満天土佐イメージ
ツマグロキチョウ(褄黒黄蝶)

ツマグロキチョウ

絶滅危惧種ツマグロキチョウの世界



高知県中西部で身近に見られるツマグロキチョウ(褄黒黄蝶)の拡大写真拡大画像)のページです。


ツマグロキチョウ(褄黒黄蝶)は、シロチョウ科に属する小型の蝶です。国内では本州(宮城県以南)、四国、九州に分布していますが、本種の幼虫の食草であるカワラケツメイ(河原決明)の減少に伴い、都府県によっては絶滅種あるいは絶滅危惧種に指定されているようです。近似種のキタキチョウ(北黄蝶)に似ていますが、ツマグロキチョウの方が小型で、また前翅頂が角張っている点や後翅裏面に茶褐色の線条が入るなどの点で区別できます。

※このページの写真ファイル(画像ファイル)の無断使用を禁止します。(Yukisoft Corporation)


交尾する夏型ツマグロキチョウの雌雄。

【PR】フィールドガイド 日本のチョウ (日本産全種がフィールド写真で検索可能)