだったはず。丁度蓋を開けたクーラー、二桁かの釣果は別の意味”アツイ”です。 一定感の無い潮の流れ、これは直ぐ様と替わらないでしょう。上り・下りと、一日の事に替わってしまう。底を通す流が続けば良いと思うが、この潮が頻繁に無いのが現状です。朝一から23度台の水温、遅れを感じるが今は善しと為ておきましょう。切れ切れの流着藻は、健在のままです。
<大潮>干潮(1:16/13:41)、満潮(6:44/20:35)

志和・磯・釣果
写真1

2020年6月7日(日)晴れ
高潮位に若干の波、マゴの釣り場には躊躇がよぎる。三日続きの朝凪、確かに変化は必要だが・・。弁当船からの”マゼ”も元気っぽく来、あからさまに強い陽射でした。 弁当船時、クロハエの上物2組は磯替わりから始まり。同ハエ船着きの底師から、餌盗りの反応の頻度よさと、ガキを1尾のサインを笑顔で送ってきた。ミノコシ底師からも、竿に来るガキの反応があると。カブリからは、1・1尾と釣果を聞く。魚の動きは”有る”です。クロハエは40cm型のイシガキ3尾(写真1)。丁度の大きさは、丁度に食卓を賑わす事でしょう。餌盗り・餌消費も程々にあり、釣りをしたぁ?って実感でした。でも、新たな難が開始でしょうね。南面は、ガラリと反応無し。 ミノコシの底物釣りは、子ガキらしく針に乗らず終いです。カブリは石鯛とイシガキ、餌使い切りはカブリでは希な事。 クロハエでは90cmのブリとスズキ。→カブリに替わり、75cm迄の平スズキ(写真2)を追加しクーラーギシギシのルアーマン。曰く、寸切りサイズはリリースしたそうで、倍は釣っていたんじゃぁ。サンキュウ、こっちまで鼻高し!。 コウデに磯替わりの上物釣りは、釣果的(写真3・4)には誉める数では無かったが。サバゴで沈んでた気を、おおいのハライましたねぇ。また、模様も好とかです。 マルバエはサンノジの連発、グレ・イガミって具合でした。餌盗りはそこそこ、サバゴは居なく模様的には誉めれます。夜昼、餌盗りと暑さに辛さの出る上物釣り。これからに、型のいいオナガグレの出番を期待したいものです。夜釣りの方らの磯清掃は、痕跡さえも流しきっていた。釣れそうに、サンキュウです。
<大潮>干潮(0:34/12:59)、満潮(6:06/19:51)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

志和・磯・釣果
写真4

2020年6月6日(土)晴れ
弁当船当たりから、明確な下り潮が行き出す。迎え船時には、早過ぎな下り潮が全磯に通った。クロハエの底師から、今一つの餌盗りを言ってた。全然餌盗りの悪かった時期から言うと、今は期待に寄っては居るが、「んん〜」なんて唸ってしまいます。 弁当船時のミノコシ。多聞、此方からの目線と期待を感じてたはず。「1本」と、照れくさそうにサインが返って来た。それに、「オォゥ〜」なんて、船上から2倍返しを送った。この後も、同型の石鯛を追加にガキを3尾上乗せ(写真1)したのです。2度のボウズを、サラリと返した”ライト師”さんでした。
夜の部です。凪状態からの始まり、クロハエは明るう時間帯方石鯛・イシガキ・サバゴに喰うって来たブリに平スズキと。下り潮にも歓迎され、時間と共にアジを追加していったそうです。三人三様ってな感じ、みえるよねぇ?(写真2・3) トクスケはウリボウの多すぎですねぇ。念願のアカイセギに、大きい平スズキにイサキをチョロリ。(写真4) マルバエは、予想通りの真鯛(写真5)にイサキをポツリと追加した。カブリはガキ。ハリメが多く居て、引きも無いままに終わったのです。
<大潮>干潮(12:17/--:--)、満潮(5:29/19:06)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

志和・磯・釣果
写真4

志和・磯・釣果
写真5

2020年6月5日(金)晴れ曇り
日中の潮の流れは、切れ切れの流着藻の動きで流を確認していた。今日は何時もの南風が弱く、陽射しが当たると暑さに目眩かもでした。イマイチ、メリハリの無い海が続いています。 カブリに渡礁。チャブチャプと小グレが湧き上がる中から、何とか30cm近い型のグレを釣果する有様。小型が多いんですね。「飛び越して釣ってる」ってぇ言ってた方が、これかぁ〜ですね。 水曜日は、餌盗りを言っていた底物。変化を期待したが、コグロには餌盗りも無く、ガキらしいのが二度竿に反応あっただけ。「居ないねぇ〜」と、また振り出しか。
夜釣りのマルバエ。ウリボウはしつこくは来なくて、若干でも流を感じる時にイサキ・真鯛とヘダイ(写真1)、軋む程の数度の豪引きが合わせて視神経にメモリーされたのです。真鯛は60cm型、豪引きの正体はこれ以上の真鯛かも?。なにせエライ引きとかと言っていた。小さいのはリリースと、選り取り釣果にしたそうです。強過ぎ無い月明かり、好感を寄せたのです。
<大潮>干潮(11:34/23:51)、満潮(4:51/18:18)

志和・磯・釣果
写真1

2020年6月3日(水)曇り
朝凪の海、東の雲から日登りです。23.6度の水温は、上り潮は途切れる事無しに流藻を通した。9時には、ガスかかりに興津崎が霞みだし。後に曇り空、南西からの弱い波は、明日の予報知らせか。夕方前にポツリと、これも知らせ?。でも、磯は静かそう。 弁当船時、クロハエの船着き場で石鯛を活きシメ中に行き会わす。船着き場では希に芯まで盗ったり、以前と違う餌盗りの良さを言っていた。が、釣果した南面では、以前のままの”盗らん”様子を言っていたんです。48cmの石鯛(写真1)で、此奴かぁ〜食いの悪い当たりを出してたのは。船着き場では、サンノジを掛けていた。 同便ミノコシは竿終い、以前のままの”居ない”を聞く。カブリの底物場に”ウキ”発見は、50cm型の縞石鯛でした。ガキも当たって来て、竿終い前にバンドの豪引き。動きの有る魚に、カブリでは希のマズマズの餌盗りで、感じ良さを受けましたねぇ。 カブリの上物。サバゴの居る様子は無いが、釣り場の至る所に”藻”を釣り揚げていた。30cmキリキリのグレ3尾(写真2)とコパグレ。クーラーを覗くと上部にコッパグレ。「下に居る」と、「いい・いい」と、申し訳なし (-。-;) 。全体に、餌盗り魚の多さは言わなかったなぁ。 華やかさに欠ける釣果は隠せない。他のハエの情報も聞けないまばら様。流藻と、何時かはサバゴに占領される心配有りです。2日のミノコシの夜釣りは、ウリボウに邪魔されながら30cmちょいのイサキ。流藻には悩まされ、割に悪い辛さをみました。
<中潮>干潮(10:05/22:18)、満潮(3:32/16:33)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2