満天土佐イメージ

上物・底物・青物それぞれ楽しめる名磯多く、長年の磯釣りファンを多数持つ県内有数の釣り場、高知県四万十町志和の磯

志和の最新釣果情報


2014年10月30日(木)晴れ
志和・磯・釣果 志和・磯・釣果 志和・磯・釣果

今日の志和・磯、下り潮か?【トクスケ】船着き側と南面に別れての竿出し。南向けは、下り潮を感じ4名の釣り師【マルバエ】方向に順繰りに流す。イサキ・グレ・アカイセギは40cm型が、これにワカナ・シマアジを混ぜる。4名共同じような魚種1〜3尾と少ない乍らも同様の釣果(写真上)。船着き側は、例のキツウオが水面域を占拠し、何時でも攻撃出来る態勢を維持。14時頃からやっとシマアジが当たり出し何とか各自3〜5尾の釣果。43cmの真鯛の釣果も。【カブリ】久し振りの磯上がり。30cm前後のグレをポツリポツリと間が空きながらも納竿まで継続。(写真中)【マゴ】30cm+迄のグレを3尾止まり。(写真下は磯・マゴ)【コグロ】表面は30cm型のグレ釣果。裏面はイマイチか?【マルバエ】期待に反し釣果数は伸びないし、青物も来なかった模様。【ミノコシ】・【クロハエ】共に底物師、石垣鯛3〜4尾と釣ってはいるが40cmまでの小型。餌落ちの方は、依然として早めを維持。
<小潮>干潮(3:44/16:22)、満潮(10:48/21:47)

磯釣り用ライン

磯バッグ



2014年10月29日(水)晴れ
志和・磯・釣果 志和・磯・釣果

水温24.8℃、上り潮で14時以降からスピードを増す。潮は綺麗に澄んで来ていたのに此処三日は白く濁った様な潮。釣果の方は順調と言ってもいい状態。【カブリ】底物はここ特有の取らない方の餌落ち。決まった潮時の釣果でもない。40cm+までの石垣鯛4尾と、36cmの小型石鯛。【ミノコシ】底物・上物同磯上がり。此処は間をとらないと、とても60個のウニですら昼まで保たない餌落ちスピード。40cm+迄の石垣鯛4尾。一方上物も負けず35cm迄のグレを数尾。シマアヂも来たが少ない釣果。(写真上)「バリバリ」と、言わんばかりの剛引きを何とか起こそうと、岩にラインが当たる感覚は負荷ゼロに向くのでした。切れたラインをマジマジ見る底師。【トクスケ】今日も南面での竿出し見えず。南面は餌取らないとの事だが陸面だけの偏ったカブセは良い状況ではないはず。シマアジは1〜3尾と少漁。アイゴの連発を好む方は一人だけ。【マルバエ】グレ32cm+型は大きくは無いが、シマアジを3尾プラスの釣果。(写真下)【クロハエ】底物、朝いきなり一投目に40cm型石垣鯛釣果。しかし後がなく13号の針にマルハゲを4尾掛けて、サンノジをプラス納竿。 ※雑感:たまには新しいハエにチャレンジする事も必要かも。
<中潮>干潮(2:50/15:13)、満潮(9:42/20:45)

フカセウキ



2014年10月28日(火)快晴
志和・磯・釣果 志和・磯・釣果 志和・磯・釣果 志和の磯【沖のカブリ】

水温24.9℃、昨日午後からの上り潮は今朝にはもう下り潮に。また白濁りの潮色に戻る。迎え船時には完全に上り潮に反転。北東からの波を確認、予報の通り吹いてきた。白波が立つ程でもなかったが、飛沫を浴びカブセをかぶったハエが出て来ていた。【トクスケ】船着き側で竿出し。せっかく波が治まっているのだから、南面での竿出しがセオリーと思うんだけどね・・・。最近シマアジ釣果はガタ落ち。替わりに40cm弱のワカナを数尾釣り、中にアイゴを混ぜている。キツウオが攻撃的に喰ってきて、その下にグレが観えているのに釣れない様子。(釣果写真上)一方、底物の方は好調を維持。【カブリ】45cmに足らないが石垣鯛2尾、石鯛1尾を弁当船後にかけての釣果。カブリ独特の”餌落ち止まり”は無かった模様。(釣果写真中)【ミノコシ】弁当を境に42cmまでを石垣鯛2尾、石鯛1尾。ここは餌落ちの消費が早いくらい。明確な間取りが良いかも。(釣果写真下)【クロハエ】二投目からの石垣鯛釣果。長めの間を空け、見廻り船迄に3尾を釣る。マルハゲが多いのは、狙ったんですね。因に、昨夜28日からの夜釣りは、グレ・イサキ・コロダイ・・・と、全て1尾釣果だった模様。旭とハエの写真は6時25分前に【沖のカブリ】から東を見た状態。
<中潮>干潮(2:06/14:23)、満潮(8:49/20:00)

ハリス

磯竿

スピニングリール

フィッシングクーラー


2014年10月27日(月)晴れ
志和・磯・釣果 志和・磯・釣果 志和の磯【トクスケ】

水温24.9℃(外気温17℃)、白濁りの下り潮、速い流れではない。 若干のウネリ波を受ける【トクスケ(写真下)】2名の釣り師、シマアジを期待しての渡礁だったが、竿をきしませるアイゴの連チャン。時折30cm型のワカナが横に底に引きこんで行く。見廻り船で1名帰港。他の一人は13時過ぎからワンサイズアップのワカナが海面で騒ぎ出し、結局ワカナは10尾釣果。35cm迄のグレも(写真上)。【コグロ】底物師43cmの石垣鯛、餌取りは超ゆっくり。途中から【クロハエ】に替わって45cmと40cm+石垣鯛および良型テス(写真中)。餌取りの方は、早くは無いが順々に打ち返しをした模様。 【ミノコシ】底物師、手持ち70個の餌を見廻り船前に消費して終う早さ。調子の良かったはずの同ハエ、今日はボウズでした。
<中潮>干潮(1:26/13:42)、満潮(8:04/19:23)

ハリス

磯竿

スピニングリール

フィッシングクーラー


2014年10月26日(日)晴れのち曇り
志和・磯・釣果

水温24.9℃、下り潮がガンガン【クロハエ】に当たっている。ウネリ波は容赦なく押し寄せて来ている。今日も強行出航の始まり。ウニ餌を全て流し腰下まで濡らした底師も。見廻り船で底物師全員と一組の上物師を乗せ帰って来た。 【クロハエ】底物師、船着き場は40cm石垣鯛2尾と小型。船着き裏でも40cm石垣鯛1尾。【ミノコシ】底物師、40cm石垣鯛1尾。荒い中でも餌盗りは有るが、進んで餌替えをし消費してしまった。【マルバエ】上物師、シマアジ2尾、37cm迄のグレ、サンノジ、アイゴの釣果。【トクスケ】シマアジ1尾、ワカナ、38cm迄のグレ5尾、アイゴの釣果(写真)。【ミノコシ】グレは30cm+型、サンノジ、アイゴ、シマアジ。 全体にグレの釣果が目立った。今日は40cm型が見えなかったが、思わぬグレ釣果に手を打つ釣り師も。今日はシマアジは釣れて無かったね〜。
<大潮>干潮(0:50/13:06)、満潮(7:24/18:50)

磯竿 ハリス


2014年10月24日(金)晴れ
志和・磯・釣果 志和・磯・釣果 志和の磯・トクスケ

水温25.1℃、沖に出て行くような上り潮。今朝はウネリ波と大潮が重なり際どい状況。各磯に厳重注意での磯上がり。出航1時間半後、磯の状況確認を兼ね見廻り。磯上がりして直後は、呆然と術無く立ち尽くす【コグロ】だったが、今は竿を出していた。弁当船時の同ハエはコッパグレだけの釣果だった。次に心配の【トクスケ】(写真下)”シマアジは来ない ワカナばっかりやァ〜”と少漁の様子。【マルバエ】通常の釣り位置より竿一本高い岩場で竿出し。最後迄出来るかなぁ〜? 見廻り船で帰った底物師達。【ミノコシ】石垣鯛40cmオーバー1尾と小型2尾。(写真上)【クロハエ】船着き裏で40cm石垣鯛1尾。船着き場はボウズ。 上物の方は弁当船を境に上向きの釣果。一時期は入れ食い状態に。朝のワカナに60%の上乗せシマアジ釣果。40cm程度のグレやアイゴの連発で4〜5目釣り(写真中)。【マルバエ】弁当船後から調子づきシマアジ40尾の釣果。
<大潮>干潮(12:00/--:--)、満潮(6:10/17:51)

売れ筋のフカセウキ


2014年10月23日(木)晴れ
志和・磯・釣果 志和・磯・釣果

水温24.6℃、澄んだ潮色の下り潮。港を出て船体をクロハエに向けた辺りから、北東からの風波が強くなり、堪らず手近を掴むほど船が揺れた。【クロハエ】底師、当たりが無い反面、たまに来るウネリ波に”引かれ”掛けたとの事。青やら赤いのが来たが、お目当て黒銀系の魚は来ず。間をみて出した上物竿でシマアジ、ワカナなど五目釣果。【トクスケ】上物釣り、一人では力不足か?澄んだ潮に魚浮いて来ず。ワカナ数尾とアイゴの釣果。期待したシマアジは来ず。同ハエの底物師は、小型石垣鯛2尾。【ミノコシ】一時間余り餌取りが止まったが手持ちウニ70個を全て消費。40cmの石垣鯛2尾(写真上)。【カブリ】底物師、このハエ独特の遅目の餌取り。40cmオーバーの肥えた石垣鯛4尾と小型石鯛(写真下)。
<大潮>干潮(11:28/23:46)、満潮(5:35/17:24)

人気のスピニングリール


2014年10月21日(火)曇り
志和・磯・釣果 志和の磯・トクスケ
今日の【トクスケ】

昨日ほどではないがウネリ波あり。高い潮位の為ウネリは容赦なしに洗って来る。昼の気温は28℃、南風が当たる磯では汗ばんでいた。【トクスケ】40cmオーバーのグレ数尾、シマアジは少なかったが、ワカナとその他の四目釣り。 明日は雨だそうで、前線の南下で荒れも有るでしょう。多分、出航は無理な予想です。
<中潮>干潮(10:22/22:48)、満潮(4:23/16:31)

釣り具・グレ釣り

釣研のウキ


2014年10月19日(日)晴れ
志和の磯・トクスケ
志和の磯【トクスケ】

水温24度台、朝方は明確な潮の流れは確認出来ない、ただし潮色は良い。弁当船前には濁りを伴う下り潮に。弁当船迄は全体的に今一つの釣果であったが、午後からはハエによっては入れ食い状態に。どのハエもシマアジ釣果が目立つ。 【マルバエ】40cmオーバーの真鯛、ワカナ、シマアジなどの釣果。【ブンキチ】アイゴ、バンド、シマアジなど五目釣果。【トクスケ】大き目のモンズマ、35cmグレ、シマアジなどクーラー満杯の様子。【コグロ】少な目の釣果だったが、イメージ通りの釣り達成。 ※昨夜の夜釣りの釣果:45cmを筆頭にアカイセギ3尾、40cmオーバーのイサキ数尾、シマアジの良釣果。【クロハエ】底物、餌落ちが悪し。【カブリ】底物、小型石垣鯛とテス2尾。【ミノコシ】底物、小型石垣鯛。【トクスケ】底物、小型石垣鯛を釣った後餌が残り出す状態。 <若潮> 干潮(8:58/21:47)、満潮(2:47/15:32)

釣り具・グレ釣り


2014年10月18日(土)快晴
志和・磯・釣果 志和・磯・釣果

水温24.3℃、今朝も良く吹いている西風。トクスケに着いた時間に「濁りが薄い?」。 濁り過ぎも困るが多少濁りのある方が釣り易い。今日は全員が上物釣り。【マゴ】連続バラシの後、調子づいてシマアジ20尾の釣果。スズメバチの来襲の為、餌バッカンのファスナーを閉め磯替わりに構えた模様。【トクスケ】朝は全員がバラシ・バラシの連続で一人1〜2尾のシマアジ釣果。終わってみれば、その後シマアジ釣果は上がらず歓声も聞こえなかった。それでも35cmのグレ、45cm程度の真鯛、アイゴ、マルハゲなど六目釣果の方も。(参考までにシマアジ狙いならば10号以上の釣り針でもOK) 弁当船からの”居残り”組は【クロハエ】に渡礁。全て竿一本棚での釣果は、グレ・イサキ・シマアジ等と魚種別クーラーに(^^) <長潮> 干潮(7:57/21:10)、満潮(1:27/14:54)

上物・底物釣り具のネット販売


2014年10月17日(金)晴れ
志和・磯・釣果 志和・磯・釣果

今朝の磯は静かだが濁りは変わらず、下り潮も変わらず。強目の西風が体感温度を低くさせる。今朝は水面上に”餌追い”が見える。大した数ではなく魚体も大きく無いが、魚の動きが見えるのは好い事だ。満潮に向かって行く弁当船時、すこし磯が動き出したのを確認。何か波が来そうな感じ。【マゴ】上物師はシマアジ、ワカナ、アイゴの釣果(写真)。ポイントは?の質問に「船着きでも何処でも釣れるでぇ〜」。 【トクスケ】三人の上物師、全員シマアジ、ワカナ、・・四目五目の釣果。その中に45cmオーバーのネイリも。 【クロハエ】底物師、石垣鯛45cm1尾、銅魚2尾の釣果(写真)。手持ちの70個のウニ餌は、見廻り船時前に使い切る早さ。【ミノコシ】小型の石垣鯛1尾。餌落ちは昨日よりも遅い遅い。弁当船で【コグロ】に磯替わりするが、全くと言っていい程の餌落ちの悪さ。「参った」と、小さく斜めに頭を振った。

人気の釣り具をチェック!!


2014年10月1日(水)曇り
志和のトクスケ

予想よりも早まった17号台風の余波。それは前日夜、東からの風オオラ波から始まった。連日の荒れ続き、29日の朝からウネリ波は段々大きくなる。そして8時前辺りから港内を急に底混ぜし始める。写真は30日の【トクスケ】周辺の様子。ヤマ潮が濁りせき止める感じに二色分け。月が替わって1日朝の海、磯は弱いが白波を立てている。此処からでは、濁り具合は確認出来ない。

今、売れ筋の釣り具は?