満天土佐イメージ
高知県中西部・観光総合案内

観光総合案内

高知県中西部(須崎市・中土佐町・津野町・梼原町・四万十町)の観光


高知県中西部エリア・マップ 高知県中西部に位置する高幡(こうばん)地域は、須崎市中土佐町津野町梼原町四万十町の5つの市・町で構成されています。高知県中西部は、自然豊かな地域で太平洋)、四国カルスト)、四万十川新荘川など)に関する多くの観光資源に恵まれています。

黒潮流れる太平洋岸に接する高知県中西部の須崎市中土佐町四万十町は、岩礁地帯の多い沿岸部を有し、豊富な魚介類に恵まれています。また景観としても、風光明媚なリアス式海岸で知られる須崎市の『横波半島』、鬼ヶ島の伝説で有名な中土佐町の『双名島』(土佐十景)や東西約2Kmに及ぶ白砂青松海岸の四万十町『小室の浜』(土佐十景)など多くの観光資源があります。

日本三大清流の一つに数えられ日本最後の清流と言われる『四万十川』は、全長196kmの四国最長河川です。その清流・四万十川は、高知県中西部の津野町不入山を源流点とし、中土佐町大野見や四万十町エリアを大きく蛇行しながら県西部の太平洋岸に注ぎ込んでいます。また津野町から須崎市を流れる清流『新荘川』は、ニホンカワウソの生息が最後に確認された川として有名です。

日本三大カルストの一つ『四国カルスト』の東側に位置する『天狗高原』は、高知県中西部の津野町および梼原町のエリア内にあり、眼下に拡がる大パノラマの絶景や、春夏秋冬・四季折々の景観が愉しめます。

【満天土佐】高知県中西部・観光マップ

須崎市・観光マップ 高知県中西部地域(高幡地域)の中核都市である須崎市は、ニホンカワウソの生息が最後に確認された清流・新荘川が流れ、風光明媚なリアス式海岸横浪半島を有する。温暖な気候に恵まれ、ハウス園芸や日本一の生産量を誇るミョウガ、土佐文旦やポンカンなどの柑橘類の栽培が盛んである。また良港・須崎港を持ち鯛やハマチの養殖も活発である。市のマスコットキャラクター「しんじょう君」、「鍋焼きラーメン」、「めじか祭り」などでも有名。


中土佐町・観光マップ 中土佐町は、太平洋に面した3つの漁師町「久礼」、「上ノ加江」、「矢井賀」と、日本最後の清流・四万十川の上流域にある「大野見地区」で構成される。「久礼の漁師町」と「四万十川上流域の農山村」は、共に国の重要文化的景観に選定された。総じて開放的な町民性で、県内外より多くの観光客が訪れる。「かつお祭り」や「久礼八幡宮秋季大祭」などのイベント、新鮮な魚介類の「久礼大正町市場」、太平洋を一望できる宿泊施設「黒潮本陣」などで知られる町。

津野町・観光マップ 津野町は、四国カルスト『天狗高原』や日本最後の清流『四万十川』の源流点、ニホンカワウソの生息が最後に確認された清流・新荘川の上流部を有する自然豊かな町である。また土佐の神楽の一つ「津野山古式神楽」や維新の英雄・坂本龍馬脱藩の道(朽木峠越え)など伝統文化・歴史においても注目される町である。近年は、恵まれた大自然をエネルギーに変換する風力発電施設を稼動し、「風の里公園」として新たな観光資源を確立中である。

梼原町・観光マップ 梼原町は、日本最後の清流四万十川の源流域に位置し、清々しい高原の四国カルスト県立自然公園を有する「雲の上のまち」である。「千枚田」など四季折々の変化に富んだ景観と、千百余年にわたり舞い継がれてきた「津野山神楽」など独特の文化・伝統を持つ町。梼原町の魅力を凝縮した自然体験施設「太郎川公園」や、幕末の英雄・坂本龍馬ゆかりの「坂本龍馬脱藩の道」、「維新の門・八志士の群像」、「龍馬脱藩マラソン大会」などで県内外に知られる。

四万十町・観光マップ 四万十町は、まちの中心を日本最後の清流・四万十川がとうとうと流れ、周辺は肥沃な高南台地を形成し農業・酪農が盛んな町である。また東西約2kmに及ぶ美しい白砂青松の渚も有する山・川・海の自然豊かな町である。「松葉川温泉」など多くの温泉宿泊施設があり、また世界的にも有名な海洋堂門外不出のプラモデルコレクションや最新フィギュアなどを大量に展示したユニークなミュージアム『"海洋堂ホビー館四万十』など観光資源も豊富な町である。