満天土佐イメージ
旬の魚一覧・冬

旬の魚一覧表

新鮮な旬の魚が並ぶ久礼大正町市場

土佐の高知、高知県中西部に位置する鰹の國中土佐町および周辺地域における旬の魚魚介類)について、写真画像拡大画像)付きの一覧表で紹介しています。

中土佐町久礼には、新鮮な旬の魚が並ぶことで有名な『久礼大正町市場』があり、明治・大正・昭和・平成と長きにわたり美味しい旬の魚を求める町内外のお客様に親しまれてきました。春夏秋冬四季折々の魚介類が並ぶ久礼大正町市場ですが、それぞれの魚には美味しい食べ時、があります。 歳時記に収録されている俳句の一つ『目には青葉山ほととぎす初鰹』(素堂)にも旬の魚が詠まれています。 このページでは、旬の魚魚介類)の一覧を写真拡大写真)付きで掲載しています。

※本ページの魚の分類や名称などに関し、シリーズ・四国の自然博物館「図鑑&料理 土佐魚のすべて」(高知新聞社 平成11年 第7刷)を参考にさせていただきました。このページの写真ファイルの無断使用を禁止します。(Yukisoft Corporation)
旬の魚(魚介類)一覧表【アイウエオ順】


旬の魚(魚介類)一覧【拡大写真・詳細画像あり】
アイゴ(藍子)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
アイゴ(藍子)
アイゴ科。背・腹・臀ビレに毒のある鋭いトゲがあり、刺されると激しく痛むので注意。 (参考:海の危険魚) 【別名】アイハゲ、アイ 、アエ 【旬】夏〜冬 【料理】唐揚げ、南蛮漬け、薄造り、味噌煮、煮付け、一塩干しなど
アオリイカ(障泥烏賊)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
アオリイカ(障泥烏賊)
ヤリイカ科。イカの仲間で食用にされるのは、アオリイカ、コウイカ、ケンサキイカ、スルメイカなどが有名。 【別名】モイカ【旬】春〜夏 【料理】刺身、ホイル焼き、バター焼き、イカ飯、照り焼き、杉皮焼きなど。

アカアマダイ(赤甘鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
アカアマダイ(赤甘鯛)
アマダイ科。高級魚。高知では鯛同様のめでたい魚として重宝され、皿鉢料理における尾頭付きアマダイの姿寿司は有名。同類にシロアマダイ、キアマダイ。 【別名】アマダイ、アカビタ 、アカグシ 【旬】秋〜冬 【料理】姿寿司、酒蒸し、味噌漬け、若さ焼きなど。
アカイサキ(赤伊佐木)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
アカイサキ(赤伊佐木)
ハタ科。クエの仲間で、中部以南の日本近海からハワイにかけて生息。赤っぽい色で、♂は背ビレの中程に黒班あり。淡泊な味。 【別名】アカイサギ、アカイセギなど 【旬】冬 【料理】刺身、煮付け、鍋物、酢物

アカハタ(赤羽太)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
アカハタ(赤羽太)
ハタ科。マハタ(クエ)の仲間で、成熟した初期は全て♀として子持ち、その後さらに成長すると全て♂になるそうです。 【別名】アカバ、アカサコ、アカウオ等 【旬】夏〜初秋、冬 【料理】煮付け、刺身、焼き物
アカマンボウ(赤翻車魚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
アカマンボウ(赤翻車魚)
アカマンボウ科。外見や名前に反して、マンボウの仲間ではない別グループの深海魚。身の色合いや食味がマグロに似ており、寿司ネタに利用される。 【別名】マンダイ、マンネンダイ 【旬】不明 【料理】フライ、ムニエル、煮付け、寿司ネタ、刺身

アカムツ(赤むつ)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
アカムツ(赤むつ)
ホタルジャコ科。口の奥が黒いのでノドグロ(喉黒)の別名。目と口が大きく背側は赤紅色、腹側は銀白色。ムツ科のムツとは別種。 地域によっては高級魚。 【別名】キンギョ、キンメ、ノドグロ 【旬】秋〜冬 【料理】刺身、タタキ、フライ煮付け、ちり鍋
アカヤガラ(赤矢柄)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
アカヤガラ(赤矢柄)
ヤガラ科。近縁種にアオヤガラ(青矢柄)がいるが、アカヤガラの方が高級魚とされる。 【別名】ヤガラ、トノサマウオ 【旬】冬 【料理】高級料理用食材。刺身、吸い物、塩焼き。



アサヒガニ(朝日蟹、旭蟹)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
アサヒガニ(朝日蟹)
アサヒガニ科。アサヒガニの解説記事(高知大学理学部 町田吉彦教授 2009年9月20日付け高知新聞) 【別名】カブトガニ、ヨロイガニなど 【旬】秋〜春 【料理】美味な蟹で、塩茹で、酢物、鍋物など
アズマハナダイ(東花鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
アズマハナダイ(東花鯛)
ハタ科。成魚で15cm程度、胴体中央部に薄紅色の横縞と尾びれの付け根に薄紅色の丸い斑紋あり。 【別名】アカハゼ、チュウチュウ 【旬】不明 【料理】煮付け、塩焼き、干物

アラ(魚へんに荒)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
アラ
ハタ科。水深100〜300mに生息し姿がスズキに似ているが、非常に細かい鱗を持ち、1m位に成長する高級魚。 【別名】オキスズキ 【旬】冬 【料理】高級魚。刺身、煮付け、鍋物、塩焼き、ムニエル、蒸してあんかけ、唐揚げなど。
アワビ(鮑、鰒、蚫)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
アワビ(鮑)
ミミガイ科。アワビの呼称は、ミミガイ科に属する大型巻き貝の総称。アワビの仲間はクロアワビ、メガイアワビ、トコブシなど複数存在。 【別名】例えばクロアワビの場合であれば、アワビ、オガイアワビ、アオガイなど【旬】夏 【料理】刺身、酒蒸し、炭火踊り焼き、ステーキなど


アンコウ(鮟鱇)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
アンコウ(鮟鱇)
アンコウ科。近縁種にキアンコウがいるが、外見だけで区別するのは難しいそうです。その他ミドリフサアンコウ(アカフグ)も同じアンコウの仲間。 【別名】クツアンコウ、アンコ 【旬】秋〜冬 【料理】淡泊な味で、アンコウ鍋や味噌汁、煮こごり、酢あえ、唐揚げなど。
イガイ(貽貝、淡菜)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
イガイ(貽貝)
イガイ科。ここ中土佐町辺りではカラスノクチと呼ぶ2枚貝。地元の人は大潮の干潮時を狙って採りに行く。 【別名】カラスノクチ、カラスガイ、ニタリガイ、ヒメガイなど多数 【旬】夏 【料理】塩茹で、酒蒸し、炊き込みご飯など

イサギ(伊佐木、伊佐幾、鶏魚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
イサギ(伊佐木)
イサキ科。成魚で45cm程度になり、磯釣り、船釣りでも人気の魚。関東以南の日本近海〜東シナ海の岩礁域に生息。 【別名】イサキ、イセギ、シャクアジ 【旬】初夏 【料理】白身の淡泊な味で美味しい。刺身、焼き物、煮付け唐揚げなど
イシガキダイ(石垣鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
イシガキダイ(石垣鯛)
イシダイ科。イシダイと共に、強力な引きで底物・釣りファンに大人気の魚。 【別名】モンコウロウ、エノミゴウロウ、ホシゴウロ、クチジロ(老成した♂) 【旬】冬(洗いは夏) 【料理】高級魚、刺身、タタキ、塩焼き、煮付け、ちり鍋、かぶと煮、あら煮など

イシダイ(石鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
イシダイ(石鯛)
イシダイ科。イシガキダイと共に、強力な引きで底物・釣りファンに大人気の魚。 【別名】コウロウ、コウロ、クチグロ(老成した♂) 【旬】冬(洗いは夏) 【料理】高級魚、刺身、タタキ、塩焼き、煮付け、ちり鍋、かぶと煮、あら煮など
イズカサゴ(伊豆笠子)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
イズカサゴ(伊豆笠子)
フサカサゴ科。フサカサゴの仲間では大型で30cm程度に成長。高級魚並みのかなり美味な魚。 【別名】オキオコゼ、オコゼ、オニカサゴなど 【旬】秋〜冬 【料理】白身で淡泊な味。薄づくり、煮付け、鍋物、唐揚げなど

イスズミ(伊寿墨、伊須墨)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
イスズミ(伊寿墨)
イスズミ科。グレ(メジナ)と共に良く釣れる魚ですが、磯臭さが強い上に、釣り上げた時に出す排泄物を嫌う釣り人も多い。また料理の際の腑もかなり臭い。 【別名】キツ、キツウオ 【旬】秋〜冬 【料理】タタキ、刺身、天ぷら、味噌煮、味噌漬け
イセエビ(伊勢海老)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
イセエビ(伊勢海老)
イセエビ科。イセエビの生息場所は、浅い海の岩礁域。日本産のイセエビ属には、本種以外にカノコイセエビ、シマイセエビ、ケブカイセエビなどもいる。 【別名】カマクラエビ、グソクエビ 【旬】春【料理】高級食材。刺身、鬼殻焼き、山椒焼き、伊勢海老汁、具足煮、フライ、鍋物など

イトヒキアジ(糸引鰺)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
イトヒキアジ(糸引鰺)
アジ科。幼魚の背ビレと臀ビレが糸状に長く伸びる。成魚は1m程度に。上写真は幼魚。 【別名】イトヒキ、エバアジ、ギンアジなど 【旬】春〜初夏(幼魚は秋) 【料理】刺身、塩焼き、唐揚げ、煮付けなど
イトヒラアジ(糸平鰺)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
イトヒラアジ(糸平鰺)
アジ科。テンジクアジと似ているが、背ビレの基にある黒斑条で区別できるそうです。 【別名】不明 【旬】不明 【料理】刺身、塩焼き、煮付けなど

イトヨリダイ(糸縒鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
イトヨリダイ(糸縒鯛)
イトヨリダイ科。鯛を細長くした体形で、尾ビレが深く切れ上側先端が糸状に長く伸びる。近縁種にソコイトヨリがいる。 【別名】イトヨリ、ヤモメ、イトヒキ、アカナなど 【旬】秋〜冬【料理】白身で柔らかい高級魚。あんかけ、煮付け、照り焼き、吸い物、フライなど
イラ(伊良)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
イラ(伊良)
ベラ科。高知ではアオベラ、アカベラ、ササノハベラと共に、磯釣りの外道としての魚で、あまり積極的には食べないが、白身で上品な味。 【別名】テス 【旬】春〜夏 【料理】甘露煮、南蛮漬け、味噌タタキ



ウグイ(魚へんに成、または石斑魚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ウグイ
コイ科。水質汚染に強い魚のようで、pH4以下の強酸性状態でも生息可能との事。 【別名】イダ、イゴ、ハヤ、アカハラなど 【旬】不明 【料理】泥臭く小骨が多いなどであまり食用にしないが、甘露煮、塩焼き、燻製などで食べられる。
ウスバハギ(薄葉剥)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ウスバハギ(薄葉剥)
カワハギ科。ウスバハギの近縁種として、カワハギやウマヅラハギがいるが、カワハギが最も美味しい。 【別名】ハゲ、ウスバ、オキハゲ、ウマヅラなど 【旬】夏 【料理】刺身、鍋物、煮物、唐揚げなど

ウッカリカサゴ(うっかり笠子)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ウッカリカサゴ
フサカサゴ科。カサゴの仲間で、近縁種にカサゴ、ユメカサゴ、オニカサゴがいる。 【別名】オキガシラ、カンコ 【旬】冬 【料理】白身で淡泊な味。刺身、煮付け、塩焼き、唐揚げなど
ウツボ(魚へんに單)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ウツボ
ウツボ科。ウツボはゼラチン質を多く含み、冬期の煮こごりは大変美味しい。ウツボ料理の盛んな高知では、正月料理や皿鉢料理でよく目にする。 【別名】マウツボ、ホンウツボ 【旬】秋〜冬 【料理】タタキ、煮こごり、蒲焼き、煮付けなど

ウルメイワシ(潤目鰯)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ウルメイワシ(潤目鰯)
ニシン科。イワシの仲間で、やや丸みを帯びた体に藍色の縦帯が1本ある。近縁種にマイワシカタクチイワシが。 【別名】ウルメ、ダルマイワシ、ドンボなど【旬】秋〜春【料理】干物、煮干し、新鮮なものは刺身や塩焼き ◆ウルメの丸干しの作り方
エソ(狗母魚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
エソ(狗母魚)
エソ科。高知では、マエソ、ワニエソ共にエソと呼ぶ。尾びれの下半分が白っぽいのがマエソで、黒っぽいのがワニエソのようです。 【別名】マエソ、ワニエソ【旬】冬〜春【料理】塩焼き、姿寿司、つみれ汁、すり身天ぷら、煮付けなど。

エビスダイ(恵比須鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
エビスダイ(恵比須鯛)
イットウダイ科。白身魚で味は良いが、鱗が硬いのでさばくのが大変との事。 【別名】アカメ、エベスダイ、キントキ、ヨロイダイ、グソクダイ 【旬】夏〜秋 【料理】刺身、煮付け、ムニエルなど
オアカムロ(尾赤室鰺)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
オアカムロ(尾赤室鰺)
アジ科。マアジの仲間で、尾ビレが赤い。近縁種にムロアジ、マルアジ、モロなどがいる。 【別名】アカムロ 【旬】秋〜冬 【料理】刺身、塩焼き、酢物、揚げ物、煮物など

オキアジ(沖鰺)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
オキアジ(沖鰺)
アジ科。オキアジは西日本が中心のようです。個体差はあるが、全体に黒っぽい魚でヒレも黒い。 【別名】エバ、クロカマチなど 【旬】不明 【料理】白身魚。刺身、塩焼き、煮付け、寿司種など
オニアジ(鬼鯵)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
オニアジ(鬼鯵)
アジ科。オニアジの成魚は普通45cm程度、第2背ビレと臀ビレの後ろに小さなヒレを持つ。 【別名】トッパク、チョウセンアジ 【旬】秋 【料理】刺身、塩焼きなど

カゴカキダイ(駕篭担鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
カゴカキダイ(駕篭担鯛)
カゴカキダイ科。上物狙いの磯釣りなどで、餌取り魚としてよく釣れる。 【別名】オトノサマ、チョウゲンバカマ、シマキリ、シマダイなど 【旬】秋〜冬 【料理】干物、塩焼き、刺身
カサゴ(笠子・瘡魚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
カサゴ(笠子)
フサカサゴ科。釣りの対象魚としてポピュラーで、地磯の岩場などで干潮時に、簡単な仕掛けでも良く釣れる。 【別名】ガシラ、ガシ、ホゴ、ボッカなど 【旬】秋〜冬 【料理】高級魚並みの白身で淡泊な味。唐揚げ、刺身、塩焼き、煮付け、鍋物、すまし汁など

カタクチイワシ(片口鰯)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
カタクチイワシ(片口鰯)
カタクチイワシ科。イワシの仲間で、目が頭部前方に寄り上顎が下顎よりも突き出ている。近縁種にマイワシウルメイワシがいる。 【別名】ホタレ【旬】冬〜春【料理】刺身、酢物、塩焼き、フライ、煮物、干物
カツオ(鰹、松魚、堅魚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
カツオ(鰹)
サバ科。ここ鰹の國中土佐町かつお祭り鰹のタタキなどで全国的に有名。 【別名】マガツオ、ホンガツオ、スジガツオなど 【旬】春(初ガツオ)と秋(戻りガツオ) 【料理】刺身、タタキ、煮物、焼き物、炊き込みご飯、鰹丼、鰹節、ハランボの塩焼きなど多数

カナガシラ(金頭)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
カナガシラ(金頭)
ホウボウ科。ホウボウより小型で全長30cm程度、赤っぽい体で第一背ビレにある鮮紅色の大きな斑点が特徴。名前の「金頭」は頭部が硬い骨板で覆われている事に由来。 【別名】カナンド、カナド 【旬】冬〜春 【料理】刺身、塩焼き、吸い物、鍋物
カナフグ(金河豚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
カナフグ(金河豚)
フグ科。肝臓に強毒あり。 参考)自然毒のリスクプロファイル:魚類:フグ毒【厚生労働省】 【別名】キンブク、キンフグなど 【旬】不明 【料理】フグ調理師などの専門家による鍋、唐揚げ

カマスサワラ(梭子魚鰆、叺鰆)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
カマスサワラ(梭子魚鰆)
サバ科。1種のみでカマスサワラ属を構成しサバ科に属する。和名は頭部の形がカマスに似ていることに由来。 【別名】オキサワラ、オキザワラ、カマスザワラ 【旬】秋〜初春 【料理】焼き魚、煮付け、フライ、味噌漬け、刺身
カミナリイカ(雷烏賊)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
カミナリイカ(雷烏賊)
コウイカ科。コウイカの仲間。産卵期は3〜5月。肉厚の身で甘みがある。 【別名】モンゴイカ、モンコイカ、モンゴウイカ 【旬】春(?) 【料理】上質の刺身、フライ、唐揚げ、寿司、酢味噌和え

カワハギ(皮剥)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
カワハギ(皮剥)
カワハギ科。グレなど磯釣りの外道として釣れるが、小さな口で上手に餌のみ取るので、思いの外釣り上げるのに苦労する。 【別名】ハゲ、ハギ、マルハゲ、カワハゲなど 【旬】冬〜春【料理】皮を剥いで刺身、フライ、酢物、煮物。キモ(肝臓)は珍味なことで有名。
ガンゾウヒラメ(雁瘡鮃)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ガンゾウヒラメ
ヒラメ科。関東以南の日本近海から南シナ海に分布。 【別名】カレ、ガンゾウビラメ、ガンゾウガレイ、ウスバ 【旬】秋〜冬 【料理】刺身、煮付け、揚げ物、ムニエルなど

カンパチ(間八、勘八)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
カンパチ(間八、勘八)
アジ科。カンパチはブリの仲間で、成魚は1m以上になりアジ科ではヒラマサに次ぐ大型魚。体は光沢のある細かい鱗で覆われている。 【別名】ネイリ、ソジ、アカハナなど 【旬】春と秋 【料理】高級魚。刺身、塩焼き、照り焼き、あら煮、味噌煮、ちり鍋
カンランハギ(橄欖剥)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
カンランハギ(橄欖剥)
ニザダイ科。背ビレが黄色っぽく、成魚は40cm程度に。伊豆半島以南の潮通しの良い岩礁域や珊瑚礁域に生息。 【別名】沖縄ではトカジャー 【旬】不明 【料理】刺身(?)

キアマダイ(黄甘鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
キアマダイ(黄甘鯛)
アマダイ科。アマダイの仲間で、近縁種にアカアマダイやシロアマダイがいる。 【別名】アマダイ、キンビタ、キアマ 【旬】冬 【料理】姿寿司、塩焼き、あんかけ、蒸し物、味噌漬け。脂肪のあるシロアマダイに比し若干落ちる味。
キスゴ(鱚子)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
キスゴ(鱚子)
キス科。釣りではポピュラーな魚で、「キスゴ釣り」という言葉があるほど。高知では、キスの大物をテッポウギスやヒジタタキと呼ぶ。 【別名】キス、シロギス、シラギスなど 【旬】春〜夏 【料理】刺身、塩焼き、酢物、フライ、姿寿司など

キダイ(黄鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
キダイ(黄鯛)
タイ科。マダイの仲間で、体は黄色みを帯びた紅色で口と目の辺りは黄色。 【別名】レンコダイ、コダイ、レンコ、メンコダイ、ハナオレダイなど 【旬】冬〜春 【料理】刺身、塩焼き、吸い物、煮付け、唐揚げ、南蛮漬けなど
キツネダイ(狐鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
キツネダイ(狐鯛)
ベラ科。背ビレのトゲ部分の中程に黒班がある。胴体には赤い斑紋があるが、老魚(♂)では薄くなるそうです。 【別名】キツネベラ、サクラダイなど 【旬】不明 【料理】刺身など

キハダマグロ(黄肌鮪、木肌鮪)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
キハダマグロ(黄肌鮪)
サバ科。マグロの仲間で、身は脂肪分が少なく頭部から尾部までほぼ均一な赤身。 【別名】マシビ、イトシビ、ハツ、キハダ、キワダなど 【旬】夏〜秋 【料理】刺身、焼き魚、唐揚げ、缶詰(ツナ缶)の材料
キビナゴ(黍魚子、吉備奈仔)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
キビナゴ(黍魚子)
ニシン科。成魚は全長10cm程度で、青褐色の胴体に太い銀白色の縦帯がある。 【別名】ハマイワシ、ハマゴ、キミナゴ 【旬】冬〜春 【料理】煮付け、フライ、酢物、刺身、吸い物など

ギマ(擬麻)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ギマ(擬麻)
ギマ科。白身で蛋白な味の魚ですが、ザラザラした細かい鱗なので皮を剥ぐ必要あり。 【別名】ツノハゲ、ツノコ、ツノギマ、ハリハゲ 【旬】不明 【料理】煮付け、唐揚げなど
ギンガメアジ(銀紙鯵・銀河目鯵)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ギンガメアジ(銀紙鯵)
アジ科。近縁種にミナミギンガメアジがいるが、尾びれの後端の色の違いなどで区別。 【別名】ナガエバ、エバ、ヒラアジ、メッキなど 【旬】夏〜秋 【料理】刺身、塩焼き、煮付け、フライなど

キントキダイ(金時鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
キントキダイ(金時鯛)
キントキダイ科。体は光沢のある赤色の魚で、成魚は30cm程度になる。下あごが前方に突き出ている。 【別名】アカメ、キントキ、キンメ 【旬】初夏 【料理】美味な白身魚で、刺身、煮付け、干物、蒸し魚など
キンメダイ(金目鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
キンメダイ(金目鯛)
キンメダイ科。名前に鯛がつくがタイ科の魚の仲間ではなく、数100mの海底の岩礁に生息する深海魚。 【別名】キンメ、アカギ 【旬】秋〜春 【料理】刺身、煮付け、鍋物、干物、粕漬け、味噌漬け、ムニエルなど


クエ(垢穢)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
クエ(垢穢)
ハタ科。比較的浅い(水深50m程度まで)岩礁域などに生息する大型の魚で、釣りの大人気魚。 【別名】アオナ、アラ、モロコ、クエマスなど 【旬】冬 【料理】白身で適度に脂肪のある高級食材。刺身、煮付け、鍋物、酢物
クジラ(鯨)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
クジラ(鯨)
哺乳類のクジラ目。日本では、鯨は古くから捕獲の対象と同時に信仰の対象でもあったそうです。鯨の肉や皮を食する習慣を持つ国は、日本以外にインドネシア,フィリピン,カナダ,ノルウェーなど。 【別名】 【旬】 【料理】鯨肉を使った料理多数。

クラカケトラギス(鞍掛虎鱚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
クラカケトラギス
トラギス科。小型でハゼに似ているが、腹ビレが吸盤状になっていない。近縁種のトラギス(トラハゼ)と共に食用にされる。 【別名】オキハゼ、イシブエなど 【旬】秋〜冬 【料理】塩焼き、唐揚げ、天ぷら、酢物など
グルクマ
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
グルクマ
サバ科。サバの仲間でマサバやゴマサバに比べると小型、背中に黄緑色の地に黒い斑点列。名前のグルクマは沖縄方言に由来。 【別名】不明 【旬】夏(?) 【料理】刺身、唐揚げ、焼き魚など

クルマダイ(車鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
クルマダイ(車鯛)
キントキダイ科。体に幅の広い赤帯が5本ある。まとまった量の漁獲は期待できない。 【別名】カネヒラ、キントキなど 【旬】不明 【料理】刺身、塩焼き、煮付け
クロサギ(黒鷺)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
クロサギ(黒鷺)
クロサギ科。近縁種にダイミョウサギがいるが、高知では共にアマギと呼んでいる。
【別名】アマギ
【旬】夏
【料理】白身で淡泊な味。塩焼き、煮付け、タタキ

クロサバフグ(黒鯖河豚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
クロサバフグ(黒鯖河豚)
フグ科。クロサバフグの毒性・部位などに関しては、厚生労働省の『自然毒のリスクプロファイル:魚類:フグ毒』に。 【別名】サバフグ、クロカナト 【旬】不明 【料理】フグ調理師などの専門家による鍋、刺身、唐揚げ
クロダイ(黒鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
クロダイ(黒鯛)
タイ科。釣りファンには人気の魚で、繊細な釣り・仕掛けが要求される。思わぬ浅場で釣れることも多い。 【別名】チヌ、クロ、クロチヌ 【旬】夏〜秋 【料理】刺身、塩焼き、煮付け、鍋物など

クロホシフエダイ(黒星笛鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
クロホシフエダイ
フエダイ科。フエダイの仲間で、体に大きな黒班がある。 【別名】モンツキ 【旬】冬〜夏 【料理】白身魚で美味。刺身、塩焼き、蒸し焼き、煮付け、鍋物など
クロマグロ(黒鮪)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
クロマグロ(黒鮪)
サバ科。一般にマグロと呼ぶが、高知では成長段階でシンマエ、マヨコ(ヨコ)、ヨコワ、コビン、マグロの呼び名が。上写真はマヨコ。 【別名】マグロ、ホンマグロ、ホンマ、オオシビなど 【旬】冬【料理】刺身、塩焼き、煮物、酢物など

クロムツ(黒むつ)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
クロムツ
ムツ科。超高級魚。成魚になると50〜60cm程度になり、釣りの対象魚でもある。 【別名】オキムツ、カナムツなど 【旬】秋〜冬 【料理】脂肪分が多い。鍋物、煮付け、塩焼き、刺身など
コトヒキ(琴引、琴弾)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
コトヒキ(琴引)
シマイサキ科。体に3本の弓形黒色帯が走る。近縁種にシマイサキ(スミヒキ、トウトウ)がいる。 【別名】ヤカタイサキ、ヤガタイサキ、スミシロなど 【旬】春〜夏 【料理】かなり美味な魚で、刺身、塩焼き、煮物など

ゴマサバ(胡麻鯖)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ゴマサバ(胡麻鯖)
サバ科。近縁種のマサバは体の横断面が楕円、ゴマサバはゴマをふったような黒点があり断面が円形。 【別名】マルサバ、清水サバ 【旬】秋〜冬 【料理】刺身、塩焼き、姿寿司、煮付け、揚げ物、タタキなど
コモンフグ(小紋河豚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
コモンフグ(小紋河豚)
フグ科。厚生労働省の『自然毒のリスクプロファイル:魚類:フグ毒』に拠れば、有毒な部位が多いので注意。 【別名】アカメフグ、マフグ、ギンフグなど 【旬】秋〜冬 【料理】フグ調理師などの専門家による鍋、刺身、唐揚げ

コロダイ(胡廬鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
コロダイ(胡廬鯛)
イサキ科。イサキの仲間で、外海に面した沿岸の岩礁域に生息し60cm程度まで成長。釣りファンには強烈な引きで知られる。 【別名】コタイ、ヨノミダイ、カイグレなど 【旬】初夏〜秋 【料理】刺身、煮付け、ムニエル、塩焼き、フライなど
ゴンズイ(権瑞)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ゴンズイ(権瑞)
ゴンズイ科。第一背ビレと胸ビレのトゲに毒があり、刺されると激痛。(参考:海の危険魚) 【別名】ギギ、ググ 【旬】夏 【料理】あまり食用にしないが、蒲焼きや煮付けで美味しいとの事。

サザエ(栄螺、拳螺)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
サザエ(栄螺)
サザエ科。サザエの雌雄は肝(生殖腺)の色で判別でき、雌(♀)は深緑色、雄(♂)はクリーム色。この判別方法はアワビの場合も同じ。 【別名】サダエ 【旬】夏 【料理】刺身、壺焼き、塩茹でなど
サワラ(鰆)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
サワラ(鰆)
サバ科。前後に細長い体型で、背ビレと臀ビレの後に副ビレがある。 【別名】サゴシ・サゴチ40〜50cm、ナギ50〜60cm、サワラ60cm以上 【旬】冬 【料理】白身で上品な味。刺身、照り焼き、寿司種など

シイラ(魚へんに暑または署)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
シイラ
シイラ科。シイラのオス(♂)は成長するにつれ頭が出っ張るそうで、写真の上が♀、下が♂。 【別名】クマビキ、トウヒャク、マンビキ、ネコマタ 【旬】春〜夏 【料理】白身で淡泊な味。刺身、塩焼き、酢物、味噌漬けなど
シマアジ(縞鯵、島鯵)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
シマアジ(縞鯵)
アジ科。ブリの仲間で、体は幅広く成魚は1m程度まで成長する。釣りの対象魚としても人気がある。 【別名】コセアジ、コセ、ヒラアジ、カツオアジ、カイワリなど 【旬】夏〜冬 【料理】最高級の食材。刺身、塩焼き、蒸し物、寿司種など



シラス(白子)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
シラス(白子)
シラスとは体に色素のない白い稚魚の事で、例えばイワシ類(マイワシ、カタクチイワシなど)、ウナギ、アナゴ、アユ、ニシンなどの稚魚。 【別名】  【旬】春または秋 【料理】塩茹でした後に干した白子干しなど
シロアマダイ(白甘鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
シロアマダイ(白甘鯛)
アマダイ科。アマダイの仲間で、近縁種にアカアマダイやキアマダイがいるが、味は本種が最高。白、赤、黄の順と言われる。 【別名】シラカワ、シロビタ、シロベタ、シラなど 【旬】冬【料理】超高級魚。水分の多い柔らかい身。姿寿司、あんかけ、味噌漬け、蒸し物など

シログチ(白愚痴、白口)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
シログチ(白愚痴)
ニベ科。ニベの仲間で、近縁種にニベやクログチがいる。釣りの対象魚でもある。 【別名】シラブ、グチ、イシモチなど 【旬】冬〜春 【料理】柔らかい身。塩焼き、すり身、蒲鉾の材料など
スズキ(鱸)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
スズキ(鱸)
スズキ科。近縁種のヒラスズキは、体が幾分左右に平たい。 【別名】成長段階で呼び名変化。30cm以下をセイゴ、30〜60cmをフッコ、60cm以上をスズキ。【旬】春〜夏 【料理】白身で淡泊。刺身、洗い、塩焼き、鍋物など。

スミツキアカタチ(墨付き赤太刀)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
スミツキアカタチ
アカタチ科。近似種にイッテンアカタチが存在する。釣り仲間の間では、アカタチが釣れると釣果が悪いとの事。 【別名】不明 【旬】不明 【料理】かまぼこの材料。干物や唐揚げで食べられるそうですが、地域によっては食用にする習慣がないようです。
ソコイトヨリ(底糸縒)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ソコイトヨリ(底糸縒)
イトヨリダイ科。近縁種にイトヨリダイがいるが、本種は腹部の黄色が濃い。味はイトヨリダイよりも落ちると言われている。 【別名】キイトヨリ、アスナル、バケイトヨリなど 【旬】秋〜冬 【料理】蒸し物、あんかけ、照り焼き、煮付け、吸い物など

ソトイワシ(外鰯)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ソトイワシ(外鰯)
ソトイワシ科。本種はイワシに似た紡錘形の体で、沿岸近くで群れをなす事が多い。引きが強く、ルアーフィッシングの人気魚としても知られているようです。 【別名】不明  【旬】不明  【料理】不明
タカノハダイ(鷹の羽鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
タカノハダイ
タカノハダイ科。近縁種にミギマキがいる。グレ釣りなどの外道として釣れ、高知では本種が釣れると地合が悪い証拠との見方あり。 【別名】ヒダリマキ、ギンダ、タカなど 【旬】冬【料理】煮付け、あんかけ、塩焼き、刺身。個体差はあるが、磯臭さやヨード臭強い。

タキゲンロクダイ(滝元禄鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
タキゲンロクダイ
チョウチョウウオ科。磯釣りなどで、餌取り魚の一種として、釣れなくてもいいのに時々釣れる魚。 【別名】不明 【旬】不明 【料理】観賞用か?
タチウオ(太刀魚、立魚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
タチウオ(太刀魚)
タチウオ科。鱗のない銀白色の体で、鋭く発達した歯を持つ。 【別名】タチ、タチオ、タチノウオなど 【旬】夏〜秋 【料理】刺身、塩焼き、ホイール焼き、酢物、寿司種、フライなど

チダイ(血鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
チダイ(血鯛)
タイ科。「腐ってもタイ」と言われる魚の中の王様。味はマダイ、チダイ、キダイの順に美味しいと言われる。 【別名】チコダイ、コダイ 【旬】秋 【料理】刺身、姿焼き、姿煮、すまし汁、姿蒸し、唐揚げなど
チョウセンバカマ(朝鮮袴)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
チョウセンバカマ
チョウセンバカマ科。南日本から東シナ海にかけての水深200m程度の大陸棚周辺に生息。 【別名】バンザイダイ、トゲナガイサキ 【旬】不明 【料理】塩焼き、唐揚げ、煮付け

ツバメウオ(燕魚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ツバメウオ(燕魚)
マンジュウダイ科。成魚は、温暖な海域で群れをつくりながら行動。スダレダイ科に分類する場合もあるようです。 【別名】ツバクロ、ツバメダイなど 【旬】秋〜冬 【料理】刺身、塩焼きなど
ツバメコノシロ(燕鮗)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ツバメコノシロ
ツバメコノシロ科。銀白色の体で、下顎が上顎に比し極端に短い。本命魚ではないが、各種釣法で釣れる魚。 【別名】アゴナシ 【旬】晩秋〜初夏 【料理】塩焼き、煮付け、刺身など

テンス(天須)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
テンス(天須)
ベラ科。淡い紅色の体で、口の後端からエラ蓋にかけて溝状の線あり。 【別名】テス、ジャレデス、テンスダイ、イソジイラ、アマダイなど 【旬】不明(ベラの仲間は夏が多いが???) 【料理】煮付け、味噌煮、塩焼き
トビウオ(飛魚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
トビウオ(飛魚)
トビウオ科。トビウオは総称で、日本近海にはツクシトビウオ、ホソトビウオ、トビウオなど30種足らずのトビウオの仲間が生息。【別名】ツバメウオ、アゴ 【旬】秋と春【料理】脂肪が少なく淡泊な味。刺身、塩焼き、酢物、姿寿司、揚げ物など

トラフグ(虎河豚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
トラフグ(虎河豚)
フグ科。厚生労働省の『自然毒のリスクプロファイル:魚類:フグ毒』に拠れば、肝臓、卵巣などに強毒とあり注意。 【別名】ホンフグ、モンフグ、ゲンカイフグなど【旬】冬【料理】フグ調理師などの専門家による刺身、鍋物、唐揚げなど。食用として流通するフグの中では最上級とされる。
トンゴロウイワシ(藤五郎鰯)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
トンゴロウイワシ
トンゴロウイワシ科。イワシの名がつくが、ボラやダツなどと近縁。まれに鰹釣りの餌に。 【別名】トンゴロ、トンゴロイワシ、イソイワシなど【旬】冬〜春 【料理】鱗が剥がれにくくあまり食用にしないそうですが、干物、寿司種にも可能。

ナガテングハギモドキ(長天狗剥擬)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ナガテングハギモドキ
ニザダイ科。テングハギの仲間。近縁種のゴマテングハギモドキと似ているが、全幅に比し全長が長い(3倍以上)ことで見分けられるそうです。 【別名】不明 【旬】不明 【料理】揚げ物、刺身など
ニザダイ(仁座鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ニザダイ(仁座鯛)
ニザダイ科。尾の付け根に4〜5の黒い突起状の斑点があり、特に3個が目立つ。磯釣りでグレなどの外道として釣れ、最初の引きが強烈なので釣り人は面白い。 【別名】サンノジ、サンノジハゲ、クロハゲなど【旬】冬〜春 【料理】磯臭さが強い魚。刺身、ぬた、洗いなど


ニタリ(似)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ニタリ(似)
オナガザメ科。ニタリは鮫の仲間で、最大4m弱に成長するがオナガザメ科の中では最も小型。人間に危害を加えることはないそうです。 【別名】不明 【旬】不明 【料理】利用される部位は、皮、肉、ヒレ、肝油など
ニベ(魚へんに免)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ニベ
ニベ科。ニベの仲間は浮き袋と付随する筋肉を振動させて鳴き音を発生するそうです。「にべもない」(無愛想な様子)という慣用句はこのニベに由来。 【別名】グチ、ホンニベ 【旬】冬〜春 【料理】柔らかい身。塩焼き、すり身料理、蒲鉾など


ハガツオ(歯鰹)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ハガツオ(歯鰹)
サバ科。カツオの仲間で、体の上部に数条の黒褐色の帯がある。 【別名】キツネガツオ、キツネ、サバガツオ、シマガツオなど 【旬】秋〜冬 【料理】カツオより味は落ちるが、刺身、焼き魚、唐揚げなど
ハマフエフキ(浜笛吹)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ハマフエフキ(浜笛吹)
フエフキダイ科。フエフキダイの仲間で、口の中が赤い。近縁種にフエフキダイやメイチダイ。 【別名】クチビ、クチミ 【旬】夏 【料理】白身で淡泊な味、刺身、塩焼き、煮付け、鍋物など

ハモ(鱧)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ハモ(鱧)
ハモ科。ハモは小骨が多く、骨切りはテクニックを要するとの事。大きいものは2m程度に成長する。 【別名】ハム、ハモウナギ、ウニハモ 【旬】春〜夏 【料理】酢物、焼き物、すまし汁、寿司、土瓶蒸し、湯引きなど
ヒイラギ(鮗、柊)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ヒイラギ(鮗)
ヒイラギ科。形がヒイラギの葉に似ており、背・臀ビレに鋭いトゲが。近縁種のオキヒイラギは骨が柔らかいが本種は硬い。 【別名】ニロギ、ウチニロギ、ニイラギなどその他多数 【旬】夏〜冬 【料理】すまし汁、煮付け、南蛮漬け、ニロギ鍋など

ヒオウギガイ(桧扇貝)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ヒオウギガイ(桧扇貝)
イタヤガイ科。扇形の形状で、貝殻の色は赤色、黄色、橙色、紫色など個体毎に異なる。 【別名】チョウタロウ、ヒオウギ、アッパガイ、長太郎貝、虹色貝など 【旬】春〜夏 【料理】肉質が柔らかいので焼き物が最適。
ヒラソウダ(平宗太)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ヒラソウダ(平宗太)
サバ科。カツオの仲間で、体がやや平たい本種ヒラソウダと、円筒状のマルソウダがある。血合いが多く傷みやすいので、鮮度を落とさないように。 【別名】スマ、ホンズマ、シロスなど 【旬】秋〜春 【料理】新鮮なものを刺身や焼き魚に。

ヒラマサ(平政)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ヒラマサ(平政)
アジ科。ブリの仲間。アジ科の中では最大種で全長1m以上になり、2.5mの記録も。明瞭な黄色縦帯。 【別名】ヒラス、マサ、ヒラサ、ヒラソ、テンコツ、ハマス(若魚)など 【旬】夏〜秋【料理】高級食材。ブリより脂肪が少ない。刺身、寿司種、塩焼き、あら煮、照り焼きなど
ヒラメ(鮃、平目、比目魚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ヒラメ(鮃)
ヒラメ科。カレイとの区別法の『左ヒラメに右カレイ』とは、色つき面を手前に腹を下にして頭が左がヒラメ、右がカレイの意味。 【別名】カレ、オオクチ、オオグチガレなど【旬】冬〜春 【料理】刺身、焼き物、煮付け、揚げ物など

ビンナガマグロ(鬢長鮪)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ビンナガマグロ
サバ科。マグロの仲間では小型ですが、成魚で全長140cm、重さ60kg程に成長する。胸ビレが長い点で近縁種と区別。 【別名】トンボシビ、トンボ、ビンチョウマグロシビなど。 【旬】冬〜春 【料理】刺身、塩焼き、煮付け、酢物、フライなど。
ブダイ(♀)(武鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ブダイ(♀)
ブダイ科。オウムのような口をし、鱗が大きい熱帯性の魚。メスは赤みがかり、オスは青みがかる。磯の臭みが強い魚。 【別名】イガミ、エガミ、バンド 【旬】秋〜冬 【料理】味噌たたき、ちり鍋、フライ、酢味噌、煮付け、味噌鍋、干物など

ブダイ(♂)(武鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ブダイ(♂)
ブダイ科。オウムのような口をし、鱗が大きい熱帯性の魚。メスは赤みがかり、オスは青みがかる。磯の臭みが強い魚。 【別名】アオタ、チャブクロ 【旬】秋〜冬 【料理】味噌たたき、ちり鍋、フライ、酢味噌、煮付け、味噌鍋、干物など
ブリ(鰤)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ブリ(鰤)
アジ科。ブリの仲間は胴体の中央に一筋の黄色い縦帯が通っているのが特徴。 【別名】ブリは出世魚で成長段階で呼び名も、モジャコ、ワカナ、ハマチ(30〜50cm)、メジロ(50〜70cm)、ブリ(70cm以上)と変化。 【旬】冬【料理】刺身、塩焼き、ちり鍋、あら煮など。

ヘダイ(平鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ヘダイ(平鯛)
タイ科。クロダイの仲間で、頭が丸みを帯びていて胴体に十数条の縦縞が走る。 【別名】ヒョウダイ、マンダイ、ヒョウゴ(幼魚)など 【旬】冬〜春 【料理】淡泊な味で、刺身、塩焼き、煮付け、鍋物など
ベニヒシダイ(紅菱鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ベニヒシダイ(紅菱鯛)
ヒシダイ科。赤い菱形の体の魚。成魚の大きい物は25cm程度に。鱗が硬い。 【別名】不明 【旬】不明 【料理】煮付け、唐揚げ、練り製品原料。

ホウボウ(魴ぼう[魚へんに弗]、竹麦魚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ホウボウ
ホウボウ科。青緑色の胸ビレが翼のように水平方向に拡がり、胸ビレ前方に3つの脚のようなものがあり海底を歩くことが可能。【別名】キミ、キミヨ、キミウオなど【旬】冬〜春 【料理】白身で美味、刺身、塩焼き、鍋物、吸い物など
ホウライヒメジ(蓬莱比売知)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ホウライヒメジ
ヒメジ科。ヒメジの仲間で、近縁種のウミヒゴイ(海緋鯉)は高知ではメンドリの名で呼ばれる。 【別名】不明 【旬】秋〜冬 【料理】ウミヒゴイの場合ではあるが、塩焼き、煮付け、姿寿司、南蛮漬け


ボラ(鯔)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ボラ(鯔)
ボラ科。ボラの近縁種のメナダは口の周囲が紅色。ボラやメナダの卵巣で造るカラスミは珍味で有名。 【別名】高知ではボラを成長段階でイキナゴ、コボラ、イナ、ボラ、オオボラと呼ぶ。またメナダの別名はスクチ。 【旬】秋〜冬【料理】刺身、塩焼き、煮付け、ボラ寿司、酢物、味噌煮。
マアジ(真鯵)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
マアジ(真鯵)
アジ科。アジの仲間は、臀ビレの前に2本の棘があり、側線上にゼイゴと呼ばれる棘状の鱗が並ぶのが特徴。近縁種にマルアジ、ムロアジ、オアカムロなど。 【別名】アジ、赤アジ 【旬】夏 【料理】刺身、塩焼き、揚げ物、煮物、酢物

マイワシ(真鰯)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
マイワシ(真鰯)
ニシン科。体に黒点列があることで、同じイワシの仲間のウルメイワシやカタクチイワシと区別可能。 【別名】ヒラゴ、コバ、チュウバ、オオバ 【旬】夏〜冬 【料理】脂肪分が多い。干物、刺身、塩焼き、酢物、煮物、缶詰、蒲鉾、竹輪、つみれなど多種
マカジキ(真梶木)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
マカジキ(真梶木)
マカジキ科。体内に含まれる微量の水銀に関し、妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項【厚生労働省】あり。 【別名】ナイラゲ、オカジキ、ナイラギなど 【旬】冬(?)【料理】国内ではカジキの仲間で最高級肉質。刺身、煮付け、フライ、ムニエルなど

マサバ(真鯖)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
マサバ(真鯖)
サバ科。単にサバと言えば本種を指す事が多い。近縁種にゴマサバがいる。「鯖の生き腐れ」と言われる程で、料理の際は新鮮さが重要。 【別名】ヒラサバ、ホンサバ、ヒラスなど 【旬】秋〜冬 【料理】新鮮なものを刺身、タタキ、塩焼き、姿寿司、煮付け、揚げ物
マダイ(真鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
マダイ(真鯛)
タイ科。魚の王様で、釣りでも人気の魚。近縁種にキダイやチダイがいる。上写真は四万十町志和の磯釣り釣果の真鯛。 【別名】タイ、ホンダイ、オオダイなど 【旬】冬〜春 【料理】水分が少なく締まった肉質の高級食材。刺身、塩焼き、フライ、ムニエルなど多数

マダコ(真蛸)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
マダコ(真蛸)
マダコ科。夜行性で、昼間は海底の岩穴などに潜み、夜間に活動しカニ、エビ、二枚貝などを食べる。 【別名】タコ 【旬】冬〜春 【料理】塩をふり滑りをとった後にゆでる。刺身、酢物、天ぷら、寿司種
キマツカサウオ(松笠魚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
マツカサウオ(松笠魚)
マツカサウオ科。マツカサウオは、下顎に発光器がついていて「発光魚」として知られているそうです。 【別名】ヨロイウオ、パタパタウオ 【旬】不明 【料理】あまり食用にしないようですが、塩焼きなど

マトウダイ(的鯛、馬頭鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
マトウダイ(的鯛)
マトウダイ科。本種は体の中程に黒っぽい丸い紋が1個ある。近縁種にカガミダイ(ギンマト)がいる。 【別名】マトウ、カネタタキ、マトウオ、カガミダイなど【旬】冬〜春 【料理】刺身(新鮮なもの)、煮付け、唐揚げ、鍋料理など
マナマコ(真海鼠)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
マナマコ(真海鼠)
マナマコ科。ウニコノワタカラスミ日本三大珍味と称する。 【別名】トラゴ、アカナマコ、タワラゴ 【旬】冬【料理】酢の物。高級珍味としてナマコの腸を塩辛にしたコノワタ(海鼠腸)や卵巣の塩辛であるコノコ(海鼠子)が有名。

マハタ(真羽太、真旗)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
マハタ(真羽太)
ハタ科。クエの仲間で、大きいものは全長1m程度になる。幼魚の時は褐色の鮮明な横縞が7〜8本あるが、成長と共に薄くなる。 【別名】クエ、シマナメラ、シマアク、ハタジロ、マス、シマアラなど 【旬】夏【料理】 高級魚。刺身、酢物、鍋物、煮付けなど
マルソウダ(丸宗太、丸騒多)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
マルソウダ(丸宗太)
サバ科。カツオの仲間、近縁種ヒラソウダ。初秋に稚魚であるシンコ(新子)の新鮮な刺身・ブシュカン・醤油の味は非常に美味。 須崎市のメジカ(シンコ)祭りの情報。【別名】メジカ、クロス、ロウソク、コガツオ【旬】秋〜春【料理】刺身(新鮮なもの)、茹で節、唐揚げなど

マンボウ(翻車魚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
マンボウ(翻車魚)
マンボウ科。面白い形のマンボウですが、食材としての流通は日本や台湾を中心とするアジア地域のようです。 【別名】ウオノタユウ、ウキキなど 【旬】春〜初夏 【料理】肝和えの刺身、天ぷら、腸の塩焼きなど
ミギマキ(右巻)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミギマキ(右巻)
タカノハダイ科。タカノハダイの仲間で、本種は尾ビレの下方が黒い。近縁種にタカノハダイ(ヒダリマキ)がいる。 【別名】オタツダイ、カラスなど 【旬】冬 【料理】刺身、煮付け、甘酢あんかけなど

ミハラハナダイ(三原花鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミハラハナダイ
ミハラハナダイ科。釣りの外道として釣れることもある。背ビレのトゲの数は9本。 【別名】不明 【旬】不明 【料理】刺身、塩焼きなど
メイチダイ(目一鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
メイチダイ(目一鯛)
フエフキダイ科。フエフキダイの仲間で、幼魚には横帯が数本あり、そのうちの1本は目を横切る。近縁種にフエフキダイやハマフエフキ。 【別名】メイチ、タマメ 【旬】春〜夏 【料理】白身魚で、刺身、塩焼き、吸い物、煮付け、鍋物

メガネハギ(眼鏡剥)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
メガネハギ(眼鏡剥)
モンガラカワハギ科。茶褐色の体色で、♂は下顎に淡い色の線が入る。尾ビレに斑紋がないことなどで近縁種と区別可能。 【別名】不明 【旬】不明 【料理】刺身、鍋物
メジナ(目品)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
メジナ(目品)
メジナ科。磯釣りファンに大人気の魚で、秋〜冬のシーズンにはグレ一色に。近縁種のクロメジナ(オナガ[尾長]グレ)はエラブタの後縁が黒い。 【別名】グレ、クチブト(口太)グレ、クロダイ、アナグレなど 【旬】秋〜冬【料理】刺身、タタキ、塩焼き、煮付け、ちり鍋、揚げ物など

ヤマトカマス(大和梭子魚)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ヤマトカマス
カマス科。高知で良く見られるカマスの仲間は、青緑色の本種・アオカマスと黄褐色のアカカマス。両者は背ビレと腹ビレの相対位置でも区別できるそうです。 【別名】アオカマス、カマス、ミズガマス 【旬】秋〜春 【料理】塩焼き、姿寿司、酢物など
ユメカサゴ(夢笠子)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ユメカサゴ(夢笠子)
フサカサゴ科。カサゴの仲間で、近縁種にカサゴ、イズカサゴ、ウッカリカサゴ、オニカサゴなどがいる。 【別名】アカバ、ガシラ、ノドクロ 【旬】冬 【料理】高級魚並みの白身で淡泊な味。刺身、すまし汁、唐揚げ、塩焼き、煮付け、鍋物など

ルリハタ(瑠璃羽太)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ルリハタ(瑠璃羽太)
ヌノサラシ科。本種は皮膚に毒腺があり、刺激を与えると毒液(グラミスチンを含む)を出すそうです。 【別名】不明 【旬】不明 【料理】白身魚。刺身など
ワニゴチ(鰐鯒)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ワニゴチ(鰐鯒)
コチ科。コチの仲間で、上下に押しつぶしたように平たく、胴体に比し頭と口が異常に大きい。 【別名】不明 【旬】春〜夏 【料理】白身で淡泊な味。刺身、煮付け、洗い、味噌汁など

ネンブツダイ(念仏鯛)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ネンブツダイ(念仏鯛)
テンジクダイ科。テンジクダイ(天竺鯛)の仲間で、内耳に耳石と呼ぶ大きめの石を持つ。グレなどを狙って磯釣りをしている時に、餌取り魚として良く掛かってくる。 【別名】イシモチ 【旬】冬【料理】唐揚げ、南蛮漬け、干物など
ノミノクチ(蚤之口)
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ノミノクチ(蚤之口)
ハタ科。ハタの仲間で、薄い茶色の体に赤茶色の斑点が多数あり。キジハタによく似ている。 【別名】ホシハタ、アコウ、アコなど 【旬】夏 【料理】白身魚。刺身、塩焼き、煮付けなど


鰹を知りつくした鰹ソムリエが造る、本当に美味しい藁焼き鰹のたたきを是非ご賞味ください。