高知県中西部地域密着ポータルサイト【満天土佐】
志和・磯・釣果

志和の最新釣果情報

ベテラン磯釣りファンの多い高知県四万十町志和の磯



高知県四万十町志和の磯は、釣りファンに人気の上物・グレや底物の石鯛・石垣鯛など狙える名磯の多い釣りポイントです。また釣りを愛しハエを知り尽くした常連客の割合が高いのも特徴です。
※当釣果情報は、志和のくろはえ丸渡船さんよりいただいた情報に加筆・一部修正したものです。




2020年3月29日(日)晴
28日の問い合わせには、出航は無理に傾く返答を伝えた。 当の朝、無理では無いとクロハエ限定の出航する。17.4度の水温の潮色は、グッとキレイに成る上り潮を通しているでは。「いいぞッ!」、強く無い波間をよっこいしょと舳先を着ける。 クロハエの2ポイント、そんなに”マゼ”は無い。順次の仕掛け入れ、”喰わせ赤貝”の餌盗りもあり、活ウニもコツンと当たってくる。08:30に来た当たりに目が冴えた、50cmはの石鯛は、なかなかの身付きです。この時間前から、北東からの風が白波を呼んで来た。ある程度の予想でも、一寸強目の吹きに、再三の状況確認。弁当船時には大分弱まり掛け、弁当を受け取る傍らで肩をすぼめる船着きの底師。でも、竿の当たり方を指で示してくれた。暫くした11時過ぎ、55cm型の石鯛を上手く足元に振り上げた。間をあけ、同サイズの石鯛(写真1)を針に乗せた。好身付の縞と銀の石鯛。感情殺す訳でも無く、当たりの反応に何時もの様に竿を握り、引き抵抗あっても力み無いやり取り有り。長年の経験でも、無言にジィ〜ンと感じてるんでしょうね。因みに、写真2のように、石鯛はウニに食って来てるんです。 ウニ餌の完全盗りもあったりと、風波あった状況の感じ良さを聞きました。 今期も、ポツリポツリと釣れる出しょう。
<中潮>干潮(2:14/14:42)、満潮(8:08/21:08)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2


2020年3月26日(木)晴曇り
今週、初めての静かな海になってた朝。が、目視にも潮の流は”あっちだろう”、潮色の悪さも未だ未だ残っています。水温17.5度は日中には幾分の上昇と、連日の右往左往の潮の流れを予想します。 朝から強い陽射しの過酷さは無い薄曇りの空。マッタリでも無い海面は、神経質にならない釣りが出来てる。弁当船で一名を加えた今日のクロハエ渡礁の二名、顔見知り宜しく挨拶交じりに釣り談議をもうはじめてる。 クロハエ東端は、ユルユル右往左往の流にろくに餌と盗られず、完全ボウズ!。マゴの船着きはポツリと繰り返し、35cm+のグレを5尾とボラ。2度の豪引きは、きしむ竿から出るラインを止めれず無情にバレる。そして、この間に挟まる南の底物ポイントから攻める”ライト底師”。「来たぁー」なんて揚げたか、二度の引きの内1尾をネットイン。60cmは切れる型で、丸身を帯びた所謂いい魚体です。次にも来た引き、難なくな無いが引き寄せタモを出しにネットイン。次の操作のタモ揚げが岩場に掛かり、焦りもあったか為す術ならず、観念してた魚はユルリと泳ぎ去った報告を聞く。「居るから又釣れるよ」と返す。10割はもう過去になった超過率でも、自信を伺わせる風貌をみせるだけはある。さて、この高い確率を底物師よどうするよ。 4日続いた風波、ガラリと最後まで静かに終わった海面でした。 27日、若干の波と雨に竿振り者無し。
<中潮>干潮(0:56/13:10)、満潮(7:04/19:20)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年3月25日(水)晴れ
前日の波残りなのか、夜明けの雲は南からでしたねぇ。日中の南風は冷たかったしぃ〜、波の有る一日でしたね。 24日もそうでした。上っていた流は、自然に止めに向かい、入れ替わり下るにへと行くんです。17.6度の水温、潮色は微かに良い方向性に向かってるが。行った潮が、また戻って来るからねぇ〜。 悪くは無かったものの、「釣れた!」には呼べ無い昨日の釣果。比べて今日は、数は置いといて”当たり”増した様でしたねぇ〜。マルバエは良型真鯛”も”釣果に要れ、トクスケは45cmわぁなの石鯛(写真1)、良型のヘダイ・丸ハゲ・グレの四目。マゴの船着きは、2発の石鯛の豪引きに涙をのんでも吠えた”アイ氏”。同ハエ東端ではイサキを2尾と、プップ・プップと唾とばし。 でも、サンノジの当たりは少なかったなぁ。此処で逸話。サンノジの当たりが少なかったら、石鯛は当たってくる(上物釣り) ってのが有るみたい。 底物釣りは、釣れたのは無かった。同じクロハエでも、場所によって竿反応と餌盗りに差が有ってました。南面は、ウニ餌を盗る事もあってた。ミノコシはサンノジやらの当たりも無く終始。 確かに沢山釣れる、良型のグレ揃いなんて事は無かったなぁ。対する魚の多さも感じなかったものの、二目三目と魚種の揃いは良かったんじゃ・・現状の潮色の悪さが、治まりに向かうでしょうが。も少し、波治まりも願いたいですね。 帰りの際に、オキアミやらで汚れた釣り場を流してくれれば。次の方が気持ちよく、楽しく竿振りが出来ると思います。一つ、お願いします。
<大潮>干潮(0:31/12:42)、満潮(6:43/18:48)

志和・磯・釣果
写真1

2020年3月23日(月)晴れ
22日よりも、今日の方が一寸だけ潮色は感じ良かったのですが。イヤイヤぁ〜、全然潮色悪いですよぉ〜。それに今日は、朝後北の風が吹くや、海面まで波気立つ。これが東に振りだし、一段と強目に吹き出し白波立ちー。ざぁ〜ざぁー・ザァ〜ザァーと、最後まで荒れがつづいたんです。水温17.2度、上っていた流は、その内に下りヤマ潮に替わっていったんです。可愛そうなくらい、コテンパンにやられたんか。 結果的には、昨日の方が釣果も勝って、状況の方もグッと感じ良かったんです。ただし、悪く言えばドングリの背比べと言った方が。 今日のマゴの船着き、全く餌盗りが無く、増して北から東に変わる風波には歯が立たず。幾ら背から受けても、もう降参。でも、へこたれずグレ1尾を手にした。コグロは小型からは脱せず、尾数も限られた様でした。そして、クロハエ裏の底物、サンノジがしつこく当たって来るだけで残り5個を着る”くわせ赤貝”。何気なく入れた仕掛けに、石鯛独特の引き当たりを焦らず躊躇無く起こすと。55cm有るか無いかのサイズの石鯛(写真1)ゲットでした。やはり居ました。そして、釣るやすかさず竿終いを決断。サラリと、「釣れたでぇ」。
<大潮>干潮(11:49/--:--)、満潮(5:59/17:44)

志和・磯・釣果
写真1

2020年3月21日(土)晴れ
20日の朝、南からの周期的な波に釣りポイントはザワ着きしてました。17.1度の水温は良しとしても、緑色の潮色は磯際に健在です。カブリクロハエには、お情けに綺麗な潮が当たっては居るんですがね〜。 この日は3ポイントだけの情報。クロハエ東端は、例の海藻の胞子?がベットリとラインに絡み、最終的には”カツン”って糸巻き出来なくなる程。一流し毎に、そいつを取る作業の繰り返し。サンノジ・ボラに終わってましたのも納得か。マゴの船着きは、定置は波荒いに”凹み”からの竿振りから始まり、サンノジに押され気味でも、30cm+までのグレ3尾。ミノコシは底物釣りで、生赤貝は盗るは盗るはで割る作業が先行。弁当船境にピタリと止んみ、餌盗りだけの針掛かり無し!でも、綺麗な潮が其処にあるってぇ安心感は有りました。
21日、「綺麗じゃ無いや〜ん」。一面の緑潮、潮通しが無かったんですね。若干の下り潮か、17.1度の水温はさてぇ、イイ方向性を見せてくれるのやら。 コグロ表は見廻り船で、潮コミと風を心配してコグロに入れ替わり。先の渡礁者は、30cm型と小型混じりのグレ釣果は、決して悪くない結果です。入れ替え割り、こに時点から好くなったんでしょうね。大きさは変わらないが、尾数を揚げてくれていました。内容も、そんなに悪く無さそうか。現地撮影(写真1)を頂き、上段と下段とに釣り場分けしてくれたのかなぁ。 マゴはこの潮に大苦戦。ラインに絡み付くわ、釣りタナを探るわでの時間消費。マゴでは40cm型のイサキ、マゴの船着き場に相方サンと合流して45cm型のグレ(写真2)とで2尾。船着き場ではグレ2尾。1尾は40cm型(写真3)です、ここも苦戦の苦戦。14時からの”時合い”をいてましたねぇ。小さめのグレは釣れなかったのか?、疑問ですねぇ。最近お見えに無かった40cm型のグレ、何故か大きく見えましたんです。(*^o^*) トクスケは泣き泣きの釣果です。グレは来なかったと、コロダイとサンノジだったか?。餌盗りも良くなかったそうで、「そお〜ですか」と溜息返し。ミノコシはサンノジに終始。ネックは、この緑潮です。上り潮が突き続けてくれれば良いと。低気圧の移動の予想も、先が暗めです。
<中潮>干潮(10:54/23:04)、満潮(5:11/16:31)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2020年3月19日(木)曇り一時雨
”春の嵐”とか脅かす物だから、「撤収もあり」って出航。さてぇ?、異常な温さ以外何も無く、見廻り船時に一寸した雨が巡っただけで無事終了でした。下り潮で16.9度の水温ですが、潮色がめっぽぅ悪く底ハエが見えない潮色の悪さです。便当船頃に上潮に替わり、しかもこの潮は早い流に替わって居たんです。それが”好”したか。 30cm一寸から小型と弁当船時。カブリは、小さいとコグロに跳ぶ。港に着き、日和替わり無さそうと一段落してるところに。「コグロの前、よぉ〜釣りゆうぞ」と、何時も庭を通り過ぎる漁師さん。そうです、果たしてくれました。丸肥の35cm型までのグレを二桁にのせる釣果(写真1)です。加え、カブリでの釣果のバッカンと、表の二桁釣果のバッカンふたつが並んでいたんです。裏の方も越さずにそのままからの竿出しに2尾。裏場は、餌盗りが無かったそうで、イカナイ事です。 マゴの船着き場、33cm型のグレ3尾のグレ。2度の豪引きは止められず仕掛け諸共にバレて終う。上り潮に替わったのでマゴに渡り仕掛け入れ。と、余りの早過ぎに船着き場に戻ったそうです。 ミノコシは30cm型グレ2尾に小型をプラス。此処でも2度の豪引き。正体不明ですが、マゴの船着き同様に必ずとあってますね〜。 14時前から、音も無く小雨がゴムマットに落ちるのがみえた。降りそうに構えなく、躊躇の末早めの迎えをしたが。御免ねぇっての終いになった。 日和替わりかと、空と磯を繰り返しの監視。何も無くだが、宵になるのかと・・・。しかし、この潮色はイカンなぁ〜。でも、早い上り潮が変化を呼んでみたいです。雨は地面を濡らしただけに、その内無く成りましたね。
<長潮>干潮(9:41/21:42)、満潮(4:07/14:35)

志和・磯・釣果
写真1

2020年3月18日(水)晴れ
南からの波残りは下り潮か?、弱そうな流は16.9度、潮色の方も良くなさそうです。 オキノカブリの渡礁は諦めコグロに。と、何やら賑わってぇ? 曲げてますよ!、やったんですねマゴの船着きは(写真1)。船着き場で掛けたんですが、マゴの方に回られて根に入り込んでしまった。「暫く置いて」とアドバイス。魚よりも先に、人の方が辛抱負けしてしまったんのです。 もう緑色の潮色、ラインに”コケ”みたいのが絡んで来そうな潮色です。潮の流れはヤマ潮に向きを替え一旦止まり、帰り際に上りかなぁな流。全体に餌盗りは悪いし、サンノジが当たらなかったら、今日の竿曲げは無かったかも。コグロカブリで、何とかの30cm型のグレに小型をプラスが良い方。マルバエは餌を全く釣られなく、そのサンノジの引きだけが御加護になったのです。クロハエ東端は潮に泣かされ、ヘダイと帰り際の上りにイサキを針に乗せたのです(写真2)。  クロハエの底物釣りも、全くと言っての餌盗りの悪さ。辛うじてテスを珍しかって、50cm型の平スズキ(写真3)を底物竿に掛け、ミス際でテールウオークに喝采をあげたそうです。そして、マゴの船着きは、バレた後にもう一度豪引きを有ったそうで。今日は残念に終いました。 12時前からの南風は、昨何よりも荒さとなり、竿向け帰れなかったハエは悲惨となったのです。この風オオラ波は季節替わりとしたもので、強弱に連日を繰り返す事もあるます。しかしも、この潮には参りました。
<小潮>干潮(7:59/20:34)、満潮(3:03/12:35)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2020年3月17日(火)晴れ
16日は、もう朝から断続に強い北西がピューピュー。吹き間があるので、辛抱が続いたなぁ。濃いっぽい汚い潮(言い過ぎ)は下り潮、水温は16.4度に低下していた。それでも日中は17.1度まで上がるものの、海上には寒い風が走った。 ミノコシは、グレ2尾にサンノジが多目。数回の不明魚に、石鯛?てな。獲れてないだけに”不明魚”に終わって終った。マゴの船着きは、5号ハリスでも止まらない引きバレ。クロハエの東端は、渡礁後の早めの時間に50cmは無かった真鯛。後にもう1尾の追加とした。ウスバが居る様で、途中で餌を盗られてたそうです。全体に風の影響も有り、そんなに”当たり”が多く無かったなぁ。

17日の朝は、昨日程寒くなかったが、三嶺・剣山は白く積雪です。今朝も静かな海面、下り潮は続かず止まりに向き、見廻り船には上りに向くんです。午後からは17.4度に水温上昇が見えた。が、南風の風オオラは、一面の白波にクジバエは撤収、マゴの船着きも竿終いとなったのです。写真1は弁当船時の凪のクロハエ。 サンノジの復活です。マゴの船着きは、”石鯛”の代わりに二桁台のサンノジの引き。結果、筋肉疲労を訴えた。 14時にクジバエは、起き始めた南の白波に50cm弱のイシダイ2尾(写真2)を連れて撤収!。2度のライン悲鳴は2回のバレに成ったそうで、居ますよ各ハエに。 カブリは、35cm迄のグレを4尾とプラスとか。小型グレにサンノジもです。コグロ表、30cm型迄のグレを数尾。裏側は、ろくに餌も盗らなかった。 クロハエの底物釣り、生の赤貝餌はサンノジやらに盗られる盗られる。10kgを弁当船開始から、3割を手元に残し、ガラは船に回収した。南の風オオラが強まるに連れ、竿当たりは比例するように無く成っていった。しかし、サンノジの復活です。全体的に、良さが現れれば良いんですがね。
<小潮>干潮(5:11/18:52)、満潮(0:47/10:40)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年3月14日(土)雨後曇り
降りそうから始まり、1時間余りの寒くない降りは止み、午後からの日射しは「あつい!」の一言。若干のウネリ波に17.1度沖出しの流は濁り気の潮色です。 読めない天候に、二人をクロハエに渡礁から始まった。弁当船で底物の方をトクスケにと、クロハエ現地撮影の魚が届いた。ほぅ〜、イサキ(写真1)です。またもや!、同魚の追加が来た。さて〜、新たな情報はとれるのやら。弁当船出航と、又々の着信です。今度は、マゴの上物釣りからの2枚の石鯛の画像(写真2)です。ここ最近の石鯛の釣果に、朝から狙って居たそうです。2ヒロのタナを、ずっと維持しての釣果。これも真似出来ませんよねぇ〜。渡礁後の数投迄に1尾を得たそうで、その後ボラの挨拶が来た一寸後に、同魚を追加と言う事だそうです。”天晴れ”な釣り姿勢です。 同ハエ東端は、サンノジを追加した後から、潮向きが遅く→止まるか→下りと、「これではねぇ〜」と。でも、前向きに竿を振り続けたのです。写真1を見て下さいよぅ、際どい針掛かりの特徴がイサキです。 私も撮影したんですが、活きた現地画像の物を使いました。 さて、トクスケは予想外の餌盗り。釣るよりもカブセに動じ、メラメラと炎点火したと。今はマゴに集中した石鯛釣果ですが、今期の17度台の水温低下に留まってる様子に、どのハエでも可能性有りジャーないのかなぁ。グレシーズン中にも、彼方此方で釣果は確かに有ったんですからね。 迎え船時には下りに転じ、一寸不安の潮をみせていました。でもでも今日は、風波無くに終了したのが一番でしょう。
<中潮>干潮(2:49/15:20)、満潮(8:45/21:49)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年3月13日(金)晴れ
よく見ると、潮色は好くも無いですね。弁当船時あたりから来たウネリ、まだまだ波高の心配外ですが、浜濁りを発生していました。上り潮の17.5度の水温は、午後からの異常な気温上昇に比例か、18度に迫っていた。そして、南からの風も元気よく吹き出したのも、日和替わりの前兆か? 上物釣りに関しては、好感は低かったなぁ。コグロ裏では、35cm迄を数尾超えの釣果を聞いた。状況として悪くは無くないが、オナガグレばかりにクチブトグレ1尾との不満。はて?と思ってしまったのですが、無言に頷き返した。裏の船着きとマゴを行き交っても、来たのはサンノジの連発にグレボウズ。カブリもサンノジの当たりが強調で、グレは1尾止まり。弁当船開始のトクスケ、「フグが好く釣れた」と、笑いながら皮肉った皮肉った。 遠慮がちにワレバエと”ライト底師”、最近の状況にマゴの船着きをと勧めた。見廻り船時、餌探し中を遠巻きに見ると、両手で”マル”示すのです。スカリのウキを観て納得。がぁ〜です。60cm迄のイシダイ5尾(写真1)をの結果だし。流石!、誰よりも高超過率を叩き出した。1尾足りないのは、もう進呈しまったからです。 迎え船時には、潮の流が弱まっていた。ウネリ波も若干膨らみを見せだし、雨の予報を重ね明日に不安を見せだした。
<中潮>干潮(2:13/14:35)、満潮(8:16/20:56)

志和・磯・釣果
写真1

2020年3月12日(木)晴れ
濁ってます。弁当船時に寄ってきた潮は、先に潮よりも薄く潮色を2色に分けたのです。水温17.4度、上り潮はそこそこに元気。未だ高潮位残る磯に、若干のウネリ波が良い感じか。が、クラゲ混じりの感じ悪い潮質は、息が詰まりそうです。全員を渡し終えた30分後かな、西風の吹きが増して来た。 コグロ2尾か、クロハエの船着きの底物は手を振る。 同東端は1、マゴの船着きは釣れてる数を指に高く揚げた。ミノコシの底物は、片手の指2本で”ガキ”を表し、上物釣りのカブリは1尾と。餌盗りの好く無い状況は、底も上物も同じに感じた弁当船時。 午後になると伸びる海面で無く成り、若干、明日に前線と低気圧の発生の予報前兆かなかなぁ。若干の波を感じだした。 見廻り船帰港のコグロは、9時迄に40cm方のヘダイに始まり、3尾のグレ釣果を間を置き果たせた。止まる餌盗りも有ったと、弁当船後の潮向き替わりも言っていた。クロハエ東端は「言った1尾だけ」、サンノジにシコタマ引かれたそうです。同ハエ船着きのの底物はボウズ。でも、ウニ餌を落としたと伝えて来た。 カブリは1尾に納得。マゴは計3尾のグレ(写真1)。「来た!、止まらない」と、石鯛だろの引きの残像を此方にも伝わった。「居るね〜」、首を振っていてもチャンスは有る表情です。 5度の今朝の気温は、昼過ぎには「たまらん」と中着を脱ぎ捨てる気温上昇に。でも、風には寒さはある。 さて、13日の前線に日和落ち?の心配。低気圧の発生もあると、思いよりも南を移動らしく、雨はチョコッと降りカモでは。まあ、それらしき波出もあるかもね。変化は吉としましょう。
<中潮>干潮(1:36/13:54)、満潮(7:46/20:07)

志和・磯・釣果
写真1

2020年3月7日(土)雨
先発したマゴの船着きは、2度の「止まらない」引きを対処出来なく2度のバレに磯替わり。次のチャレンジャー、事が解っていても対処に・・、一度目の対処はドラッグ音の共鳴。強引足らずに剥がす様に「よぅ〜しぃ」と、ここに来ればタモにゲットした50cm級の石鯛です。3目のチャレンジャー、最初は引きはタックル全体がガクガクと、対応にして5秒足らずか止めに成らずバレる。一寸違う再来の引きは対処に成功、とは言っても無呼吸が5秒も続いただろう。これも50cm級の石鯛(写真1)でした。 クロハエ東端。上り潮に乗せ、さてぇ〜何投目かに来のは45cm?の真鯛。相当な間に60cm級の同魚を釣り上げ、「この石鯛何処で釣ったがよ」。(写真2)タイムスリップ、笑いで誤魔化してます。東端に関しては。流しても餌は盗られず、かと言って全てにも有らずとか。条件いい状況では無かった様です。また、浮きグレの確認も報告してくれました。 コグロの表側は、魚っ気有りでグレもサンノジも釣れた、が、裏場はマルで餌盗りが無く反応も無く終始。コウデはグレ1尾、トクスケはサンノジの連発。 さてぇ、三者三様の引きとバレ。来るも来たもんで、居るんですよ、底物の方どうするよッ。それと、磯替わり二名に得もした今日のついてる事。万博旗でも張り巡らそうか。 予想の波と雨は迎え船宜しく、丁度に揺られ、ウエアーは濡れ素振るもなかった。 7日夕から大荒れにに転じ、8日朝は、風は止んでも”もみくちゃ”の荒海です。
<中潮>干潮(10:40/22:54)、満潮(5:03/16:10)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年3月6日(金)晴れ
餌盗らん!→釣れ無いと、連鎖は磯替わり4カ所と成る弁当船でした。元気のいい上り潮、水温は前日と略一定、良くない事の澄切りの潮。 昨日に限りないが、相変わらず釣りポイント周辺に小魚らの見えは低いです。50cm迄のキツウオがブ〜ンなんて餌に目掛けてくる事があってる。時に、青物が海面に捕食でバシャっても。と、大型らしきが猛進する事の確認もあってます。 コグロ裏は36cm迄のグレを4尾、表側でも釣れてたらしいが磯替わり。クロハエ東端のチャレンジャー、潮の沿って流しグレ1尾を釣るも後に続かず。内に乗せるが、まだその内にも試すが。「難しい」とやりきった返答をくれた。アカバエのチャレンジャーも、小型グレを大きくは出来なく、亀にトドメを刺されたそうです。弁当船時に入れ替わるマゴは、グレとイシダイ(写真1)を釣って居た。が、大苦戦の”居残り釣り”はそれからも伸びを見せなかったと。前回の釣れとはちがい、「難しい」の一言でした。 「やったぁー!」なんて、簡単に変化を望めないでしょう。1・2・3尾と数を増す釣果を好しと思います。サンノジ・キツウヲが、元気に引いてくれるので感覚を残してくれるが、其れではイカンのですよねぇ。でも、サンキュウとしましょう。優しくリリースして遣って下さい。
<中潮>干潮(9:55/22:06)、満潮(4:23/15:10)

志和・磯・釣果
写真1

2020年3月5日(木)晴れ
北西の強風を予想。来たのが弁当船開始した時間から。怒濤の強風は無かったものの、白波そこに迫るコグロ表は、いい具合に風陰に隠れて竿振り。浮きグレを目の前にしたカブリの底物場(北の船着)は、底物最中から急遽上物仕掛けたて。が、合致した様に真面に北西風をうけ解っては居ても一投を試みるが、届くはずもなく無念。浮きグレ未だ居ます。 17.4度の上り潮元気そう。それにしても、澄切りの底ハエ丸見えの潮色は、決して味方には成らなかった。北西風は、見廻り船時には普通の季節風に成るが、迎え船当たりから復活に白波立ちだした。 コグロです。裏面は餌盗らず、表側で小型グレとキツウヲに引かれ、30cm超すグレは来なかったと。マゴの船着きは、35cn型前後の丸肥グレ3尾(写真1)をサンノジの中から。釣り初めは竿2本丈から浅くしたと、何時になくサンノジがよく当たったそうですね。 トクスケは、浮いてくる40cm楽越のキツウヲがブーンって泳いでる。喰わなきゃいいのに、仕掛け諸共持っていきやがる。小型グレに終始です。 ミノコシの底物。今回は餌落ち悪く、触って来ない状況でも20個のウニを使ったとか。クロハエでも餌落ちは乏しく、それでもミノコシよりも落とした数はあって、30個のウニを使い切りです。 寒さと強風の北西風とよんだが、以上の強さは来なかったし、寒さも強く来なかった。それでも、其れなりに釣り難さは有り有りとで、夜半にかけ気温低下に。
<若潮>干潮(8:42/21:07)、満潮(3:28/13:46)

志和・磯・釣果
写真1

2020年3月3日(火)晴れ
火曜日の問い合わせが無かったのと、海には未だがあった月曜日。ところがです、当日に来てた方らには留守を要し申し訳ない事です。3日の朝、東からの弱い波、澄切りの潮は17.5度、上り潮に替わって行く潮でした。 9時頃に風?、満潮前のクジバエは風の影響で膝下ズブ濡れ。バッカンを落としたにも「餌盗らん」と爽やか。強行気味の渡礁が裏目にでました。この”餌盗らん”は、全磯的に蔓延してました。コグロは裏は、35cm型2尾のグレ釣果はあったものの、表面は小型グレにトホホ。面白無さに、共に見廻り船に竿終い。 クロハエ東端真、真鯛・イサキ狙いにも反応ゼロと、ヤマ潮とウスバの居る様子に、潮溜まりの船着き前に50cmの真鯛をゲット。だが、此処も薄い反応に竿を畳んでしまうのです。 マゴの船着き場、弁当船時には手を振った返答から、平スズキと50cm弱な石鯛(写真1)。黒系の魚の中に彩を魅せたテンスです。このテンス、神経締めすると意外や意外にイケルそうですよ。加えて、石鯛ゲット前に来た引きは、対処に大変困り仕掛け諸共だったそうですよ。 終わってみれば、弁当船時もままの釣れ無さにガッカリ。ボラは泳いでも魚が見えない状態、イコール餌盗りも悪い悪いの結果。 4日の朝、4時過ぎからの小雨、波音も聞こえて来ない磯は「なんで休みよ?」と、言ってるようです。が、9:30過ぎた頃から風が吹き=波気も立ってきたのです。発達移動の低気圧を恐れたんですが、土佐湾南には静かな移動をした様ですね。明日は、寒い北西風でしょう。
<小潮>干潮(4:25/18:10)、満潮(10:29/--:--)

志和・磯・釣果
写真1

2020年2月28日(金)晴れ曇り
17.4度と低めな水温は、徐々に流を増す澄切りの上り潮。 ところで、お客さんに言われてハタと気が付いたんですが。今期は、17度を切る水温が無かった事にです。そうです。何時ぞや13度台まで下がった時があったのですよねぇ。 二日間吹いた北系の風、まさか・まさかの寒い再風を起こしたのです。強く吹かなかったが、”アレは駄目です”な結果をよんだようです。 コグロ裏は「餌盗らない」と、コッパグレをチョロリ。反面表側は、餌盗りも居るしグレ4尾のガラリと楽しみな反面を魅せたんです。 クロハエ東端のイサキ狙いは、少ない反応から35cm・40cm足らずを2尾のイサキ。1尾は途中でハズレたと。サンノジも混じりっても、竿曲がり数は少なかったそうです。マゴもボラを横目に頑張りをみせるが、ここも反応は少なく2尾のグレに終わった。と、迎え船からの居残り釣りにチェンジや、50cm台の石鯛(写真1)の現任者になってしまった。以後、当たると丸肥グレ、間を空け乍らも5尾追加。ラストの餌着けを投入、当たると同時にスプール底が見えるまでの突っ走り。獲れなかったものの、釣果イコール面白みにニンマリでした。 不吉をよぶ北東風は、魚気も無く竿曲がりも遠かった。コッパグレだけだったとか、グレ1尾は得ても傾げた首が戻らない結果に。弁当船からのオキノカブリ陸側、波と風を正面に挑み、何とかグレ2尾。クジバエも大苦戦、ヘダイ(写真2)と小さい乍らもグレを竿にのせれた。前にも言ったんですが、このヘダイ結構にイケるんです。毛嫌いせずお楽しみを。 悩ましい北風に、大半の方から楽しいを奪った。午後から迎え船じ内に。浮きグレ・青物の餌追いが二カ所と期待をみせてくれた。さてもさても、1回でも良いから唸らせてくれ。
<中潮>干潮(2:15/14:39)、満潮(8:29/20:41)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年2月27日(木)晴れ
二日続きの風波荒れ。26日は予想外と言うか、弁当船時にらしき北東からの風に嫌みを感じる。11:30頃にヒュウ〜と来た。慌てずユックリと撤収を始めたが、反省物でした。潮の動きは無い、水温は低目の17.3度の条件は味方に無い。加えて北東の強いオオラ波、ミノコシはガキ2尾を手中にしても、釣果は散々な結果に終わった。 27日は、予報通りの北からの風。弁当船時のコグロ裏の方に、「後に強目に来るよぅ」と警告気味に。前日の時化なみな荒れでは無かったものの、コグロ裏は風を真正面から受け竿を納めたのです。上り潮は速い、17.7度の水温に期待したんですがァ〜。写真1は、まだおとなしかった朝のトクスケです。 マゴは潮を引かして渡るが、丁度風の発生と重なり三流しせず元居た裏場に。多くないボラの中からグレを1尾(写真2)。 クロハエ東端も竿振り出来なく→マルバエに。北西風は良いんですが、北・北東風は荒れるし、何故か”釣れ無い”状況に成りますね。それに今日の北風は、日頃の生暖かさになれた身体に”活”と寒かったぁ。この日も釣果は悪く、朝方に釣れていただけに終った。それと、サンノジが多く当たって来てました。と、何時ものヘダイと。しかし参るよ、この風に。
<中潮>干潮(1:50/14:06)、満潮(8:07/20:05)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年2月24〜25日 晴れ
クロハエ周辺に、明確な潮流が見えない一番船。微動あるにせよ、昨日の模様が重なるなぁ。水温17.3度、最近になって潮澄が過ぎています。かと、”オリ潮”も寄ってるし、昨日の朝一のカブリは”泡”が漂ってたしなぁ。 弁当船時の返答は、昨日の「餌盗らん」なインパクトではないが、手を横に振るばかりカブリまで続く。結果的に、1尾のグレ釣果は限られ、オキノカブリコグロの表側が片手を示してくれたが何より。コグロの方は、弱いながらでも流動があると反応はあった。が、この流動は続かず、その度に釣れたとも言わない。背中合わせの裏側は、「ボラが3度来ただけ」と、大笑いでした。内磯で1尾のグレ釣果は聴くが、やはり潮当たりの良い場所かです。 今日も2便に別けた迎え船で、1便の方らとは顔色を見ただけで、2便の方らとの会話のみ。無釣果のマゴの方なんか、「こんなの有りぃ〜」な反応でしたね。画像も、なんかイイヤァ〜。 澄み潮に警戒心増し、潮事態にも満足な動きが見えません。「ボラがあ・・」、なんては耳入り多かったなぁ。釣れてませんねぇ〜。 25日の朝、誰ぇ〜も居ない。さて何しようかと、「居残り釣り!?」 、「いいよ〜」って、二人来る事に。何時もの方らだから釣るだろうぉと、めちゃくちゃ速い上り潮に不安拡大。昨日の流れないのと、また違うぞぉ・・・。 が、果たしてくれました。12尾+なグレ釣果(写真1)は真ん丸揃いで、10尾はマゴから流しての、キッチリと結果を出してくれた。サンノジ、餌盗りと、昨日とはまるで大違いでした。しかし、なんと暑い日に成りました。
<大潮>干潮(0:58/13:07)、満潮(7:23/19:00)

志和・磯・釣果
写真1

2020年2月23日(日)晴れ
一寸もたつくと、もう恥ずかしいくらい朝が明るく成って来た。ノペ〜ッて感じの海面に、一様に「寒いよぉ〜」な西風が強く無い。水温は17.2度、潮の流れは無いみたい。 コグロはセーフだったはず。マゴに来たら「餌盗らん」、続く→続く→と、イコール反応無しと釣続く。 オキノカブリは、何も来ないなんて、四組が磯替わりです。参ったなぁ、思考をグルリと回すが、たどり着く答えに会えない。が、果たしてくれたハエはあった。シモヒラバエは、弁当船時には釣果有り(写真1)とサイン。連続とは無くても、午後からも追加有りとしたが、尾数的にも伸びは薄かった。遠投気味に、ハエ陰にポイントを置いたのが良かったのかも。 弁当船開始のトナリ。一寸記憶に欠けるが、イシダイと・・テナ感じに周囲のハエとは明らかに違う結果を聞く。磯替わりのクジバエは、フグのハリス切りある中から5尾なグレ釣果。コグロの表側でも5尾のグレでした。同ハエ裏側は、弁当船時に手を振った対応から、後に5の結果を出してくれた。右往左往の潮の流れ、その時々に得た釣果だった様です。 何とかグレ釣果を良しとしても、内容に全体的にも”釣れる”様子からは遠かったですね。また、強い陽射にたまらずウエアーを脱ぐ始末。ほんと、参ったです。 二便に別けた迎え船、耳にする情報も乏しかった。レディース2人の健闘空しく、「コッパグレ1尾」と、ホットに返答に和みました。せめて潮の動きが・・。
<大潮>干潮(0:00/12:11)、満潮(6:36/17:54)

志和・磯・釣果
写真1

2020年2月21日(金)晴れ
北方向からの小波、17.6度の若干白みな潮色の上り潮は・・。弁当船時には下りッ?、止まった後上りを通した。この便当船から南東から周期の短い波が来だした。(明日の日和落ちの前兆?)  コグロの裏場は、ボラを嫌ってトクスケへ。入れ替わりに表側に、”居残り釣り”を渡礁する。マゴの船着きから、釣れてるとサインを確認した。一寸波気て来るだろの予想は、潮込みも重なりマゴの船着けにもたついた。 そのマゴの船着き、弁当船後も追加を入れ、「あれッ、イシダイやぇ」と、グレ(写真1)の下敷きに確認です。間を空けながらでも調子良くな感じで、ボラ居なく釣り気分に晴れたみたいです。トクスケは、1尾のグレとヘダイを2尾の釣果。ボラは居ても気に成らない数、足場の決まり悪いコグロ裏よりもこっちを勧めた方がと悔やむ。”居残り釣り”です。下りから始まった釣りは、上りにチェンジしたコグロ表側。4尾のグレに「2尾足りない」なんて、一寸の嫌みに笑い合いました。 潮替わりには不満、一寸の潮色の変化が助けか、今の現状を好としましょう。
<中潮>干潮(11:11/23:27)、満潮(5:41/16:38)

志和・磯・釣果
写真1

2020年2月20日(木)晴れ
最近の”ベタ凪”の様子は、厳しさが無いですね。ホワッと凪いでると言うか、緊張感に欠けてるってぇかぁ。強い季節風を、前屈みに身を萎縮し受ける事が希にも無いんですねぇ〜。(写真1は早朝のオキノカブリ) 今日も、動きを止める上り潮。水温17.6度、今週に入って潮色が白んで居ます。が、澄切り潮よりかは誤魔化し効いてるみたい。そうなのかも、2→3→4尾なんて少しの釣果あがりが見える。弁当船後も、グレ釣果伸びが少なからずも。が、可も無い事もあったり。 弁当船ごろの気温上昇に若干波気て来たが、以上は来ず最後まで竿振り続けたオキノカブリ。平スズキとグレ4尾。迎え船前にグレを追加出来、良いジャン良いじゃん。地のカブリは3尾と少ないか?。でも、”ああやこうやって”な事も無かった様でした。最近のトクスケは、東の角(クロハエ向き)を避けた方が。弁当船より西面に移動し、釣果を伸ばせたみたいです。 変わって沖の夜釣り。フグの心配をさて置き、解せぬ獲物かも知れないが、私的には好きですね。ブダイにヒダリマキ、50cmオーバーのコロダイ(写真2)と、「グレ無し」と言ってましたが、ヒダリマキでさえ、お腹が丸かったのですよ。 近くのクジバエは、合計で二桁越のグレ釣果(写真3)。「フグが居るからねぇ」って、渡礁前の声掛け。確かに居たそうで、ここに居てねとハエ際にカブセ宜しく。優しい対応のフグだったとか。 マゴの船着き・同様にコグロも、弁当船後からもグレの追加を有り”良し”にした。 残念はコウデで。完全にグレボウズ!。磯際まで迫った数尾のハマチを観たって言ったが、ボラを3尾掛けただけに終わったんです。 お土産釣果から、グット重さを感じる釣果まで、「良いジャン良いじゃん!」。
<中潮>干潮(10:32/22:49)、満潮(5:09/15:49)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2020年2月19日(水)晴れ
朝の2時間は、強めな西風に寒かったんです。弁当船ごろから、温々と暖気上昇に汗ふき。 水温17.4度、元気そうに上ってました。がぁ〜、近日通りきらない潮は、今日もストップ〜な事に成ってしまったのです。潮色にスッキリ感無く、白み掛かった潮色でしたが、悪さは感じなかったね〜ッ。突然サワラみたいな魚影、数尾以上が足元近くを突っ走っていったって、2ハエからの報告でした。 弁当船時1尾のコグロ裏は、後に1尾1尾と増やし、小型を入れたらもっとだったのに(写真1)。ボラの邪魔は無かったと。 さて、表側は”塩焼きサイズ”をキープし、徐々に30cm型を追加にしたしたのですが、なかなか近くのポイントで釣れなかったそうです。表側もボラはみえず、静かな釣りが出来たのでしょう。 トクスケは、大きくないグレ2尾に終始。サンノジ→キツウヲと、常識に成ったッ連発を体感していったのです。コウデは、ボラの中から1尾のグレ。連発ほどでは無かったが、サンノジ・・・。 クロハエ東端、なかなか釣果に成らなくマゴに移動するや、45cm型のグレ。しかし、ここも続きがかなかった。流れるかもの東端には、以後潮動きは無かった。 弁当船時のマゴの船着きは、2尾(だったかなぁ)と示す。活気さは薄かったが、突然来た連続3発の強い引きは45cmのイシダイ(写真2)。1尾は取れたものの、止まらない引きに躊躇がバレノ元。「えらかったぁ〜」。 ミノコシの底物、いきそうな引きはそこから返って来た。餌落ちも思う様に成らずと、突然に盗る盗ると餌切れの心配。冷凍貝餌とウニ餌での駆け引き、まだ楽しめそうです。クロハエの餌落ち悪い。かと、盗りもしたが続かず。諦めが先行しだした時、40cm型のイシガキを釣り揚げた。駐車場に返って、マゴのイシダイに「参った」。(笑) なんか、メリハリの足りない状況?。今日の潮は、それだったのかなぁ〜。 燕が飛んでました。
<若潮>干潮(9:35/22:02)、満潮(4:26/14:43)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年2月18日(火)晴れ
さて18日の朝は、どの地域も低温を記録し、積雪もあったかと。出航前の船のデッキにも、薄らと積雪し、須崎市から東の海岸近くの山に積雪を確認した。 まだ、海面を暴走する西風はスタンバイ。凪いだ海水温は17.6度、澄んだ元気いい上り潮が行っています。 写真1は早朝のトクスケ。 弁当船時には、気圧間の等圧線状に西風が吹き回していた。船の碇綱解きに、風を読まないと有らぬ方向に船首を向けそうで、「それ今だ」。 一番のワレバエは荷をまとめて磯替わり。フグのハリス切りにめげ、「たまらん」と磯替わり。勿論釣果無しに、マゴを指さした。 クロハエ東端は肩をすぼめ、コグロを遠巻きにマゴの船着に。海面を走る西風は、飛沫をクジバエにかけ通り抜ける。風防の画家過ごしに、「フグは居ない、釣れた!」を読んだ。良々いいぞッ。トクスケもフグは居なく、指を3本立てたのです。一時突風が来る、遠巻きにユックリと港へ。これからが、西風本番に成るのです。 困ってないかと、見廻り船を出す。クロハエ東端?、大きく竿をしならせている。もう、我ながら慎重慎重。足元近くまで寄せていたが、先に進む。この時点で、どの方角からも無尽に吹き当たってる状態です。 トクスケ、丸肥グレ5尾。35cm型までのサイズ、最後までフグの悪さは無かった。クジバエは13尾の好漁 !! 。前回のボウズを、全快に飛ばした。型揃い宜しく、丸いグレも居ました。心配のフグは、渡礁時に2尾は居たと、結果良しにそっちのけです。マゴも宜しく丸肥のグレ(写真2)。風に吹かれた以外、安くな釣りだったそうです。 コグロもよろしく、クロハエはボラ1尾にガッカリ。あの引かしていたのが、「そうよ」とサラリと返してきた。 強風とグレボウズも良く、帰りのコーヒータイムの談議に湧きました。 アッ!そうそう。クジバエは三度の青物の豪引きバラシがあったそうです。今晩も氷点下に冷えてます。
<長潮>干潮(7:43/21:00)、満潮(3:09/13:10)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年2月10日(月)晴れ
今日のクロハエの底物は、ウニ餌と赤貝での勝敗はサンノジだけに終わった。が、成立する内容の出来でした。赤貝でガキの居る事も確認し、ウニ餌の芯残りから完全に盗られた事もあって、どちらか一方にしか反応が無いとチャイますねぇ。本命が居るか居無いかは別に、現状は釣り成立内と言う事ですね。でも、竿だしの方がガタ減りです。 上物釣りのグレは、コグロ裏で7尾(写真1)、表側では6尾とマズマズか。とは言っても、易くは成っての結果じゃー無かった。グレの型は、33cm迄に小型が混じり苦もありとか。 弁当船後だった、「ビュウウウー」なんて突然変異の西風に竿が煽られ、全てにストップが掛かってしまった。澄んだ早めの上り潮、18.1度の水温を若干あげ維持し、内磯にも潮動きがみえた。昨日の北風オオラ荒れは何処へやら、ベタ凪の海面が広がっていた朝。写真2は凪ぎのクジバエ。澄み潮がネックで、朝一の1尾後来ないって感じでした。・・・何てな時間が長いから折れ、三カ所の磯替わりに再活を望む。 クロハエ東端は、朝のイサキ後当たりも無く、弁当船後にやっと来たのが60cm型のハマチ。中層を超すに早さを増したと、過ぎた流に苦を言っていた。それに、餌が残ってると盗られるに”ウスバ”か居るみたいとも。真鯛に届かずでした。 グレ釣果方は、磯替わりを含め”セーフ”と”アウト”と辛い結果が有っていた。澄んだ潮の影響と、強風に吹き回したのも原因でした。天候が変わる予報です。私的に期待してるが、さて竿は伸びるのか。
<大潮>干潮(0:37/12:53)、満潮(7:15/18:40)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年2月9日(日)晴れ
断片に残ってた北風予報、いざ吹き出してから記憶が蘇った。一旦港に戻って、以上に成るなと見張り。17.7度の上り潮は、風に逆らう様に元気ついて来たか。それでも風が強い。弁当船時、コグロ表側の二人を磯替わり最中に、意識はマゴの10°角度のライン元の湾曲の竿に。角度にして100m先か?。マゴ(写真1)を内に観ながら大回り、クロハエ東端に弁当を渡しても未だやってる。早くなった上りに、倍の潮負荷に風正面うけ、ユックリユックリあげています。見届けたいが、先に行きます。 この北の風と波は、白波立ち昼まわるまで荒れていました。当然、各ハエに悪影響です。コグロクロハエは「何も見えない」と、見廻り船で諦め帰港。でもその中の沖の夜釣りは、小振りな型でも(30cm+-) 10尾を超え、これに良型のチヌを加えていた。が、渡礁前に”フグ”を伝えたとおり、5回+の針の結び直しをしたそうです。でも、至って釣り安さが有ったとか。 そして、マゴの方は50cmには足りない真鯛(写真2)。この鯛、見事に真んまるなお腹に身厚を魅せ、イサキの追加もしていた。この風波に、グットな成果をだしていたのです。風オオラに、各ハエグレを含め、良くて1尾なガタガタな釣果しまい。午後から弱りを見せたが、事すでに・・でした。迎え船時には、何時もの”餌追い”を見せてくれた。しかし、憎っくきは北の風です。
<大潮>干潮(12:14/--:--)、満潮(6:39/17:54)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年2月8日(土)晴れ
良かったです。宵から吹いた西風に波治りがありました。でも、妙に静かで張りが無さそう。18.1度の元気な上り潮、潮色も明るく成って来てます。 手の平級のグレから、37cm型までのグレに竿曲げが多にあったコグロ。その内の5尾を報告もらったんですが、なんと30cm有る無しサイズはリリースとか。人によって、持ち帰りサイズの違いを知りました。潮の早さと、ボラが沢山居たも加えていました。 クロハエマゴではグレは1尾。一寸潮陰方に入ると、サンノジの豪引きに竿を見上げていた。餌追いのボイルがあったそうで、ジグの届く範囲には寄らずと、レギラー出動無く伸びたままのキャスト竿でした。 タテバエトナリは釣れ無いと?を言っていた。シモヒラバエも、グレだけ来なかったそうだと。かぶりはぐれ1尾?だったか、45cm型のイシダイを釣ってたねぇ〜。 トクスケは4尾のグレ(写真1)。お腹の膨らんだのばかりで、ブダイを追加したと。餌盗りの多さ迄無かったそうで、弁当船後に追加があったを加えた。 ミノコシでは5尾のグレ(写真2)。トクスケと同じく、弁当船前に大半の釣果だったそうで、餌盗りの多さは強く無かったか。見た感じ?に見えたが、静かに釣れてたみたいです。マルバエは1尾のグレ。 コウデは5尾のグレと、苦戦も言わずケロリ報告。渡礁後吹き出した風は、真正面に成ってたハズです。 潮澄に成って来てます。朝一だけの釣果になったと、聞き出す頃合いかと。足元オンリーよりも、遠投と竿向きも替える釣り、移動もした方がねぇ〜。
<大潮>干潮(11:34/23:55)、満潮(6:03/17:08)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年2月7日(金)曇り雨
大潮もあった、燃料補給前の軽くなった船体、いやぁ〜荒かったが本音ですね。 水温17.4度の上り潮は、この後スピードアップして、コグロクロハエから「速過ぎ」と悲鳴めいた。この後ですよ、弁当船時には18度の潮目が寄ってきてたんです。しかし、空が怪しい。 渡礁後1時間を過ぎたところで小雨、長くは降らなかったが、まだ有るかもねの暗目な空。弁当船からの参加を加え、磯替わりも含め荒目の磯を一廻り。釣れてないところ、1・2尾な低調なグレ釣果だった。カモメが騒がしく飛んでるが、時にバシャって海面に餌追いをみるが、昨日の”あっちにも”何てでは無かった。 シモヒラバエトナリ、弁当船開始のエボシは、「見えない」とグレボウズに終わった。エボシなんかは、時間切れって感じかだったなぁ。トクスケは、朝の時間帯にフグの悪さがあったが。後には平和は竿振りが出来たと2尾のグレ。 マゴと裏の船着き場、磯周辺が波で騒がしい中でのチャレンジ。早い流と波に、なんかちぐはぐに噛み合わなく見えた。共に1尾のグレ釣果に、「んん〜」は表情でした。コグロの裏、「速い〜」と仕掛けが立つ間の無く。と言っても、最近の釣り方は”沈めながら”な釣り方。さて置き、今まで使った事無いラインまで出したとかと、何十回も巻いてタモに納め、イシダイを含め好釣果(写真1)にニンマリ。弁当船開始の表側はまだシンドイ。出すも回収も、竿を横にしながらの作業。3尾のグレ(写真2)、笑顔と悲痛の両面を表した。 「波が有るくらいが丁度」なんて言ってたが、思わぬ荒れに私的に落ち着かなかった。迎え船時には小雨ってくるし、海面と空の両方に目線を繰り返した。しかし、釣れ無いね〜。 午後から上り潮に、18.5度の潮が行き渡った。
<大潮>干潮(10:53/23:12)、満潮(5:25/16:20)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年2月6日(木)晴れ
気温0度、今朝は凍ってました。予報は風強しでしたが、ホカホカの陽射に汗ばんで来たりでしたねぇ。緩めの上り潮は17.1度、17.6度の昼に来た潮目はサゴシやブリ(ヒラマサ) かな?の大きいサイズがバシャ・バシャと姿を魅せ鳥も騒いでいた。そういやぁ、昨日のミノコシからボラの2倍の青物を足元に並んで見えたって言ってたなぁ。 今日は不調なのか、コグロはフグが居ると磯替わり。 クロハエ東端にマゴも釣果無しに、コウデも磯替わりで、 カブリも釣って無し。トボトボ帰港かと、ミノコシ沖に大型の青物の餌追いに遭遇。すかさず引き縄を伸ばし様子を伺うも、8の字の航跡を描きそのまま港へ。 見廻り船帰りのトクスケ、上りの潮に40m位流したところで当たる。掛かり切らないのもあったそうで、34cmの丸型のグレ4尾とマズマズ。足元では何も見えなかったと、殺風景な様子を言っていた。(遠投ポイントで釣果を稼いでる方はいます) 不安に迎え船を。カブリは後に良型グレ2尾(写真1)、と尾を曲げ窮屈そうにクーラー底にチヌ。左下は真ん丸姿のタカベ、普通はスマートなんですがねぇ。しかし、大苦戦みたいで、会話のトーンが低い。 シモヒラバエはボウズ。マルバエは小型グレに、冴えの無さを言って来た。磯替わりのクジバエは、3尾を追加した(写真2)。が、フグが待ち構えていて、釣り針消失は釣果の倍々か。ここも、低いトーンに会話は途切れる。 マゴは、イサキとグレにセーフした。同東端もグレとサンノジの単発。何とか釣果に繋いだが、内容が冴え無さいに言葉は少な目。待合所内の会話も、盛り上がり無く解散に成ったのです。 弁当船後に来た潮は、良い感じに見えたんですが。そう簡単には成らんのか。
<中潮>干潮(10:04/22:27)、満潮(4:43/15:27)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年2月5日(水)晴れ
す〜・す〜〜って、今一つ行ってくれない怪し〜い当たりがぁ〜。石鯛には一寸足りない当たりか?、何回かあったみたいのクロハエの底物釣り場。でも釣れたのはサンノジ、40cmには一寸足りないイシガキですが。写真1を観て解ると思いますが、このサンノジ10何cmな身厚なデカバンのサンノジでした。餌盗りが好くて、何が盗ってるのか?。手持ちのウニ餌、全消費したそうですよ。朝後から西風が強目に吹き出し、昼境に結構吹き出したので”見廻り船”をだした。出しがい宜しく、潮位の上がったクジバエを拾いコグロへ。(この時点でグレ何尾かの釣果有り) 結構に吹かれたそうです。この時の水温、朝よりも0.5度あがった17.8度、ユックリと上っていたなぁ。 フグは、そんなに居なかったトクスケ。ポツリポツリと40cm型かな〜のグレ4尾(写真2)。活かして取って帰って来ました。このグレも身厚で、いかにも美味しそうです。それと、ボラは多くフグの悪さも少なかったとか。 クジバエからコグロに替わって2尾のグレ追加(写真3)、アイゴとシマアヂを加えグッと重さを感じたか。しかし、フグにハリス切りに釣り針消失、ボラもそこそこ居たとの事でした。 タテバエでも釣果は有ったが、小さいとクチブトが居ないとかも。ミノコシは、数度の掛かりの悪さにグレ1尾になみだ。これ、カブリも言ってたなぁ。待って待って、仕掛け諸共持っていかれたって。シモヒラバエも、小さ目のグレだったと。 グレの動きが出て来た様子は感じますが、食いの浅さがあってる。また、フグの悪さも全体に広がって、釣り針10本は平気で盗られたりです。近日は、西風の影響を受けると思います。荷物を吹き飛ばされない様、ロープの用意も釣り師の心得でしょう。
<中潮>干潮(8:54/21:37)、満潮(3:48/14:25)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2020年2月4日(火)晴れ
マゴです、弁当船時にはヒダリマキだけ。最近の模様悪さに「替わっても」と、すかさず「居る」と指を下に指した。その後からの3尾の釣果(写真1)で、船着き場に移動して1尾の追加した。(これ交互にやってる) その間は、フグの”ハリス切り=針結び”を繰り返しでした。グレは大きくなく、肥えてて31〜33cmという型でした。私的には、ヒダリマキを好みます。 コウデは、朝方のポツリな釣果(写真2)を繰り返し4尾にした。ここも型は大きくなく、弁当船前から当りは止まり・・続く。ここでも”ハリス切りの=針結び”の連続があってました。なかなか調子良く続かないんですね。 トクスケマルバエも、弁当船時には釣れてない。どのハエもそうですが、・・なんての時が長く、針結びの時間もありのハリスがドンドン短くなり、釣り道具の消失を繰り返しています。トクスケはその後に3尾を釣り、マルバエもセーフ宣言でした。カブリも続かない釣果ながら、3尾をゲットしたものの、安くない釣りの様でした。 潮濁りが大分引いてきてます。フグの出現もイコールと、ボラも平行に見え出すでしょう。水温の安定化か小さく海面に白みを見せるのはムロアジ?、その倍のバシャってやってるのがサゴシ?でしょうね。所処でる”湧”を、船で追っかけてみました。 潮の流れは、午後から行方がみえなくなったり、プラスになる要素の少ない今時です。でも、今日の全員釣果に私的にニヤリとしています。
<若潮>干潮(7:02/20:37)、満潮(2:18/13:09)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年2月3日(月)晴れ曇り
ベタ凪の海面(写真1)、風景的には目に入りが良いだけで、これでは釣れ無いと日和替わりを願ってしまう。水温17.5度、見た目より早い上り潮でした。潮移動流に、二度の濁り明暗があったなぁ。日中の水温は17.9度に上昇してた。意外に早い上り潮だった。一番船の帰りが近づいて来たとこに55cmの真鯛を釣り、30cm+なイサキをポンポンと。弁当船ごろに当たった真鯛(写真2)は、潮の弱り出した時の30mもラインが出てなかったそうと。「もう一つ欲しかったな〜」と、狙い定めていたクロハエ東端でした。と、カブセ量を少なくした事を加えた。 三カ所でのグレ釣果は冴えなく、小型グレを釣ってたくらいの泣き泣き釣果。カブリでの”ライト底物”、弁当船時まで反応はゼロと、磯替わりを考えていたが留まる。その後だったと、にわかに竿反応が出るや55cm+の石鯛(写真3)ゲット!。お見事です。 2日の日曜日の釣果、もう代わり映えの無い具合でした。「釣れ無いねぇ」って、コグロで3尾とカブリで3尾だけの冴え見えなグレ釣果でした。また、フグのハリスきりが耳に入ってきてます。
<長潮>干潮(5:22/19:21)、満潮(0:15/11:53)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2020年2月1日(土)晴れ
緩い上り潮、水温変化は無いのだが、薄れて来た濁りは底ハエを薄く写しだした。(ヤバいぞ) しかし、昼の温さは何だ。今朝の冬らしい2度の気温が台無しやッ。 潮止まったと、コグロのは磯替わり。今朝の緩い上りは元気なしだ。 マゴの方が、クーラーに入いらないと。丁度に乗せていたクーラーに「入れろ」と指す。80cm型の平スズキです。「ほぉ〜」、立派です。幸先の悪さをスズキが消してくれた。以後、ポツリとグレ釣果はあったが、多くは無い。さて、オキノカブリはと、磯替わりです。まるで餌盗りが居無いとの事。「はぁぁ〜」と、肺の中を空にしたままコグロに向かう。 沖合に何隻かの居るのをみて、沖の様子はどうなんだろうと、見廻り船までグルリと様子見に出る。活発な鰯や小魚の群れは見えない。遠巻きに何か釣れているんではと釣り船を、らしくも見えないのです。ほんとポツリとしか魚群探知機に反応しか来ない。冬前まであれ程居たアジの群れも何処へやらです。陸ほどの良さも見当たらず、余計にへこむんです。見廻り船帰港のシモヒラバエ、よほどの悪さは言わず、30cmチョイのグレ2尾、内容もそんなに悪くは無いと。 ほんと久しくクジバエ。昼に2尾のグレを聞き、これはいけるかも。しかし、フグの編隊攻撃に数度も針結びを繰り返したそうです。結果(写真1)は良好にしましたが、釣り針の補充を先決。サラリの笑顔に、苦労を隠していました。 午後に追加をあり、何とかセーフの2尾もあり、9割釣果を結果にした。が、潮澄み分ボラの動きが目に良く入る。最後は上り潮でした。頼みの潮通りは、朝の時間から停止してたんです。 潮が澄み進むに、以前の”警戒心”が比例して来るでしょう。ボラの活発も同じく、サンノジの連発もあっていくでしょうね。そうそう、ヘダイを良く釣って居ます。毛嫌いされていますが、これ以外以上にイケテますよ。お試しあれ。
<小潮>干潮(3:47/16:51)、満潮(10:18/22:43)

志和・磯・釣果
写真1

2020年1月31日(金)晴れ
所処と言っても、まだまだの濁り潮。表面の濁りから、その下の蒼海のある潮色が一瞬見えた。17.4度の水温は上り潮だったが、徐々に強風に成った北風は、1時間もしたら上ってるかも解らなくなった。 前日にも濃い目の濁り潮は、幾分以上に釣り安さの助けに成ってる思います。ボラが居たところ居なかったところと、餌盗りが見えたと見えなかったとか。居る盗るに関わらず、全体的に”セーフ”から10尾のグレ釣果があった。カブリは駄目だったがね。 弁当船時のトクスケ、二人並んで”昼”をしていて、釣れ無いと手を振っていた。が、その後竿を持ち直して、50cmの石鯛とグレを釣っていた。その事をミノコシの底物釣り言ったら、迎え船がクロハエを過ぎた時に竿に異変が起きた。すーっ・すぅーと、音も無く竿元まで曲がって行く竿。最後に最後のウニに、50cm弱の石鯛(写真1)でした。粘りに粘って結果出しをした。 タテバエは3尾のグレ。マルバエは、丁度と言う時にボラが食って来ながら、小型と33cmのグレ3尾。 アカバエは、30cm足りなくも丸いグレ二桁。 コグロは風・風に疲れたと、裏表共に多くないグレ釣果でした。クロハエ東端も風受け。四目釣果の中にグレも。マゴの船着きは完全に風裏。ウキの当たりは全てグレだったと、10尾越のグレ釣果(写真2)。 決して多くないグレ釣果。ボラは所処にいて悪さはするも、何しろの濁りに見えないだけ集中出来てる状態でしょう。餌盗り多いと行ったハエもあり、感じ的にはいいと思いますね。強い北風の割には、先行な寒さでも無かった。濁り潮は”吉”としましょう。写真3の釣果は何処だったか?。
<小潮>干潮(3:15/15:57)、満潮(9:45/21:43)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2020年1月30日(木)晴れ
ウネリ波は残っている。濁りの方は、港を出たところで海面の白さで、底ハエが見えません。 水温17.5度、言った様に濁りはキツいです。上り潮は、機嫌良く流れていた。足洗一歩手前のウネリ波、迎え船時に弱りを見せたが、長い波長に濁り発生を続けていた。 「あ痛ぁ〜」、異常の濁りに乗船全員が思った事でしょう。でも、こんな状態に関わらず、以外に手が届く近くに獲物は居たりする事もあったり。 良いぞッカブリの二人。ルアーとワームに60cm迄の平スズキ4尾。と、60cm+かなぁなヒラマサを渡礁3時間弱に快調に決めていた。しかも、手近ポイントに完全に陸向けにも。此にグレも加え、しかも一人の方は35cm型なんですが、身厚な真ん丸い旨そうなグレ(写真1)をみせてくれた。 見せに見せてくれたカブリ。一人は弁当船時にトナリに移動、平スズキを追加にした。 タテバエは45cm超なグレ。 小型グレのミノコシは、帰り際にポンポンとセーフ。 マルバエでも丸グレ(写真2)。グレ尾数は少ないが、太めのヘダイの追加もあった。こんなに濁ってもボラは元気で、底からヌゥ〜何て見えだして、呼ばないのに喰ってきたりと。 コグロ、弁当船時に良型のグレを釣って「これよぉッ」に遭遇。しまった、釣ってるじゃん。知らずに釣れた後に船を着けたんです。「言ってよ」です。こんなシーン時は、こっちとか、後でとかな声掛けは有りですから。両面釣果有りでした。しかし、ボラは喰ってくる。 寒くなかった朝、ウネリと濁りに不安からの始まりでした。諦めずに、やってみようです。
<中潮>干潮(2:46/15:13)、満潮(9:17/20:57)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年1月25日(土)曇り雨
24日の海は、「もういいよっ」って位に治まったたのに。「まだまだ」なんて、もう春凪な穏やかさに成ってた。夕方、チョコットだけ磯をザワつかし出しだが。25日は波気と予想。 なんとなんと、南東からの深みの過ぎた波荒れの朝。マルバエなんか、希に来た足洗波に餌バッカンをひっくり返され、うかつにも全てを流されてしまったんです。小雨出航の水温18.3度、沖出しの潮はやがて止まるに向くんです。全磯的に荒かった朝、この時間帯に竿曲げ頻度があった。獲物的には、小さく「これェ!」と格段に良さを観せなかった。 クロハエ東端、帰港を待り構えたかに、「やったぜ!」と、タモ竿持ち上げ釣れたと真鯛を見せるのです。ヘダイとイサキにメイチダイと、二人交互に竿曲げをした。メイチダイは珍しいですねぇ。40cmはあって、キツウヲの様に身幅があったなぁ。食レポ待ってますからぁ。でもねこの潮は続かず、潮を探す様に仕掛けを飛ばし続けるが・・、途絶えました。 コグロは30cmグレ止まり。しかも、小さいとリリースした後に来たのは25cm型のグレばかり。希に来る潮浴び洗礼に竿を振るが、竿曲げも落ちていったのです。 トクスケは、ポツリと来ても小型の獲物。絵に描く竿曲がりは無いまま、波の音を聞き通した。ミノコシはサッパリ。タテバエは餌盗り?に直ぐ盗られ、俄然カブセ入れを続けるが、正体掴めぬままに餌切れと成ってしまった。午後に向け少しの波弱りはあったが、なんかごり押し出航な感じに「申し訳なし」です。迎え船には小雨の洗礼。ウエアーの潮流し程も降らず、此にもメリハリの無さか。予想外の波と雨、元気なのはボラでしたねぇ。
※27日の月曜日は私用に休みます。
<大潮>干潮(0:14/12:27)、満潮(7:01/18:00)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年1月22日(水)曇りのち雨
雨に成るらしく、曇りからの出航です。東方の波に船は揺れても、釣り安さの材料に繋がればです。水温18.8度、コグロは沖出しの流ですが、下り潮が正解でした。 コグロの表は磯替わりから始まった弁当船時。 空っぽのトクスケアカバエも磯替わり?。希にモアッて盛り上がって来る波にバッカン流されそう。3尾のグレ釣果あがりに、惜しい。地形的に盛り上がる波が有るんです。心配が、いい判断です。でも、もう一回言います。「実に惜しい」。そしてトナリに移動するが、クーラーの中身(写真1)は変わらずでした。 見廻り船帰港のタテバエ、当たった波が沖に出す潮出しに、10〜14mハエから離れたところがウキが「ス〜ッ」と、37cm迄のグレ5尾の釣果。手前に少目な餌盗り、ボラも居たが至って易く釣れたそうです。過去の情報からも、澄んだ潮の時は遠投ポイントに集中とか。警戒心の掛からないところに、ポイント置きですね。 コウデは、グルグルとボラの群れ。 反面シモヒラバエはボラは見えず、大きくは無いがグレをポツリと釣る。カブリは、グレ無しのサンノジとキツウヲ。コグロ裏は、朝の沖出しの潮に釣果を得ていた。(5尾・6尾だったっけ)  下り潮に変わってガラリと様替わった事を、弁当船時に言っていた。 19度から18度台に成った水温、平行した三日前から”浮きグレ”が見えだして来た。ボラの方も、釣り場から離れた様子も有りだし、決して言い切れる程でも無いんですがぁ。私的に、感じ良いのでは。 変にボラを嫌わず、澄切りの潮対策が一番かと。
21日の「窪田杯」の釣り大会は、釣果数が伸びないにも関わらず、熨斗袋の手渡しやら大歓声やらで、終始笑顔に終了しました。又のご利用お待ちしております。また、当日の計画が流れた方には申し訳なく、次回はうわ増しの案内を期待して下さい。
※27日の月曜日は私用に休みます。
<中潮>干潮(10:28/22:57)、満潮(5:11/15:53)

志和・磯・釣果
写真1

2020年1月20日(月)晴れ
出航前の「ゴォ〜〜、ゴォ〜〜」なんて低い磯波音。ウネリとは解っていても、昨日とは違う波音に??。チョウナバエを長く砕けもせず抜ける、低波高で波長の長いウネリです。バッカン盗っていく、危機感が低い厄介なウネリ波です。 水温18.8度の早めの上り潮は、内磯にも上りを通し、ウネリ波で発生した浜濁りを磯伝いに伸びている。日中の温さに平行して、若干の盛りを見せたこのウネリ波は、磯に”動き”過ぎを起こしたんです。 写真1は、弁当船時のオキノカブリの様子で、 カブリは確実に動き過ぎ状態でした。 トクスケのよっぽど釣れ無さに、「え〜?」なんて聞き返す。ほんと竿曲げが無かったたと、頭上からハンマー打ちされてしまった。他のハエは、通常通りのサンノジ・キツウヲとか。でも、全体的に釣れが悪かったんです。グレ1尾とか、小っちゃいのとかで冴えは見当たらず。見廻り船で帰港したマルバエコグロは、諦めを隠せない。が、コグロは最近よくあるイシダイを釣っていました。コグロ裏は、釣れ増しが濃く無く、40cm型のグレに30cm型ポツリと混ぜていたなぁ〜(写真2)。 強烈にボラの悪様は無かったし、そこかしこにジャンプも少なかって、「ぼらは?」と聞いた程でした。それと、今日は全体にフグのハリスきりが有り、食い渋りもあっていたんです。 蒼み掛かった潮色に成ったら、サワラの回遊が有ったんですがねぇ。ブリが釣れ出したとかな、活性揚がる声が聞こえく寂しい。しかし、温すぎです。 
※1月21日(火曜日)→「窪田杯」20名の釣り大会を受け入れました。
<若潮>干潮(8:01/21:15)、満潮(2:57/13:55)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年1月19日(日)晴れ
今朝も”足洗”の荒れ具合、元気に流れる上り潮は早いぞッ。朝の西風に、もう一寸静かに成るかと。昼の汗ばむ温さには、治まりなんか来る事なかった。でも、過ぎたくらいがいいかも。(写真1は朝日) クロハエ底物場からのルアーキャストに、70cm+のハマチ(写真2)をゲット。かわいそうな、”神経シメ”粗さまです。現場からの画像でした。本底物釣りの方は、音無しに終わったそうです。 マゴは荒いと同ハエ東端に移動。するや、40cm+の真ん丸グレ2尾(写真3)とサンノジ・サンノジ・サンノジ。移動した時がベスト、以後流れ角度が変わりサンノジに成って行ったそうです。1時間内の、スピード釣果にも驚き。 コグロの表は2尾のグレ。今日は裏に分が有ったみたいで、37cm迄の丸肥グレ揃い。7尾とか言ってたが、麻袋の中を覗いてもっと居たんじゃ。食いの悪さにバレも有り有り、ボラに悩まされ乍らもドッコイ。旨そう、旨そうなグレばかりでしたね。 トクスケは、再度再度の竿曲がりはサンノジとヘダイの連連発。マサカですけど、竿の腰が抜ける程だったとか。 グレ1尾、調子に乗りきれなかったシンバエミノコシ。好き勝手に泳ぐボラに、対応過ぎたのかな。感じ良い荒さは、ボラの他にも動きが好かったのかも。 結構、ハエの前で盛り上がってきたウネリ波。汗ばむくらいの温さでは仕方ないしか。予報では寒くなるとか言ってましたが。
※1月21日(火曜日)→「窪田杯」20名の釣り大会を受け入れました。
<長潮>干潮(6:31/20:06)、満潮(1:08/12:49)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2020年1月18日(土)晴れ
東からの足洗波は、もう一寸に落ち着ついていたらウキが見やすかったのに。これは、打開に向くか。 水温19.2度の早目な上り潮は元気。だが、打開かとの上り潮は、弁当船時のは「止まりそう〜」。 前日からの”北”からの風を予想、ハズレりゃ良いのに吹いて来やがった。不味いぞ、白波がチラリと見えだした。 ポツリと釣果有り、ボラは見えるが釣り場に・・・の弁当船。 タテバエは、これからの開始。ギュギュッ・ギュウーと、止まりそうな引きは「ンンッ・ンー」、なんて止めれないが現実。結局はバレたんですが。これ、最近各ハエにあるんです。イシダイかなぁ?って、声も揚がってるんですが・・。釣れてないだけに、なぞ。30cmチョイのグレ3尾、ボラの引きもあって、竿曲がりはあったそうです。 波と風で荒そうなカブリ。これ位でいいかもと、一寸小型部類のグレ7尾。北側は出来なかったと。 トクスケ、陸の方でボラのジャンプを観ながら、下り潮に西側に移動。33cm型のグレ3尾の釣果(写真1)。ボラの邪魔も有り、船着き側はフグが居たと言っていた。コグロは、早目の上りに翻弄もあったが、30cm+型のグレ3尾(写真2)を表側。しかし、浅掛かりか、シブリか、手応え直ぐに連続バレに巡る。遅くに、待て待てと手を替えてみるがバラるんです。裏側はボラを相手に、疲労隠せれず。 打開要素は、確かにあったです。でも、ボラまで活性がアップに成っちゃったみたい。たぶん、波は明日も残ると予想。ある面、助けに成ればです。
※1月21日(火曜日)→「窪田杯」20名の釣り大会を受け入れました。
<小潮>干潮(5:21/18:45)、満潮(11:49/--:--)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年1月16日(木)曇り
相も変わらずだった15日。ピタリと動きを見せなかった潮の流れは、朝の18度台の水温を維持し続けた。16日の朝、港を出て水温の変化に「!」。明らかに19.3度の上り潮、内磯に行ってもこの水温が喜ばしい。まる一日のオキノカブリの渡礁が可能だった波状況には、いささか諦めが先立った。磯替わりもあったが、活性の程は前日には無い良さを見せてくれたが。そう簡単に、グレ釣果に結ばなかったのです。しかし、曇ったら風まで冷たく感じ、ふつふつ湧く気を起こさなかったのか。 ミノコシトクスケコグロは、3尾のグレ釣果と。 (写真1はミノコシの釣果)と言っても、良型揃いとは成らず、小型混じりが今の状況を表してます。 アカバエは生命反応ゼロ→ミツバエ移動。釣れたの?と、笑いながら開くて開けてくれたクーラーの中身(写真2)。黒一色とは違い、色とりどりで良いでしょ。私的には好きですねぇ。 その通り。好転には遠く及ばなくても、”好点”の多さは確実いあっても、3ハエから”グレボウス”宣言が出てました。ボラに関しては「居なかった」も聞き、沖合に帯状に(産卵?)見えていました。活性に関しては、フグのハリス切りがワレバエ周辺に有り、一袋も釣り針を使ってしまったとの声有り。一波・二波と、打開が欲しいところです。
17日は寒い雨、出航は無いです。
※1月21日(火曜日)→「窪田杯」20名の釣り大会を受け入れました。
<小潮>干潮(3:40/16:18)、満潮(10:14/22:07)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年1月14日(火)曇り雨
今朝も低温からの出航でしたが、弁当船時に吹き出した北東風がやたらと寒かった。油を浮かした様な海面。18.7度の潮は、ボラの尾鰭がかいたよりも動かなかった。 何投目のスーッとな引き込み、竿に完全にのり切る前にバレてしまったミノコシの底物。変わらぬガキの餌消費は続き、弁当船過ぎた頃合いに56cmの石鯛(写真1)。50個のウニ餌使い切り、ガキもプラスして名誉挽回です。クロハエも底物でしたが、餌盗り有るものの、”ボウズ”照り照りに終わったのです。 シンバエからコウデに磯替わり、替わらぬボラの形勢に諦めを止まず、37cm迄のグレ2尾をゲット。容易く無しの賜物に、シビれてもいいでしょう。 コグロもそこらにボラ、最後の最後に35cm型に小グレを加えセーフ。「疲れるわぁ〜」。 計4ハエだけの情報量、悪し気もある中の釣果は立派です。此と言って、釣果に結ぶ得は無い。どうせなら、”荒れ”が有った方が良いのでは。釣れ無いときの寒さは、確実に体が覚えてしまいますよねぇ〜。せめて、陽射だけは浴びたい。10分遅れの迎え船、雨にあってしまった。
※1月21日(火曜日)→「窪田杯」20名の釣り大会を受け入れました。
<中潮>干潮(2:13/14:31)、満潮(8:53/20:14)

志和・磯・釣果
写真1

2020年1月13日(月)晴れ
気温2度からの出航、一様に上ってるよなぁ?。昨日よりもまだ弱いウネリ波に、もっとあっても良いのに。釣果上がりの弱い現状に、打開にも足りないよぉ。 クロハエから、「青物を釣ったのでクーラーを持って来て」と、威勢のいい一報に、昨日の事もあって「また来るかもねぇ〜」と返した。 弁当船時の返答は、1尾とかなグレ釣果が続いた。ボラの多く無いの返答に、少し気を良くしたのですが・・。この弁当船前からの北西風。此ですよ!、冬本番の季節風。がぁ、吹き回していてもこの風ちっとも寒くないんです。 さて、クロハエの青物は”ブリ”と言ってもな大きさの獲物。頭が小さく見える、結構な丸さの魚体にニンマリです。なんと1時間の引き合いをしたとか。これに、サンノジとグレを2尾(写真1)。この釣果にはおまけ付き。この後に来た当たりは、この魚二尾分あったかなの、”超”をこえる剛引き。ドラック音は止む事無く、下糸が見えだし間もなく「パーン」と、空っぽのスプールに成った。 しかししかし、午後からのボラは、これを否も無く凄かったと。 迎え船、トクスケからクロハエに寄るの連れ、仕切りとボラの泳ぐ姿が増して来たのです。北西の吹き回しは、釣り難さに部寄りしていました。弁当船後からの釣果は、各ハエ無かったと訴えていた。 ふぅ〜ん、辛いです。 澄みきりの潮に、竿向きを替えたりとか、遠投のワンポイントとか、とか・とか。此処に来ても、一向に潮色が替わる素振りもないんです。 渡礁して1時間カブセを控えては?もう、何でも言っちゃいますよ。
※志和磯釣りファンの皆様、今年より土曜・日曜以外に”釣り大会”を限定に御受け入れします。
<中潮>干潮(1:30/13:46)、満潮(8:14/19:26)

志和・磯・釣果
写真1

2020年1月12日(日)曇り
霧状の雨粒?、「傘の出番です」な予想外な雨は、8時迄には弱まり曇りの空に。 水温18.8度の澄んだ潮は、「沖出しの上り潮ですよねぇ〜?」、そんな感じの潮はその内に???と、弱いですがウネリ波です。波長が長いので結構に磯を動かしていた。 朝にも「何か?」っておもた、弁当船時に「ボラ」とは言って来なかった。(いやぁ!チャ〜ンと居るんですよ) 手を振るも居たが、釣れていた様子も聞こえて来たのに、コンコンと小さく首を縦に。 クロハエ東端から、現地から画像は一投目。この真鯛(写真1)、身厚に55cm楽の身構えでした。しかし、二投目にはこの潮は無くなったんです。その後、暫くして来たのが青物。足元に見えるでは、黄色い尾ヒレを確認した時に「ヒットぉ〜」。真っ直ぐに沖走りに「しめた」、この辺でと止めたライから「プツッ」と手元に伝わって来たのです。最初のヒットは根ズレにバレ、ハリスを一段上げたが・・、敢えなく。一時の騒ぎに消えた。 見廻り船帰港のトナリからは「サンノジ!」と、チョロリと小型グレ・・。マルバエは40cm+のグレ(写真2)と、「肝も喰うでぇ」と丸ハゲ2尾を追加。イガミは味噌煮かな。視界に数尾も居ないボラ、精神的な釣り安さもあったみたいです。 カブリは45cm型の石鯛を混ぜたグレ釣果。マズマズの餌盗りに好感と、ボラの少なさも言っていた。コウデは37cm迄のグレ3尾、サンノジの連発には参ったと。ミノコシも35cm迄のグレと、裏面での獲れなかった?・?・?。トナリは小型グレ、トクスケはサンノジ連発、クジバエも。マゴの船着きもボラは少ない。37cm迄のグレ3尾とサンノジ・・・。コグロは、スマガツヲ(写真3)とグレ。裏面でも、少なかったがグレ釣果あり。 良い事に、釣り場のボラの少なさに辛抱にも耐え安かった様です。此に潮通しが続いたらと、迎え船時のウネリ波は磯を白くしていた。昨日の急な休み、キャンセルに成られた方には、申し訳なしです。
※志和磯釣りファンの皆様、今年より土曜・日曜以外に”釣り大会”を限定に御受け入れします。

<中潮>干潮(0:48/13:04)、満潮(7:34/18:41)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2020年1月10日(金)晴れ
18.9度の上りの潮は、止まる様に→また遅くも流だした。が、9時前から吹き出した北風とオオラ波に、?はてぇ〜と戻る動きの”ウキ”。 今日のグレ釣果は冴えが無い。ボラの動きがやたらと目に入り、餌盗りも一寸過ぎる程に多く居たハエもあった。でも、一番悪いのは北風ですよ。この北風にも温さを大いに感じ、「らしくないね〜」と「春やねぇ」とか、グレ釣りしてるのにですよぅ。マルバエからカブリに磯替わり、小さめのグレだけだったと。サンノジとボラの元気さに、もう参った。シモヒラバエは何とか2尾のグレ。コウデは小さいと、ボラの苦戦を言っていた。 トクスケも2尾のグレ、ヘダイとサンノジ。途中磯替わりのクジバエは、渡礁直ぐに2尾来たぁ。後に続かずやっと追加を得たそうでした。 マゴの船着きは4?cmのグレ(写真1)、「小さいよ」とタカノハダイ。昨日は居なかったボラ、今日はグルグル居たそうです。 コグロはキツウヲのリクエストがあったそうで、30cm弱のグレを2尾(写真2)加えた。同ハエ裏側はまるで駄目と、二週続きをぼやいてました。 カブリトクスケの底物は餌盗りが悪く、やっぱりこの風は宜しくないと。根切りに終わった様でした。
※明日は急用発生のため、船休みとします。次回に期待して下さい。
※志和磯釣りファンの皆様、今年より土曜・日曜以外に”釣り大会”を限定に御受け入れします。
<大潮>干潮(11:43/--:--)、満潮(6:15/17:15)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年1月9日(木)晴れ
未だ、明るく成って得ない海上に船を出す。緩い西風の波無し状態、水面から一寸出ているワレバエ、とんでクジバエ(写真1)に無事渡礁。水温18.9度の早く無い上り潮は、弁当船には下りに替わって行った。日中は断続的に強目に吹き出すが、遣りにくい迄にはなかったね。 問題はボラの対応か、グルグル視野内に動き回るから目障りい目障り。弁当船時のワレバエ、「いいから、来るな」と手を振った。コグロ表には一寸近すぎてしまったが、「5」と返って来たのに、ンッ!と拳を握った。クジバエに弁当渡し、ここは「4」と返ってきた。すかさずフグが居るかと、「居る」と帰って来た。四人目の上物釣りのマルバエ、釣れ無いとクロハエ裏の船着きに磯替わりです。 a href="index.html#koude" target="_blank">コウデの底物釣り、餌盗りも”芯”まで盗り順繰りな盗り具合。テス3尾に終わったが、私的には好感持てると。ミノコシは、1投目から変に当たって来る。早目な餌盗りと50個のウニを消費尽くした。クロハエの餌盗りは悪かったねぇ。最後に60cm型のコロダイが竿を曲げた。 クジバエの結果は40cmは居なかったが、「良かった・好かった」とクーラーのハンドルが撓んでた。ワレバエ、ここも40cm型は居なかったが、マズマズの釣果数(写真2)にいい顔を見せてくれた。ボラはチャンと居たと、順調な釣れに目が行かなかったみたいです。 コグロの表も中々釣果(写真3)。小型寄りのグレから、37cm迄のグレに真ん丸グレの居た。なんか、下潮に替わってからの方が良かったみたいです。 マゴの船着きは、ボラに目が行った感じですね。グレには届かずと言った所です。最後まで波無しの海に、集中力に欠けも無かったのか。
※11日の土曜日、急用が掛かって来てるので出航成らないかも。明日に答えが返せれると思います。
※志和磯釣りファンの皆様、今年より土曜・日曜以外に”釣り大会”を限定に御受け入れします。
<大潮>干潮(11:02/23:26)、満潮(3:35/16:34)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2020年1月7日(火)曇り
8日今朝、予想よりも弱い南からの波模様に、来た来た!。静かだった朝は、突如と強風の様に変わったが、気温上昇に此”春一番”な気も無いのでは・・・。 さてと。東からの波ですが、マゴ渡礁に「どぉ〜ぞ」と示してくれた。1mmの10分の1位な雨粒を感じ、暗くない空の一日。水温19.8度の上り潮(カブリは下り)に、所処でボラが尾びれで海面を浮かし存在をアピールしている。(此にグレの同調も) 迎え船には、明日の予想を裏腹に凪海に成っていました。 三カ所だけの渡礁。コグロ表は、もうボラだらけと過言ではから、37cm迄のグレを3尾(写真1)。しかし、しかも真ん丸い魚体は今晩の食卓に並ぶんでしょう。苦しい返答はあったが、その中から抜粋出来たグレは、もう一工夫で増釣果が可能ではと、傍目。裏場の情報があったら、また違う結果があったり。 対面のクロハエ裏とマゴは、40cm迄のグレ3尾の結果。ここにはボラの存在は薄かったんですが、サンノジの連発は二桁二段目まで来たそうです。敵はボラのあらず、一時の早い流には竿向きも替わったんです。 カブリはキツウヲの連発に、「釣れん!」の一言。北面でも竿振りも同魚、浮きグレは見えなかったとテンション落ち落ち。こんな時にパーッと陽指しあったら、一変のシーン変も無きに成らずですが〜。 8日10時現在、断続的に西系の強風のさらされ、南からの波はまだ磯に砕いています。
<中潮>干潮(9:24/22:05)、満潮(4:05/15:11)

志和・磯・釣果
写真1

2020年1月6日(月)晴れ曇り
点呼に、遅刻から始まった。行き先はうろ覚え、定員さえ数えれず、波にオロオロの磯づけの船頭でした。情けない。 早めの上り潮、水温18.9度からの始まり。それよりも、この波何だ。明日に来る、日和替わりには速過ぎだ。この波助けに成るかもは、悉く打ち砕かれてしまった。弁当船時のエボシはボラだらけ、ワレバエは魚気無し、アカバエも生命反応ゼロで磯替わり。全体に餌を盗られないし、小魚の少なさも各ハエから言って来た。 因みに、小魚も居ないと漁師さんからも愚痴っていたし。極端、台風で死んだとかな声もあがっています。 今日は1尾のグレ釣果で好し!。コグロ裏では5尾の応答。沖の夜釣りは、37cm迄のグレを5尾に、三目を加える釣果。餌盗りも居たとは、驚きです。トナリでも感じ良い返答。マゴではイサキとヘダイ(写真1)。しかし、朝の釣果だけに終わった様で、潮の速すぎと餌盗りも悪かったとか。各ハエ、条件の悪さにめげず、諦めない竿振りに貴重な釣果を得ていました。写真2は弁当船後の帰りの様子です。 もう、どのハエで釣れるとか、その逆とかも、明日は何て→何処って予想出来ない状況ですね。ボラが居るからと、あえてその中からグレを釣ったとか。渡礁まれなハエでのグレ釣果、裏場とか全然陸の方での竿だしでゲット。駄目じゃ無く、何事にもプラス思考の行動ですね。
<中潮>干潮(8:16/21:22)、満潮(3:01/14:24)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年1月5日(日)晴れ
弁当船時、「どぅ〜?」の返答に、ゼロ対イチ以上に返って来たのにモチベーション下がってぇ。いやぁ、全然と釣れてないって言う訳でわぁ。んん、不意にパンチを食らった感じです。 弁当船前、冷えた風に→北からの風です。良くない風です。その通り、見廻り船には調子良く波って来たのです。この風と平行して来たのがボラの”ジャンプ”で、もうドッポンドッポン。100m沖からクロハエに寄り、トクスケカブリ間の竿先下にもグルグル・ドッポンドッポンのボラ。「参ったなぁ」と、各ハエからの声あがりです。 コグロは、午後からも釣果あったが、弁当船前に大半の釣果。表側は、尾数は少なかったも40cm型のグレ(写真1)は居た。裏側は、小振りを交えて数を稼いでいた(写真2)。早まった上り潮に、思いっきり遠くに流してゲット有りと。釣りポイントに接近したボラの影響は、裏・表と言わず決して大きかったでしょう。 ミノコシには久しく好を観た。弁当船時に大方の釣果を得てたと、小型から40cmに近いグレを4尾プラスα掛け2に釣れ、釣り場模様も良かったと。トクスケは駄目と、トナリは、フグにハリス切りと喰って来たりとサンノジ。ミミツバエは何とかのグレ釣果。カブリは、北面の山手移動にプラス釣果得てた。オキノカブリは、リリース含めると二桁強と強気に発言。磯替わりの二名はと、ボラの影響モロ貰ったようで、暗い磯模様に白旗。釣れてると、無いところにクッキリ暗明。安定の無さが有り有りです。 朝の水温18.9度、上り潮が速まった弁当船後の19.4度との水温差。伴うボラのジャンプは、釣り側にしても良い環境ハズでしたがねぇ。私的には、北の風が一番面白く無かったぁ。
<若潮>干潮(6:53/20:32)、満潮(1:29/13:32)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2020年1月4日(土)晴れ
2020年はオリンピックイヤー。とか、身辺的には蚊帳の外みたいで・・・。さてさて、ここはそんな事よりもっと身近な話しに。釣り場の環境としては、ブログ休みから1度の水温落ちを見せています。昨日の上り潮は、お昼過ぎた当たりから流がストップに向き、今朝はもう止まりを見せていた水温19.3度の潮。そして、低下と伴い”オリ潮”の確認も。強い寒さに無い朝、異常の温さは磯から返ったところで限界に達す。 ブログ休み中は、釣れるかもな様子は見事に打ち砕かれていて、かと数尾まで釣果を得た事もあった。でも、昨日は全体的に1尾2尾とかとあって、何かしらに竿を曲げる頻度もあがっていたんです。模様的に悪かったトクスケ、ズッと餌を盗られない状態でしたが、2尾のグレ釣果にプラスもあったそうで。グレボウズのハエが、さてぇ〜と数えなかった出来でした。 シモヒラバエトナリは4尾のグレに+α、苦戦のマルバエは後にプラスしていたし。クロハエ東端は70cm越のハマチ(写真1)に40cm型のグレ。クジバエは、グレよりもヘダイが釣果増し。  コグロはグレ6尾(写真2)、3人合わせて・・。14時当たりから浮きグレが見えだし、延長を希望して来た。黄昏時にもグレは其処此処に見えたが、もうこの時期まえから餌は盗らない終了体勢タイム。 ゼロか1尾の大苦戦のグレ釣果から、今日は全然良い釣り場模様でした。しかし、明確に”釣れる”なんては未だなんでしょうね。ボラが数を増し、その内に我が顔に磯を占領して来る事でしょう。それに、異常な温さに”寒グレ”な感じがないんですねぇ。
<長潮>干潮(5:36/19:29)、満潮(12:34/--:--)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2