満天土佐イメージ
オニヤンマ(鬼蜻蜒)

オニヤンマ(鬼蜻蜒)

写真・動画でみるオニヤンマの産卵・羽化・初飛翔



高知県中西部地域の複数の生息地で撮影したオニヤンマ鬼蜻蜒)の拡大写真拡大画像)のページです。


日本最大のトンボであるオニヤンマ鬼蜻蜒)は、不均翅亜目のオニヤンマ科に属する蜻蛉です。成熟したオニヤンマの体長は、メスが約110mm、オスが85〜95mm程度になるそうで、特に♀は実物をみると重厚長大なイメージです。 オニヤンマは、他のトンボに比べ大型で顔もユニークなためか何となくロマンが感じられ、いつの時代も子供達に最も人気の高いトンボのようです。

※このページの写真ファイル(画像ファイル)の無断使用を禁止します。(Yukisoft Corporation)


オニヤンマの産卵シーン(No.7) AM11:22

日本のトンボ (ネイチャーガイド)=日本に分布するトンボ全203種を1冊で完全網羅=【アマゾンで購入】