満天土佐イメージ

久礼八幡宮秋の大祭(おなばれ)



 探検隊ルポ★Vol.27 中土佐町の久礼八幡宮で2009年に開催された秋の大祭
Vol.27探検日 H21.10.03 PM3:15〜PM4:20】
土佐の三大祭りのひとつに数えられる「久礼八幡宮秋の大祭」の最終日、御神幸(おなばれ)が行われ、この伝統祭を見ようと、県内外から多くの見物客が訪れていました。前日の雨天とは打って変わり青空が広がり、絶好のお祭り日和です。開催日は旧暦の8月14日・15日に合わせて開催しているので、今年は例年より少し遅めの10月開催となりました。天狗の面をつけたり、舞をしたりするのには涼しくなった今の時期が良さそうですね。

県内外からの見物客でにぎわう
県内外からの見物客でにぎわう

お祭り最終日

10月3日(土)最終日は御神幸(おなばれ)です。
久礼八幡宮に到着すると、ドンドンと大きな太鼓音とともに太鼓同士をぶつけ合う「けんか太鼓」。
大勢の人だかりの中で行われており、迫力満点でした。
くれはち 太鼓台
太鼓が移動するのについていくと、ふるさと海岸で海に向かっての神事が粛々と行われていました。ふるさと海岸に設置された浜宮の中で、数人の巫女さんが舞いながら回っており、その前を天狗が警備しているようでした。神事の途中で何度か舞われる天狗の舞いも軽やかな舞いで見事でした。天狗はやはり人気者で、つぎつぎと記念撮影を求める人が訪れていました。しかし、その迫力あるお面に小さな子供は号泣です。
くれ八 神事


神事の前で舞われている天狗の舞い

くれ八 浜
くれ八 天狗
くれ八 天狗の舞
くれ八 神事
くれ八 浜
くれ八 天狗
くれ八 天狗の舞
くれ八 神事
1時間程の神事が終わると、ほら貝の音を合図に、竹練りや神輿、太鼓が行列をなして本殿へと入殿し、祭りは無事終了となりました。
今年は、2日(金)が雨天のため花火大会が3日(土)に延期になっており、最終日の3日夜8時から花火が打ち上げられ、秋の夜空を七色に染めてくれました。
来年も豊漁・豊作の1年になりますように・・・