満天土佐イメージ

下津井めがね橋

四万十町 下津井めがね橋

 四万十町大正にある高知県近代化遺産下津井めがね橋」に関するページです。

美しい曲線のアーチ型森林鉄道橋遺産

四万十町でも指折りの観光スポット「下津井めがね橋」。アーチ型のこの橋はその形から通称「めがね橋下津井めがね橋」として親しまれていますが、正式名は「佐川橋」だそうです。林業が盛んだったこの地域では、昭和19年から森林鉄道の橋として利用されていたそうです。今でもその美しい曲線で、観光客を魅了しています。また、大自然に囲まれた橋は、(つた)に覆われていて、周りの自然と一体化しているほど馴染んでいます。この下津井めがね橋は、高知県近代化遺産にもなっています。

 めがね橋は昭和16年〜19年のダム建設での軌道の敷設替により電力側で建設した物で、もとの軌道は橋脚部を通っていた。橋の完成は昭和19年と思われる。高さは約20m、橋の幅は2mほどである。この橋は当時の橋としては営林署の最高の土木技術を駆使して作り上げられた自慢の橋であったので、その美しい景観は町民の人々の誇りであり、親しみを込めてめがね橋と呼ばれている。(案内板より引用)
 遊歩道として整備されているので、橋の上を歩く事も出来ます。現在でも観光スポットとして、多くの方が訪れます。この辺りは蛍の里ともいわれているので、ホタルの時期を狙うのも良いかもしれません。めがね橋以外も周辺散策したい方には、ウォーキングトレイルがおすすめです。 ウォーキングトレイルとは・・・昭和初期に建設された津賀ダム湖畔に位置し、森林鉄道として活躍した軌道敷跡を利用した遊歩道。約7qのウォーキングコース。途中トイレ・休憩所あり。


旧大正林道佐川橋
 佐川橋(通称メガネ橋)は、佐川山梼原川に合流する地点に架橋された旧大正林道の鉄道橋です。
 梼原川流域は、明治期から昭和期にかけて官材の伐採が盛んで、佐川橋のある下津井周辺でも、藩政期の御留山を基盤に国有林事業が展開されてきました。
 そのような中でこの橋は、1944年(昭和19年)に架け替えられ、藩政期の林業政策によって保護されて、現在に引き継がれてきたものです。
 四万十川流域における国有林事業の歴史を伝え、それを象徴する建造物となっています。
(四万十川流域の文化的景観より)
四万十町・観光マップ

下津井めがね橋の情報

    お問合せ
  • 四万十町大正地域振興局地域振興課
    0880-27-0113
  • 備 考
  • 正式名称:「佐川橋」