満天土佐イメージ
ミヤマアカネ(深山茜)

ミヤマアカネ(深山茜)

最も美しい赤トンボ・ミヤマアカネの写真集


イラスト素材・ベクター素材のピクスタ


日本で最も美しい赤トンボと言われるミヤマアカネ深山茜)について、羽化して成熟するまでの過程における体の色の変化を中心に、写真で一覧できる形で紹介しています。ミヤマアカネは体長が35〜39mm程度の小さな蜻蛉で、不均翅亜目のトンボ科に属する赤トンボの仲間です。ヨーロッパからユーラシア大陸にかけて分布しており、日本はミヤマアカネの東限かつ南限に位置するそうです。また、翅に茶色〜褐色の帯を持つ赤トンボは、世界中でミヤマアカネのみだそうです。日本国内では、北海道・本州・四国・九州に生息していますが、田んぼの減少に伴い生息数も激減しており、都道府県によっては絶滅が危惧されています。

※このページの写真ファイル(画像ファイル)の無断使用を禁止します。(Yukisoft Corporation)

ミヤマアカネは下図のように翅に褐色の帯を持ち、飛ぶ時(特にホバリング時)に帯(バンド)が輪を描き美しい姿が見られます。

この飛翔時の様子から、ここ高知県では「クルマトンボ」や「ヤグルマトンボ」の別名を持ちます。また、他のトンボに較べると、飛び離れる距離が短く人懐こいトンボです。ただ危険を感じると、目にも留まらぬ速さで空高く飛ぶこともあります。赤トンボの仲間であるミヤマアカネのオス(♂)は、成熟すると体全体が真っ赤になります。そして一番美しい赤トンボと言われる秘密は、ミヤマアカネの特徴でもある翅の帯ピンクの縁紋(えんもん)にあります。この縁紋も成長につれ白色からピンクに変化します。


ミヤマアカネのオス(♂)の変化

ミヤマアカネ(深山茜)のオスの体(特に頭、胴体、翅の縁紋)の色は羽化後、秋に向かって変化していきます。頭の色はほぼ黄土色〜茶色〜赤色のような変化をします。また胴体についても当初の黄色ないし黄土色から段々と赤く色づき、秋頃には真っ赤な色になります。そしてミヤマアカネの美しさの象徴である翅の縁紋の色も、羽化直後は白色ですが秋深まる頃にはきれいなピンクに染まります。以下の写真のミヤマアカネ(♂)は、同一個体を追跡撮影したものではありませんが、比較的狭い生息エリア内のミヤマアカネを継続して撮影しています。よって、中には同一個体の写真も含まれている可能性は十分あります。写真からも分かりますが、胴体腹部の色が赤くなっているのに、まだ翅の縁紋は白のままの個体が見られます。これは縁紋に先行して胴体の色が赤く変化するということを意味します。
ミヤマアカネのオスが最も美しく見える時期は、9月下旬から10月末までの間と言えるのではないでしょうか。この辺りのミヤマアカネ(♂)は、体全体が赤くなり翅の縁紋も綺麗なピンクに染まります。一説には日本の赤トンボの中で最も美しいと言われていますが、秋深まる頃のミヤマアカネ(♂)の姿を一見すれば納得していただけるのではないでしょうか。
各写真または
拡大
アイコンをクリックすると、拡大写真(画像)を表示します。


ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(7月2日)未熟なミヤマアカネ(オス)の胸部側面写真。
ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(7月31日)この個体はもう体の色も赤みがかっており、また縁紋もピンクに。

ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(8月4日)未熟なオスは黄土色の体で縁紋もまだ白い。写真のトンボは頭部・複眼部分の色も薄茶色。
ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(8月7日)このトンボは頭部・複眼部分の色は濃い茶色。 胴体は黄土色ので縁紋も白い。

ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(8月11日)このオスは胴体がかなり赤みがかっており、しかも縁紋もピンクに。
ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(8月28日)ミヤマアカネの逆立ちポーズ。暑さ対策という説が。胴体は赤みがかっているが縁紋は白。

ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(8月31日)このオスは胴体がかなり赤みがかっているが、縁紋は白い状態。
ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(9月9日)このトンボは胴体も赤くなり、縁紋も綺麗なピンクに。

ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(9月12日)このトンボも胴体は赤くなり、縁紋も綺麗なピンクに。
ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(9月12日)このトンボも胴体は赤くなり、縁紋も綺麗なピンクに。

ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(9月16日)このトンボの胴体はまだ真っ赤ではないが、縁紋は綺麗なピンクに。
ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(9月18日)このトンボの胴体は落ち着いた赤色になり、縁紋は綺麗なピンクに。

日本のトンボ (ネイチャーガイド)=日本に分布するトンボ全203種を1冊で完全網羅=【アマゾンで購入】

ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(9月18日)この頃のミヤマアカネは顔も赤ら顔に。
ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(9月24日)ミヤマアカネの逆立ちポーズ。9月下旬とは言え日中は暑いので、やはり暑さ対策か?

ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(9月26日)このトンボは全身が渋い赤色になっているし、縁紋も美しいピンク。
ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(9月26日)顔も真っ赤になっているし、縁紋も相当美しいピンクに。

ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(9月28日)全身が真っ赤なミヤマアカネ、腹部の赤色も美しい。
ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(9月28日)全身が真っ赤なミヤマアカネ、最も美しいトンボと言われる所以はこの辺りか?

ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(10月1日)赤トンボの雄、ミヤマアカネの円熟した美しさ。
ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(10月1日)全身の赤化の度合いも個体差が見られる。

ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(10月3日)全身真っ赤なミヤマアカネ、複眼も黒ずんだ赤色に。
ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(10月17日)終盤の輝きを放つミヤマアカネ(オス)。

ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(10月27日)この頃になると見られる個体数も少ない成熟したミヤマアカネ。
ミヤマアカネ(深山茜)オス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂)
(11月3日)この年この生息地で最後に見た真っ赤なミヤマアカネのオス。




ミヤマアカネのメス(♀)の変化

ミヤマアカネ(深山茜)のメスはオスに較べると、体の色の変化に乏しくやや地味な存在ではあるが、以下の写真のように胴体は羽化後の黄色じみた色から段々と渋い茶系統の色に変化しています。また翅の縁紋の色も、羽化後から秋にかけては白色ですが、最も成熟した11月頃になると写真のように薄いピンク(個体差はありそうです)になっています。
各写真または
拡大
アイコンをクリックすると、拡大写真(画像)を表示します。

ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(7月10日)未熟なミヤマアカネは胴体や縁紋の色は♀♂の差が見られない。
ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(7月15日)ミヤマアカネの逆立ちは♀♂共に良く見られる。

ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(7月24日)腹部の表側が濃い黄土色になり、黒っぽい筋も見える。
ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(7月29日)このメスは腹部の尾部寄りが曲がっている。

ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(8月4日)この頃のメスは腹部が痩せているように見える。
ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(8月21日)あまり変化のないメスの胴体色。縁紋も白いまま。

ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(9月12日)得意な逆立ちポーズ。
ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(9月18日)メスの胸部・腹部側面写真。

ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(9月19日)逆立ちしたメスの背面からの写真。
ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(10月04日)この頃からメスの体の色は、黄土色から茶色へと変化。

ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(10月7日)メスの体の色は茶系統ではあるが、なかなか渋みのある色。
ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(10月10日)この頃のメスの腹部は、未熟時に比べ丸みを帯びている。

ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(11月1日)11月に入って見たメス、翅の縁紋が薄いピンクになっている。
ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(11月17日)この個体は前翅の縁紋が赤く、後翅の縁紋が白い。

ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(11月29日)この写真と右隣の写真は同じ個体で、この年に見た最後のミヤマアカネ。
ミヤマアカネ(深山茜)メス
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♀)
(11月29日)オスの縁紋は早い時期に白からピンクに変化するが、メスもかなり成熟するとピンクに。



ミヤマアカネの交尾と産卵

ミヤマアカネ(深山茜)のオスとメスが交尾して産卵する様子は、この生息地では10月上旬から11月上旬に掛けて見られた。以下の写真のようにオスとメスが連結飛翔しながら、田んぼの用水路の中に産卵しています。この写真を撮影した日は天気も良く、何組ものミヤマアカネのカップルが連結飛翔しながら産卵活動をしていました。
各写真または
拡大
アイコンをクリックすると、拡大写真(画像)を表示します。

ミヤマアカネ(深山茜)の雌雄
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂♀)
(10月10日)ミヤマアカネの連結産卵は10月初旬から11月初旬に見られた。
ミヤマアカネ(深山茜)の雌雄
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂♀)
(10月10日)この日はこの場所で何組かのカップルが連結産卵していた。

ミヤマアカネ(深山茜)の雌雄
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂♀)
(10月10日)この産卵場所は休耕田の用水路で、イモリや蛙も多い場所。
ミヤマアカネ(深山茜)の雌雄
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂♀)
(10月17日)普段は大人しいミヤマアカネであるが、産卵時は結構活発な動き。

ミヤマアカネ(深山茜)の雌雄
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂♀)
(10月17日)かなり小刻みに動き回りながら産卵していた。
ミヤマアカネ(深山茜)の雌雄
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂♀)
(10月17日)翅が綺麗なミヤマアカネ、連結産卵飛行姿も美しい。

ミヤマアカネ(深山茜)の雌雄
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂♀)
(11月5日)連結産卵姿では♂もこの時期まで見られた。
ミヤマアカネ(深山茜)の雌雄
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂♀)
(11月5日)やはりこの時期のメスは縁紋が薄いピンクに。

ミヤマアカネ(深山茜)の雌雄
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂♀)
(10月17日)この連結産卵行動中のメスは翅がボロボロになっている。
ミヤマアカネ(深山茜)の雌雄
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂♀)
(10月14日)交尾中の1組の雌雄の直ぐ前に単独オス。

ミヤマアカネ(深山茜)の雌雄
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂♀)
(10月14日)メスは田んぼの用水路に尾部を挿入し産卵。
ミヤマアカネ(深山茜)の雌雄
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネ(♂♀)
(10月14日)連結飛翔中の2組のミヤマアカネが急接近。

ミヤマアカネの飛翔写真

ミヤマアカネ(深山茜)の飛んでいる姿、飛翔写真を少し集めてみました。ミヤマアカネは、こちらでは別名クルマトンボと呼ばれるように、ホバリング時の翅の動きが特に美しいので撮影にチャレンジしているのですが、未だ成功していません。以下の各写真は飛翔中の1シーンです。
各写真または
拡大
アイコンをクリックすると、拡大写真(画像)を表示します。

ミヤマアカネの飛んでいる姿
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネの飛翔
低空飛行するミヤマアカネを前方頭上から撮影。
ミヤマアカネの飛んでいる姿
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネの飛翔
低空飛行するミヤマアカネを前方頭上から撮影。

ミヤマアカネの飛んでいる姿
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネの飛翔
低空飛行するミヤマアカネを前方頭上から撮影。
ミヤマアカネの飛んでいる姿
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネの飛翔
低空飛行中のミヤマアカネを横から撮影。

ミヤマアカネの飛んでいる姿
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネの飛翔
近距離からマクロレンズで撮影した飛翔写真。
ミヤマアカネの飛んでいる姿
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネの飛翔
近距離からマクロレンズで撮影した飛翔写真。

ミヤマアカネの飛んでいる姿
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネの飛翔
飛んでいるミヤマアカネを後方から撮影。
ミヤマアカネの飛んでいる姿
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネの飛翔
飛んでいるミヤマアカネを後方から撮影。

ミヤマアカネの面白い仕草

ミヤマアカネ(深山茜)の顔を中心にした面白い仕草の写真を掲載しています。現在のところ、各動作の意味するところは不明ですが、思わず笑いたくなるような仕草です。
各写真または
拡大
アイコンをクリックすると、拡大写真(画像)を表示します。

面白いミヤマアカネ
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
愛嬌のあるミヤマアカネ
笑っているように見えるミヤマアカネ。
面白いミヤマアカネ
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
愛嬌のあるミヤマアカネ
前肢を顎の下におくミヤマアカネ。

面白いミヤマアカネ
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
愛嬌のあるミヤマアカネ
前肢を複眼の上におくミヤマアカネ。
面白いミヤマアカネ
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
愛嬌のあるミヤマアカネ
前肢の右側を顎の下に、左側を複眼の上に。

面白いミヤマアカネ
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
愛嬌のあるミヤマアカネ
前肢をの両方を顎の下に。
面白いミヤマアカネ
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
愛嬌のあるミヤマアカネ
首を回しているような仕草のミヤマアカネ。

面白いミヤマアカネ
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
愛嬌のあるミヤマアカネ
首を回した瞬間のミヤマアカネ。
面白いミヤマアカネ
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
愛嬌のあるミヤマアカネ
首をかしげているように見えるミヤマアカネ。

ミヤマアカネの生息環境

ミヤマアカネ(深山茜)の生息する場所としては、田んぼの近くや川の上流・中流などがあります。1〜2頭のみの見られる場所や十数頭見られる場所もあり、産卵および生育に適した環境があるかどうかで決まるのかも知れません。以下の写真は、比較的多くのミヤマアカネが見られた山間部の生息地です。近くに田んぼの用水路があり、ほぼ年間を通じて泥の状態が保持されています。そこにはイモリや蛙、アメンボなどの生き物が多く生息しています。トンボでは、ミヤマアカネ以外にもシオカラトンボ、オオシオカラトンボ、マユタテアカネなども見られます。
各写真または
拡大
アイコンをクリックすると、拡大写真(画像)を表示します。

ミヤマアカネの生息環境
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネの生息環境
ミヤマアカネの生息環境の一例。休耕田、孟宗竹林、棚畑などで構成。
ミヤマアカネの生息環境
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネの生息環境
ミヤマアカネの生息環境の一例。畑、雑草の茂る林道、孟宗竹林など。

ミヤマアカネの生息環境
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネの生息環境
10月頃になると、この用水路で複数組のミヤマアカネの連結産卵が見られる。
ミヤマアカネの生息環境
(クリックで拡大写真・詳細画像)
拡大写真
ミヤマアカネの生息環境
10月頃になると、この用水路で複数組のミヤマアカネの連結産卵が見られる。