満天土佐イメージ
サーフィン・サーフポイント

サーフィン Surfing

高知県中西部のサーフ・ポイント情報


動画素材・映像素材のピクスタ


高知県中西部に位置する中土佐町サーフ・ポイントを紹介しています。マップ四国・サーフポイント中土佐ここ高知県には東部の生見、尾崎、また西部の入野、双海、平野など有名なサーフ・ポイントが多くあり、関西方面からのサーファーも多数訪れますが、混み合うサーフ・ポイントを避けてサーフィンしたい方、あるいはビギナーの練習用などにお勧めのサーフ・ポイントが高知県の中土佐町にあります。

中土佐町のサーフポイント
久礼・大野サーフポイント
上ノ加江サーフポイント
矢井賀サーフポイント
この中土佐町には、久礼大野矢井賀上ノ加江の3つのサーフ・ポイントがあり、その中で久礼・大野のサーフ・ポイントはローカルながらも関西や東京辺りからもサーファーが訪れています。高知自動車道を利用して、高知市内から1時間以内というアクセスの良さも魅力の一つでしょう。 中土佐町のサーフ・ポイントの近くの宿泊施設としては、全客室より太平洋を一望できる鰹の國の湯宿『黒潮本陣』、また矢井賀のサーフ・ポイント近くには一般の車の方も利用可能なバイク・ライダー用宿泊施設である「ライダーズイン中土佐」などがあります。グループでマリンスポーツを楽しまれたい方には、上ノ加江・磯釣り矢井賀・釣りイカダ久礼・磯釣りなどサーフ・ポイント近くに本格的な海釣り・磯釣りスポットがあります。


アイコン・サーファー 久礼・大野サーフ・ポイント

マップ久礼・大野サーフポイント 久礼にある大野サーフ・ポイントは、北方向の岸側に大野浜(砂浜)を控え、南方向の沖側に太平洋・土佐湾を望む地形になっており、高知県で最もポピュラーなビーチ・ブレイクと言われています。



久礼・大野・サーフポイント
【 久礼・大野サーフポイント 】

また、サーフ・ポイントの西側(砂浜から見て右手)には、土佐十景の一つに数えられ鬼ヶ島伝説でも有名な双名島ふたなじま)に連なる岩場があり、東側(砂浜から見て左手)は大野岬の岩場が突き出しています。

なお県内屈指のビーチ・ブレイクとは言え、ここに掲載のサーフ・ポイントの写真からは分かりにくいですが、大野浜の砂地は沖までは続いておらず海底は岩盤であり、完全なビーチ・ブレイクではなくリーフ・ブレイクの領域が存在しています。よって、比較的イージーなサーフ・ポイントながらビギナーの方はリーフに要注意です。サーファーの話では、久礼・大野サーフ・ポイントは『大きいサイズの波は少ないが、地形的に風の影響を受けにくく、比較的きれいにブレイクできる』そうです。よってビギナー・サーファーが練習するには最適なサーフスポットの一つかも知れません。ただし、サーフィンできる場所はそんなに広くないので、サーファーの多い日の練習は避けた方が無難なようです。それと過去にウニに刺されたサーファーもいるそうですので、岩場だけでなくウニの存在にも要注意(^_^;)

また大野サーフ・ポイントは、他のサーフ・ポイントが風・波などでクローズしたような場合に役立つサーフ・ポイントの一つにもなっているようです。設備の方はと言えば、シャワー設備(簡易なもの3つ)付きトイレ小屋(男女別、トイレット・ペーパーは無し)があります。駐車場も無料の比較的広い場所が2ヶ所あり、ほとんどの場合余裕があるでしょう。それから、休憩用小屋(廃車を活用したもの)や自動販売機(2台)も直ぐ近くにあり便利です。




【 久礼・大野サーフポイントのサーファー 】
【 久礼・大野サーフポイントのサーファー 】
【 久礼・大野サーフポイントのサーファー 】
【 久礼・大野サーフポイントのサーファー 】
【 久礼・大野サーフポイントのサーファー 】
【 久礼・大野サーフポイントのサーファー 】


【 久礼・大野サーフポイントのサーファー 】
【 久礼・大野サーフポイント 】
【 久礼・大野サーフポイント 】
【 久礼・大野サーフポイント 】
【 久礼・大野サーフポイント 】
【 久礼・大野サーフポイント 】


アイコン・サーファー 矢井賀サーフ・ポイント

矢井賀サーフ・ポイントは中土佐町久礼より車で20分程度の場所にあります。R25号線を走り上ノ加江を経て曲がりくねった山道を抜ければ直線道路が現れ、その遠景には太平洋の海原が見えます。この海岸沿いに矢井賀サーフ・ポイントがあり、北に小矢井賀の浜、南に矢井賀漁港、西に海岸道路(R25)沿いの岩場、東の沖側は遠くに釣りイカダが浮かぶ太平洋の配置になります。

矢井賀サーフポイント・マップ
【 矢井賀サーフポイント 】

矢井賀サーフ・ポイントは典型的なリーフ・ブレイクで、砂浜のある小矢井賀の浜からは少し南寄りの岩礁地帯にあります。このポイントは下方の写真の波からも分かるように、東からのうねり波が西側の岸に向かって進んだ後、左方向(南側)にブレイクする、いわゆるグーフィー・ポイントとなっています。

このサーフ・ポイントは、ローカルのマイナーなサーフ・ポイントでもあり、また場所も狭く時々数人のサーファー(地元サーファーか?)がいる程度です。しかし、地形的にサーフィンに適した波質の波が発生しやすいのか、写真のような波は年間を通じてかなりの頻度で起きています。

ここは、久礼・大野サーフ・ポイントのような専用設備はありませんが、近くの矢井賀漁村公園内に駐車場、トイレ、水飲み場、自動販売機が有ります。また近くに一般の車の方も利用可能なバイク・ライダー用宿泊施設である「ライダーズイン中土佐」があり、低料金での宿泊も可能です。その他、近くにはグレ(メジナ)・イシダイ・シマアジ・イサギなどの大物が狙える釣りイカダ「矢井賀観光釣りイカダ」もあり、グループでのマリンスポーツも可能です。


【 矢井賀サーフポイントのサーファー 】
【 矢井賀サーフポイントのサーファー 】
【 矢井賀サーフポイントのサーファー 】
【 矢井賀サーフポイントのサーファー 】
【 矢井賀サーフポイントのサーファー 】
【 矢井賀サーフポイントのサーファー 】

アイコン・サーファー 上ノ加江サーフ・ポイント

上ノ加江サーフポイント・マップ
【 上ノ加江サーフポイント 】
写真素材のピクスタ

上ノ加江サーフ・ポイントは、中土佐町久礼からR25号線を車で数分の所にあり、地形的には北〜東が太平洋・土佐湾、東〜南が加江崎・防波堤、西が上ノ加江港となっています。この上ノ加江サーフ・ポイントは、砂地は存在せずリーフに分類され、東からのうねり波が右方向(北西)にブレイクする、いわゆるレギュラー・ポイントになっています。ここも矢井賀サーフポイント同様、ローカルのマイナーなサーフ・ポイントで、主に台風時などで久礼・大野サーフ・ポイントがクローズ・アウトされている場合に利用されているようです。

設備の方はと言えば、駐車用の広場(土の状態)はありますが、トイレなどは近くに見あたりません。その他、この上ノ加江サーフ・ポイントの周辺は、高知県内でも有数の磯釣り場が多くあり、シーズンには県内外の釣り客が大勢訪れます。


アイコン・サーファー サーフィンの連続写真
このコーナーでは、高知・中西部のサーフ・ポイントにおけるサーフィンの様子を連続写真で紹介しています。各写真をクリックすると連続写真のページへ飛びます。