満天土佐イメージ
ミヤマアカネ(深山茜)

ミヤマアカネ(深山茜)

最も美しい赤トンボ・ミヤマアカネの写真集



高知県中西部地域の複数の生息地で撮影したミヤマアカネ深山茜)の拡大写真拡大画像)のページです。


日本で最も美しい赤トンボと言われるミヤマアカネ深山茜)について、羽化して成熟するまでの過程における体の色の変化を中心に、写真で一覧できる形で紹介しています。ミヤマアカネは体長が35〜39mm程度の小さな蜻蛉で、不均翅亜目のトンボ科に属する赤トンボの仲間です。

※このページの写真ファイル(画像ファイル)の無断使用を禁止します。(Yukisoft Corporation)

日本のトンボ (ネイチャーガイド)=日本に分布するトンボ全203種を1冊で完全網羅=【アマゾンで購入】

ミヤマアカネ(♀)。この頃からメスの体の色は、黄土色から茶色へと変化。(撮影:10/04)